New album “PLACES”

Recently Iʼve become very spiritual, but “logically”spiritual; everything has a cause and effect, and the best healer is yourself. What you eat makes your body, exercise habits affect your muscles, sleeping habits affect your energy levels, and every word you say or write affects your mind and the behavioral patterns, affecting the world around you and the people surrounding you. It’s basically a ripple-effect, and similarly, lifestyle has a lot to do with music style. Itʼs a very obvious that we easily forget, and I feel like for the first time since Iʼve started songwriting, Iʼve become aware of this.

For the past three years, Iʼve tried electronic-leaning songs, because I thought that was the “current”style. Iʼve worked with brilliant producers and released 2 Eps and 2 singles, which has been amazing. But I realized my lifestyle is not electronic at all; I live in a beautiful countryside listening to birdsongs every morning, smelling the fresh air – the air, I forgot to mention, is another important element like food and sleep. Growing up in Tokyo and living in London during University, this is the first time I really appreciate the clear air and the subtle changes after it rains or when it’s the beginning of spring. I donʼt spend my weekends at clubs or take chemical drugs. I mean, your brain has to be in tune with a certain style of music whether its chemically induced or not. What I meant to say is, that this album IS my lifestyle. Organic and in tune with nature, with a hint of irony for the British rituals seen from a visitorʼs perspective. Emancipation and seclusion, connection and isolation, conformity and idiosyncrasy…a mirrored image of the everyday-British-life. Thereʼs even a song about my husbandʼs daily commute on the M25 (which, of course sounds very frustrated). This is the most true-to-life album Iʼve ever made, without being conscious about the business side of it all…purely for the music. No artificial flavoring or MSG.

I will explain each song;

Ripples – Wider than the ripples of love. This song represents the idea of everything having a cause, and the effect spreading even wider than you think. The core of the ripple-effect should be love, above anything.

Iceland – The funny thing is that I wrote this when I was living in Singapore, thinking of a less-humid location. Such a simple song, but I re-arranged this a dozen times, because it’s easy to over-work a simple song. I got it just right this time, with some multi-lingual section; when I was studying translation at UCL, I asked other students to say “My voice” in their own languages and recorded their voices. There are 10 different languages in this song, and I tried speaking the Icelandic with the help of Google translate.

On Track – “We donʼt know where to place you” was what I had been told over and over ever since I came to the UK, and this song is the counter-attack,“so Iʼll lay down my own track”. Also a song about my commute from Surrey into London, a double-meaning metaphor to the “track” as in “song”.

Soldiers – Talk about counter attacks, this is a fight song, but the type to gently prevail without making a bloody mess. Quiet and a poised soldier, with a strength of an army.

Seasons – I recorded the intro birdsong at 4am, when their chorus is at its peak. Thereʼs also rain, branches as snare and the leaves as hi-hat sounds, collecting audio from the surrounding nature. Thereʼs also sadness and joy, the beautiful cycle of earthʼs creations.

Mirror – the contrasting elements seen from the eyes of a foreigner is reflected in this song. What I see is, once again, the scenes of the nature; “dandelion seed that floats against the green”. I love the dynamic uplift of the chorus, definitely the highlight of this album.

London-based Japanese artist Akio has made such a strong music video for this song that could potentially speak to every one who has called out to loved ones who are no longer with them. Hence the message is that if you reach out, you can see and hear the reflection of the spiritual energy (of loved ones) in everything, and in every moment.
What I like about the video is that despite the sad topic, it leaves you with a positive feeling, as the scenes change from the cloudy indoor to the colorful balloons outside, with subtle changes in the girl’s expression.

Again – The song about commuting on M25. I wonder how many other songs are about this specific topic? All the sarcasm and irony of the British life is summarized in this track.

The City – A comparison between the urban and the suburban life. Growing up in Tokyo, living in the countryside has been an eye-opening experience. The vibrations of the city, and the tranquility of nature; this whole album attempts to pursue the balance between the two lifestyles.

Pulse – I started making this song from the sound of the dishwasher. When all the pots and pans are in the right place, the water inside creates a certain rhythm, and the humming resonates the rhythm. A new genre, dishwasher trance.

Places – One of the dreams I had was to record at Realworld Studios. It came true thanks to this song, it literally took me to places, all around Asia and Europe, and to Realworld, where I got to play on Peter Gabrielʼs tour piano for this recording. Before going to Realworld, I tried re-recording a dozen  times, but never got it right. Iʼve never taken this long to get to a take that Iʼm happy with, but it was certainly worth the journey.

 

New album “Places” is available here 

Mirror

Mirror

Written by Rie fu

I see the mirror reflecting me

On the vast open sky over continent, sea

May these bones and blood make me stronger

I see the mirror reflecting me

On the dandelion seeds that floats against the green

They come and go so grow and prosper

You are a proud one, rooting for the underdogs

Never lost a war against the richest and the poor

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see the mirror reflecting me

On the vast open sky over continent, sea

Continent and sea

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

鏡に反射する私

大陸と海にかかる壮大な空に

この強い血と肉となれ

鏡に反射する私

緑の野原に泳ぐタンポポの種

何度も育ち繁栄をくり返す

あなたは誇り高い 弱者を応援する

富豪と貧民との争いには負けたことがない

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

鏡に反射する私

大陸と海にかかる壮大な空に

大陸と海

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

Ripples

Ripples

Written by Rie fu

You know, what they say is not true

That after love, it’s all through

Love is not the ending to a story told

It’s only the beginning, we’ve got a long way to go

Everyday I’ll write about it while they’re sleeping

Hoping I could pick out the missing pieces

It’ll be so easy to see the big picture

But instead it leads to a million questions

Everything you see is only on the surface

Sending out the signals in all directions

It’ll be so easy to dive in deeper

There’s more to love than your own reflection

Wider than the ripples

Wider than the ripples

Wider than the ripples of love

Tide is high but I can swim forever

Let your body go and push on forward

It’ll be so easy to spread out wide

But instead they only stack it up high

Wider than the ripples

Wider than the ripples

Wider than the ripples of love

 

リップルズ (波紋)

作詞作曲・Rie fu

愛が生まれたとき

物語のエンディングじゃない

それは長い長い旅の始まり

毎晩みんなが寝ている間に

言葉を紡ぐ

広い視野を持てたらいいのに

疑問が増えるばかり

見えるのは表面だけ

いくつもの信号が交差する

深く潜れればいいのに

反射する自分の顔に惑わされないように

波紋より広く

波紋より広く

愛の波紋より広く

満ち潮の中 永遠に泳げる

身を任せて前に進んで

広がる事は簡単なのに

世間は高く積み上げようとする

波紋より広く

波紋より広く

愛の波紋より広く

ロンドン大学院生活まとめ

今月頭、卒論を提出し、1年間のロンドン大学院生活を終える事ができた。

10年ぶりに学生に戻り、18,19の時にもっとこうしていれば良かった!と思う教訓を十分に生かして思いっきり楽しんで勉強できた。『課題やらなきゃいけなくてめんどくさい』じゃなくて、『課題があるって何てありがたいんだろう』という精神で、全力で勉強した。では実際、大学院生活はどんな日常だったのか。

どんな授業?

単位は、日本の大学と同じ、必須科目と選択授業で構成される。一学期は、言語別のクラスに分かれる前に、どの言語にも共通する翻訳学の基礎や歴史を学ぶ。評価はほとんどが小論文で、実技試験は翻訳ソフトの試験(教科書やノート持ち込みokなので暗記はなし)、通訳したスピーチを録音し、その自己評価や分析を提出する課題もあった。二学期になると言語別に分かれ、科学技術や医学関係の翻訳の授業を取っていたので、論文の一部や説明書などを訳す課題が出された。これも、試験は決められた時間内での翻訳作業でスピードと正確さが採点され、期限が長めの課題では、どのようにリサーチをしたのか、その訳の結論に至ったのかを別途説明する。大学に通う頻度は週2〜3日という感じ。クラスの規模もバラバラなので、参加型の少人数のものもあれば、大勢の講義形式のものもあった。全体として、単位の半分は卒論。なので、半年間授業があり、もう半年は卒論に当てるというスケジュール構成だった。

学生達の様子は?

半数以上が中国語で、他はアラビア語、ロシア、フランス、ポーランド、ルーマニア、ギリシャ語など。9割が女子。日本人のフルタイムの学生は意外な事に私1人だけだった。全体的に思ったのは、翻訳という、言語間のコミュニケーションの手助けという科目だからか、思いやりがあって優しい雰囲気の人が多かった。特に中国人の女の子達はみんな可愛くて優しく、気を遣うポイントやマナーなど、日本人と似てるなと親近感が湧いた。授業中発言が多いのは、やはりイギリス人系。と言っても母国がイギリスの学生は1〜2割ほど。大半の中国人学生は日本人と似ていて、授業中は少しシャイな様子だった。正直、たった1年間のコースだったが、美大時代の同級生よりも、今後も仲良くしたいなと思える人たちに沢山出会えた、恵まれた出会いの機会になった。

印象的だった授業

一学期で印象的だったのは、通訳の歴史の授業で、先生が手話で授業を進めていた事。その場で手話の通訳の方を介して質問のやり取りなどをして、内容だけでなく現場でどのように通訳という過程がコミュニケーションに影響するのかを体験できた。ちなみに自由課題の小論文で長崎の鎖国時代の通詞(当時の通訳)を題材に書いたのだが、これがとても興味深かった。

また、緊急時通訳/翻訳の授業という選択授業も、貴重な発見のある授業だった。多言語コミュニティでの自然災害や大規模な事件発生時、どのように情報伝達するべきか。ここでも、日本の災害対策の優秀さは世界的に見てもクオリティが高いことを知った。しかし日本はトップダウン社会で、対策や法案ができても現場で生かされきれないという問題点もある。情報拡散や翻訳家同士の連携のためのソーシャルメディアの利用法なども、考えさせられるクラスだった。

印象的だった出来事

全然勉強とは関係ないが、中国人の学生さんたち(10個下)がみんな私の音楽を知ってくれていた事には驚いた。普通に一緒に授業を受けていた子が、『Rie fuの歌ipodに入れてた』と言ってくれたり。日本でも全然知名度低いのに、本当に嬉しびっくり。

実際の学校の様子は、こちらの映像で少しご紹介している。

 

Greenman 2018

週末、イギリスはウェールズ地方で開催されたGreenman festivalに行ってきた。

これが私にとって世界で2番目に最高の音楽フェスになった。(一番はもちろんフジロック)

開催15年目で、“ベスト中規模フェス”に選ばれたこともあるというグリーンマンフェスティバル。ウェールズののどかな丘の麓で開催され、毎年家族連れのリピーターも多く、この通り出演アーティストセレクトのセンスも秀逸。

イケイケでフェス浮かれしているかんじが全くないイメージで、行ってみたらまさにその通りで最高だった。

規模はこじんまりしていて、それぞれステージ間の距離はほんの2、3分。メインのステージは5〜6で、コメディや映画を上映するテントなど、音楽以外にも家族で楽しめるコンテンツが満載。サバイバルな意気込みで挑むフジロックと比べたら、ちょっとした野外のお祭りといったかんじ。イギリスだし、トイレと食事が不安だったが、全然衛生的で、食事も驚くことに値段は高いものの普通に美味しいバーガーや巻き寿司(!)など、種類も豊富だった。そして旦那が喜んでいたのが地元のクラフトビールのバー。使い回し式のカップのお陰でプラスチックカップのポイ捨てもなく、ライブ中にはボランティアの若者たちが掃除して周るのでゴミひとつ落ちていない。ここは本当にイギリス?と目を疑うような光景だった。

客層は半数が家族連れで、子供達が妖精のように駆け回り、その親達はまるでイギリス中のオシャレな中年を集めてきたかのような大人たち。それぞれ読書したりスケッチしたりのんびりと過ごし、ステキなコミューンに来たような感覚だった。

ライブの目当てはThe Lemon Twigs。予想以上にエキセントリックで才能溢れるライブ、間違いなくここ最近で観たライブの中でベストアクトだった。気になっていた若手女子バンドGoat Girlは、フェスには少しまだ早いかな?という僭越ながら上から目線コメント、、小さなパブの箱でならもっと良いライブだったかもしれない。曲と曲との間が、まだ学校の発表会感が抜けない慣れない雰囲気。それもそれで素朴で良いのかもしれないが、もう少し観客への思いやりというか、見せ方を工夫した方が。。とつい思ってしまった。その分、前からライブが観たかったBoningenは、セトリ、曲間、ライブの流れなど、ダイナミックさがすごく考えられていて、まさにフェスのためにあるようなバンドだなと感服。Anna Calviは女性妖艶ロッカーの貫禄が溢れ、MCのシャイな一言のとギャップが可愛らしかった。そして今回新発見したアーティストは、Jack Tyson Charles とAmy Trueというソウル系シンガーたち。どちらのアーティストもこのChai Wallahsというステージで演奏していたのだが、ここが一番お気に入りテントステージになった。のんびりとソウル系のライブを観れる上に、いつでも美味しいチャイティーが飲める。

個人的に感じたこのフェスの感想は、「音楽中心」というよりも「ライフスタイル中心」なフェスだということ。コアな音楽ファンがストイックにステージ元でかじりつくように観ているというよりは、みんな家族や友達と過ごす時間を大事にして来ていて、その後ろで音楽が流れている。決して音楽が無視されているわけではなく、自然なかたちで音楽と融合できる、贅沢な時間。そんな肩の力が抜けたフェスだからこそ、音楽好きの人たちの暮らしの延長線上にある、愛される場所になっているのかもしれない。

 

 

Sounds of Belgium

ベルギーへの週末旅行は、ブリュッセル、ゲント、ブルージュと3日で3つの街を巡った。夕方到着、いかにもベルギーなムール貝とベルギービールで乾杯。

翌日は市内のマグリット美術館を周り、その後中央駅から電車で40分、川沿いの美しい古都ゲントへ。 年に一度の大きな音楽フェス、ゲントフェスティバルが開催中で、今回は旦那さんの同僚のご友人のボートで川クルーズという贅沢なコース。初めて会う私たち夫婦に、現地のツアーガイド並みの丁寧なご案内とホスピタリティを提供していただき、心から感激。イギリス人の常識には驚かされる事が多々あるが、ヨーロッパの人たちはマナーと文化の意識が高く、日本人のおもてなし精神とも共通する気がする(またもやイギリスへの不満じみた事を…ダメダメ。笑)

リアルディズニーシー?というぐらいメルヘンすぎて現実感を忘れる中、街の明かりがつきはじめ、辺りはますます幻想的に。大きなステージもストリートも関係なく、地元の人達が赤ちゃんからご老人まで、夜中までフェスを満喫する。教会もフェス期間中はバーになる。我々は1時ぐらいになるとへとへとになっていたのだが、連れて行って下さった方々含め、全くお疲れの様子なし。体力の違いなのだろうか。。とにかく大盛り上がり。観光客が全然いなかったので(アジア人全然見かけず)、地元で愛される大きなお祭りなのが良く伝わった。音楽のジャンルはというと、ラテンから実験的なもの、オールディーズカバー等幅広く、突如フランダース地方の民謡と思われる歌を合唱しだしたり、ジャンルの垣根を超えてその場の空気を楽しんでいた。

3時就寝、眠い目をこすりながら翌日は隣町のブルージュを観光。ビエンナーレ開催中で、戦後も忠実に再現して復興されたという昔ながらの可愛らしい家々と、アート作品との対比が印象的だった。

ベルギーは誰もが4カ国語以上話せるというコスモポリタンな場所ながら、自国の伝統と歴史が大切にされていて、案内してくれた同僚の方と話していても、その自尊心と愛国心が伝わってくる。むしろ多言語というものを武器として、知識と教養によってヨーロッパの歴史を力強く生き延びてきたのかもしれない。ますますベルギーへの尊敬の気持ちが強くなった。

Colors of France

毒々しい記事が続いたところで、最近の素敵な旅行記を。

二週連続で、フランスとベルギーに行ってきた。イギリスの素晴らしいところは、東京から名古屋大阪間ぐらいの感覚でショートトリップができるところ。事前に予約したりLCCを利用すれば、新幹線代より安く行ける場所もある。

One of the lovely things about UK is the proximity to all the wonderful cities of Europe. Recent weekends have been filled with gorgeous trips to France and Belgium;

フランス

ロンドン中心のSt.Pancrasから電車で二時間ちょっと、パリへ到着。フランスの最大の魅力は、イギリスの食生活を離れ、束の間胃袋が贅沢できるところ。今回はフランスの革命記念日&ワールドカップ決勝というお祭り騒ぎで街がごった返していたので、都会の喧騒を避けてフランス日帰り旅行へ。

エトルタ

イギリス方向へ逆戻り、ノルマンディー地方の海沿いの町。パリからは車で二時間ほど。美しい崖(同じ崖でもイギリスのとは色が違う、、気のせい?)と、輝く海を飛び交うカモメ。砂じゃなくて砂利なのでひんやり座り易く、のどかな午後を過ごせた。ちなみにパリ発は午後4時、ヨーロッパは夏は夜10時迄昼間の明るさなので、それでも充分満喫。

The beautiful seaside town of Étretat. Gazing at the UK from the other side…

ジヴェルニー

モネが住んでいた家へ。そっくりそのまま絵の世界に入ってきたような鮮やかな庭園は圧巻。そして絵で有名な睡蓮。

 

意外だったのは、モネが大の浮世絵コレクターだったという事。一部屋だけでなく、家中ほぼ全ての部屋の壁が浮世絵で埋め尽くされていた。ジャポニズムと印象はとの関係はかなり奥が深い。

The house of Monet in Giverny.  The word picturesque is not enough  to express this grandeur of nature’s colours, not to mention the water lily garden. What was surprising was his vast collection of Japanese prints, adorning the wall sod almost every room in his house.

最終日には、行ってみたかったLumier へ。壁、床全体にプロジェクションされたクリムトの煌びやかな色合いに包まれた。

 

 

次回はベルギー旅行記です。

Next up is Belgium trip!

 

音楽業界ジャングルに潜む罠

今朝のニュースで、「モデルデビューできると言われ、撮影費として何十万も請求されたが、その後連絡が途絶えた」というクレームが取り上げられていた。

このようなブラック企業は日本にも多く存在するが、あまり大々的に社会問題になっているイメージはない。

イギリスでは、これらのブラックなトラップは、至る所に溢れている。

いつも日本とイギリスの音楽業界の比較を例えるときに、『きちんと敷かれたレール』(日本)と『野生動物が溢れるジャングル』(イギリス)と説明している。

イギリスの『ジャングル』感をさらに説明するために、今回は私が遭遇した『トラップ(罠)』をご紹介する。

『野生動物』が潜むジャングル

野生動物とは具体的に何なのか、それは、とっても単純。

『自分の利益を第一に考える』

『申し訳ない』とか『空気を読む』という発想は弱みになり、少しでもそんなそぶりを見せれば容赦なく騙される。日本の美徳が、イギリスでは恥と捉えられる部分も少なからずあると思う。4年間のロンドンでの大学生活、その後また2年イギリスで暮らしてみて、文化の違いは十分解っていたと思っていたが、何年経ってもまだまだ日本人らしさが出てしまう。むしろ時間が経つ程、日本人としての自覚が高くなるので、より日本人らしさを意識してしまうとも言える。

『トラップ(罠)』シリーズ

サバイバルゲームを想像してみてほしい。ジャングルの中、様々な落とし穴やトラップが仕掛けてある。イギリスの音楽業界というジャングルに仕掛けられる罠(詐欺とのグレーゾーン)を、ここでご紹介。

その1 ラジオ プロモーター

メールの一文から始まる。

『君の楽曲を聴いて気に入った、ラジオの宣伝をさせてくれ』

イギリスにはプラガーというラジオ宣伝専門の仕事があり、多くの実績を持つ個人プラガーや事務所もある。

自称プラガーというこの方からのメールに、詳細を教えてほしいと返信すると、宣伝プランのパワポが送られてきた。主要ラジオ局に宣伝してくれるという、内容だけ見れば理想的なプラン。しかし日本での自分の経験上、ラジオにアプローチしたところで(よっぽどのメジャーレーベルのプッシュがない限り)曲がオンエアされる保証はない。更には、プロモーション費用として800ポンド(十数万円)かかるという。一度スカイプで話を聞きたいとメールしたら、そこで連絡が途絶えた。なるほど、活動し始めのアーティストをターゲットにメールし、お金だけ先に振り込ませて何もしないとか、アプローチしたけどダメだったとか言い訳を言うのだろう。

その2 イベンター

タチの悪いライブイベンターの定番となっているのが、『ペイ・フォー・プレー』つまり、出演者側が売れなかったチケット分を払うという方式。

とあるイベンターからのSNS経由でのメールには、ロンドン中のライブハウスの日程が送られ、出演したいイベントが選べるという。

〇〇(そのイベンター名)scam(詐欺)で検索すると、『ロンドンライブ情報・ブラックリスト集』サイトなど次々と警告の書き込みが出てきた。

その3 プロモーション、マネジメント

これは個人的に遭遇したことはないが、よくあるパターンが『ソーシャルメディア・コンサル』。これは詐欺だとは言えないし、上手くやればフォロワーが増える可能性もある。

だが最近はどのSNSサイトも、ユーザーの場所、年齢層、趣味等、細かい分析レポートが分かる。個人でも観れるこの情報レポートを、いかにも『私たちプロが分析しました』のように提示してきて、広告費を勧め、その上コンサル料を取る…facebookなどに広告費を出し、少しフォロワーが増えたところで必ずしも直接集客などに繋がる訳ではないところが難しい部分なので、これはあくまで個人的に予算の余裕と費用対効果を信頼できるか、という問題になってくる。

もちろん信頼のおけるプロモーター、イベンター、マネジメントも多数存在する。一番大事なのは、相手の顔が見えるかどうか。

そして金銭面での約束事は必ず事前に書面で交わしておく事。

特に日本ではルーズになってしまいがちなこの項目。良い関係を築くためにも、どんな人とも「疑い」という先入観から始めるようにしている。

人種差別のお話

かなり久しぶりのブログながら、ヘビーなタイトル。

異国の地での人種差別はどうしても避けられないものだが、
どこまでを問題視するかは、実は日本人として曖昧だと思っている。

両方とも島国である日本とイギリスを、日本人である自分とイギリス人の旦那と移動していると、それぞれの国によって周りの態度がわかりやすいほど変わる。日本では、タクシーやレストランなど、旦那が頼んでも私に確認されるが、イギリスでは真逆のことが起きる。

イギリスも田舎になると日本と同じで、外国人が比較的珍しい場合もある。週末によくハイキングをするのだが、そこですれ違う人たちがイギリス人の旦那さんにのみ挨拶することが多い。これは差別なのか?あるいは普通にアジアン観光客だから英語話せないと思われているのか?
問題になるのはアジア人の差別的な言葉を言ってきたり、明らかに失礼な態度を取ったりする場合だが、そういったことは私はあまり体験したことがなかった。だがちょっと耳を疑ったこともある。イギリスではラジオに宣伝し、曲をかけてもらうように働きかける仕事をするプラガーという業種があるのだが、そのプラガーが、BBCのような大きなラジオにピッチングするにはイギリス人アーティストでないと難しいというのだ。むしろイギリスの音楽カルチャーは、異文化を取り入れてきたからこそ面白いものが生まれてきたと思っていたが、これにはがっかりした。もしかしたら、自国のアーティストのみをピックアップするというメディア(ラジオ)の企画なだけで、人種差別とは言えないのかもしれない。

イギリスも日本と同じ島国。その内輪ネタのかんじ、わからなくもないのだ。日本語で演歌を歌う外国人のように、共感できるエッセンスを入れて惹きつけることが大事だ。もしくは外国人ということを隠す?
とにかく差別の問題は、白黒はっきりしないからこそ複雑だ。そしてクロスカルチャーで成り立っていると思っていた音楽に関しても、そういった問題があるのだ。新たな音楽マーケットに挑戦するという意味では、もしかしたら一番ハードル高いところに来ちゃったのかもしれない。だからこそ挑戦し甲斐があるんだけど。

ちなみに先日サッカーW杯の日本戦をBBCで観ていて、解説者の発言にも疑問に思ったことがいくつかあった。日本のプレーに対して、

they’re playing their “little” football
→『小さな』サッカー??完全に見下してるよね?
It’s a land of giants for them
→『巨人の国に来た小人』。確かにベルギー人とは明らかに体格違うけど
They sacrificed themselves
→『身を削って』戦った
これでもいいけど、普通に頑張ったとかベスト尽くしたでもいいのでは?なんか鼻につくな〜

もともとイギリス英語の表現は、鼻につく皮肉が込められた言い回しが特徴だが、ストレートにバカにしていないながらも、曖昧な表現がきになる。差別のグレーゾーンをかすり続ける理由は、もやっとしたディスりに反抗しない、日本人の事なかれ主義精神と相まって、その曖昧さを増すばかり。そもそも日本人の中での『差別』に対するモラルや危機感も、かなり低い気がする。これもこれでまた別の、大きな社会問題だ。

Japan Tour 2018

Japan Tour 2018

2週間の日本への滞在を終え、今は空港のラウンジでこれを書いている。

思い返せば、デビュー当時もこうやってイギリスと往復して活動していた。あれから時代が変わり、世界のどこにいても、オンラインで繋がれる今、日本とイギリスの距離感がどんどん近くなっている気がする。だが近くなっても、文化のギャップは広がっていくばかり。工事現場だらけで街並は変わり続けても、社会の考え方は何十年も変わらないままの東京と、何百年も同じ街並ながらも、常に新しい発想やカルチャーに敏感なロンドン。日本は日常が円滑に進む事が重要視される。サービス、流通、交通…その便利さに慣れてしまうと、それが「普通」になってしまい、退屈ささえ覚える事もある。しかし、物事が円滑に進むことのほうが珍しいイギリスのような国で暮らしてみると、いかに日本が素晴らしいか、当たり前に思っていた環境の裏にどれだけの人の努力と働きがあるのか、痛感する。しかしこれでは、常にどこにいても隣の芝生の青さを羨むばかり。自分は大使ではあるまいし、2つの国の架け橋になる使命があるわけでもない。2つの環境をうまく利用してできることを探るのが良いのかもしれない。例えば、日本のでのプロモーションでは自然とイギリスの話に興味を持っていただけるし、イギリスでは日本人ということや日本らしさを個性としてアピールできる。どちらの環境でも、その場所で他とは違うキャラクターを持つ事ができる。

After 2 weeks in Japan, I’m on my way back to the UK, writing this at the airport lounge.

Looking back, when I first made my major label debut, I was commuting between Japan and the UK like this. Since then, time has changed and the world has become a smaller place thanks to the internet, yet the cultural  distance seems to grow more and more apart in the case of Japan and the UK. In a city constantly being rebuilt and renovated, Tokyo still runs according to the same conservative mindset and social expectations. Where the landmarks and houses have aged for more than a hundred years, the social, political, and environmental mindset of London keeps on renewing its standards constantly. After spending a while in Japan, you start taking the social punctuality for granted, almost to the point that it feels dull and mundane. But when you come back to the UK, where the standards of train times and services are very different, you appreciate the diligence that keeps life in japan running like clockwork. My point here is that the grass is always greener on the other side. I’m no diplomat or a cultural mediator; all I can do is to utilize and optimize this environment. For example, when I was promoting my single in Japan, most of the questions asked in interviews were about The culture, music, life in the UK. On the other hand, part of my usp in the UK is the identity as a Japanese. Having these two elements in itself is a unique identity as an artist.

今回の一時帰国は翻訳の勉強を始めてからは初めての帰国だったので、そういった文化の違いを意識するようになった。翻訳の勉強と切っても切れない関係にあるのが、文化。言い回し、ことわざ、ユーモアまでが、それぞれの文化に深く根付いており、だからこそ表面上の言葉の直訳は不可能だ。

様々な「ことば」の背景にどれだけの「内容(context)」が含まれているか比較した論説があり、それによると、日本は世界で最も、ことばに含まれる内容が多い言語だと言う。逆に言えば、少ないことばで多くを語り、むしろことばがなくても伝わることが期待されている。英語は全部言わないと伝わらないし、「空気を読む」という発想もない。空気を読まない人達が集まるとどうなるかというと、そこはジャングル。ぼーっとしてたら置いていかれるし、生き延びるために、真っ先に自分の利益を中心に考える。良い話はたいてい詐欺、善意も信用出来ない。日本の義理、人情、恩、などといった精神は、イギリスでは存在しないのだ。

内容が散漫になってしまったが、何が言いたいかというと、

言語の違いを超えて、そんな文化の違いを常に俯瞰して観て行くことが、今後の活動の指針になるということを、今回のツアーで実感した。それは、大切なファンのみなさんが、Rie fuの曲だけではなく、私自身の人生の変化や成長を見守って下さっていることに、気付いたからだ。

翻訳学でも、「言語」自体にとらわれすぎると、下手な訳になってしまう。言葉を捨てて、コンセプトがシンボルやヴィジョンになったとき、その本来の意味を掴む事ができる。音楽でも、サウンドや音自体にとらわれすぎると、本末転倒になってしまう。物事が円滑に進むことがよしとされる日本だからこそ、一度「音楽活動」を始めると、定期的にリリース、ツアーを繰り返す。そして音楽の中身が薄れ、「音」だけになってしまう。

だからこそ、音楽で伝えたいことは何なのかを、人生経験を通して常に問い続けなければいけない。そのためには、環境の変化も必要だ。時には、長い間同じ環境を保ち続けるということも大事な経験。問題は、その経験を通して何を学び、それによって自分がどう成長できるかということだ。

私が今ここにいる理由を、これからも探してる。