イギリスでの音楽活動の始め方―How to start as a Japanese artist in the UK

(English follows)

このタイトルは今抱えている最大のクエスチョンだ。
そもそもどこから、どうやって始めるのか?
このブログは、イギリスでの音楽活動を模索していく体験をあくまでも個人的な視点や考え方で率直に綴るものであり、数年後の自分に向けた備忘録でもある。

自分にとってこのスタート地点に立つのは初めてではない。
2004年に日本でデビューしてから十数年。
イギリスという新たな環境でまた音楽活動を始めることは、逆戻りしたわけではなく、スパイラルの階段を昇り真上の階にたどり着いたような感覚だ。
そもそも自分はどうやって音楽活動を始めたんだっけ?ふと自分の当時の体験を振り返ってみる。

The title of this article itself  is the biggest question that I have right now. Where do I begin? This blog is a personal journal of exploring the music activities in the UK, to keep a record to remind myself a few years later.

It’s not my first time to be at the starting line of the music venture. It’s been more than a decade since I made a debut in 2004 in Japan, but starting over in the UK doesn’t mean that I’m reverting back, but it’s rather like climbing up the spiral stairs and realizing that I’m directly above where I started. Looking back, how did I begin in the first place?

私がまだ高校生だった頃に曲づくりを始めたのは、ひとつの新聞記事がきっかけだった。
音楽家の千住明さんが書かれていた記事で、
『音楽は、人に聴いてもらって初めて命を持つ』
という言葉に心を打たれ、自分が作ったものに命が宿るなんて!と希望の光が差し込んだようだった。
その頃海外の美大を目指してポートフォリオの作品集を作っていて、(海外の美大は日本と違ってデッザンなど技術的な試験はほとんどなく、ポートフォリオ審査が中心になる)何時間もかけて描く絵画が果たして誰かのためになるのだろうかという葛藤と行き詰まりを感じていた。
そんなときにふと手にしてみたギター。コードも知らずただ音を頼りに、その葛藤の言葉に乗せてメロディーを作っていくことが楽しくて、気付いたら一ヶ月で30曲も曲が生まれていた。

It all started with one newspaper article. It was written by a composer, Akira Senju;

“When music is heard, it comes to life”

These words gave me tremendous hope. At the time, I was preparing a portfolio for art school, and was frustrated by how a drawing or a painting that’s taken hours and days to create will ever influence anyone else. I took up the guitar to take a break from all that, without even knowing what chords are, and found so much pleasure and fun in creating melodies, and came up with 30 songs in one month.

まさに詰まっていた蛇口がひねられ滝のように歌が出てきたのだ。
絵画と違って、複製しても同じ価値をとどけられる音楽。(ライブはまた別として)。
言葉で様々な感情や情景を直接伝えられる歌。
誰かに聴いてもらいたいという一心で、高校の音楽祭で弾き語りをしてみたり、小さなカセットレコーダーでひたすらデモテープを作り始めた。

携帯から(当時は懐かしのiモード)「デモテープ」と検索して一番はじめに出てきたところにこのテープを送ったことがきっかけで、メジャーデビューという素晴らしい幸運に恵まれた。

It was as if the tap had opened; songs came flowing out like a waterfall. Unlike paintings, the value does not diminish even if duplicated (live performance is an exception), and the expressions are more directly conveyed through words, in music.

In the hopes of bringing them to life, I started playing in my high school music festival, and recording a demo in a little cassette tape recorder (circa early 2000s). I searched “demotape” on the bulky foldable mobile phone back then and sent the demo to the top of the search result, which happened to be the label that was generous enough to give me a chance to release my first single in 2004.

これが私の『音楽活動』の始め方だった。
何かの衝動にかられていたようであり、決して、音楽活動をしよう、と思って始めたわけではない。
もしかしたら本当の『音楽活動』とは、その純粋な原点に意味があるのかもしれない。

This was how I started music. It was as if a surge of creative energy started overflowing all of a sudden, and I never intentionally though, “OK, I will start writing music”. After all, maybe “music activity” is all about the innocent and primitive drive.

2006tour2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です