イギリス音楽業界の宣伝/媒体の仕組み

ここまで色々とイギリスの音楽業界の社会科見学してきたが、では実際にどうやってアーティストとしての活動を始めようか。
バンドだったら、イーストロンドンの地元のオーガナイザーと仲良くなってライブハウスのイベントに出演し続けながら知名度を上げて行くという方法があるが、ソロアーティスト、特にクラブやダンス系でもないアーティストとしてはその機会はなかなか少ない。
オープンマイクという手があるが、定期的な出演に繋がるようなものではない。

色々な人に話を聞いてみた結果、とりあえずシングルのセルフリリースから始めることに決めた。
今やデジタル配信で誰でもいつでも世界のiTunesで楽曲リリースができる時代。
こちらのグライムシーン(UKガラージ、2ステップ、トラップなどのクラブミュージックに、ラップやレゲエ、トラップなどの要素を加えた音楽ジャンルの総称。 2000年代にイギリスで生まれ、十代の若者の間で人気となった。)一番の人気を誇るSkeptaなどは、セルフリリースを続けている活動自体が話題になっているほどだ。レーベルなどのしがらみにとらわれない、ストリート発祥でリアルなアーティストというイメージは、このUK独特の音楽ジャンルのコンセプトとも相性が良い。

日本で一番力のある音楽の宣伝媒体はどうだろうか、と考えてみる。
強力な事務所のコネクションを使ってドラマ主題歌。
こうはいかないのがイギリスの音楽業界。そもそもイギリスでは、ドラマ+音楽、CM+音楽など、音楽が何かの付属品という概念があまりない印象だ。
ではテレビ(ドラマ、CM)以外でどこで一番音楽を聴くかというと、ラジオ。
そして音楽の宣伝において、お金にモノを言わせることができないのだ。
これは30年間マネジメント一筋でやってきたイギリス人の知り合いから何度も言われている。
もちろん大手のレーベルや事務所に所属すれば道はかなり開かれるが、それは予算の多さよりも、それらのレーベルの持つメディアとの繋がりやブランドの信頼性の強さが大きな要素だ。

では、まだレーベルも事務所もコネクションもほぼない身として何ができるか。
誰でもデジタルリリースできるとはいえ、ただ曲をネット上に投下するだけでは何も起こらない。アーティストから、音楽メディア、そしてリスナーへと橋渡しをしてくれる存在が必要だ。そこで登場するのが音楽PR会社。

次回の記事では、このPR会社について紹介する。
IMG_7173

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です