イギリスの若きパフォーマーの特徴

イベントの対バンやパーティーなどで見かけるイギリス人の若手アーティストの特徴として、日本と決定的に違う所は、パフォーマンス力だ。シェイクスピア的演劇大国だからかもしれないが、とにかくステージに上がると彼らはいっきに我らがビヨンセ、と言わんばかりの自己アピール力を発揮する。『すっごく緊張してて、、』とはにかむ女性シンガーを男性が応援したくなるような日本のライブとは真逆で、少しでも自信がなさそうな素振りを見せれば、観客の興味はすぐに失せ、彼らの大声の話し声に歌声が掻き消される。この、『最大限の自信をアピールする』というメンタリティは、日常生活での人間関係や、ビジネスマナーでも見られるイギリスの大きな特徴のようだ。ナイーブ、天然、癒し系、、それらは全て『未熟』や『無能』と見なされてしまうのがイギリスのコミュニケーション社会。子供の頃から大人へもきちんと対応することを刷り込まれるイギリスでは、日本でいう子供の『赤ちゃん言葉』というものもあまり聞いたことがない。
そんな環境で育ったイギリス人、ましてや自らアーティストを志すタイプの人たちは、なおさらライブでの自信が凄い。
ただ、必ずしもその自信に実力が伴っているというわけでもないのが、彼らの面白いギャップだ。あるイベントで対バンしたボーイ・ジョージ風のメイクと衣装の若者、この見た目でどんなパフォーマンスが見られるかとワクワクしていたら曲がダサすぎて拍子抜けしたこともあったし、長髪のジョンレノン風の男性からはポエティックな弾き語りが聴けるだろうと思ったら、思いっきり4コードポップだった、ということもあった。
これはイギリスの人気オーディション番組、”The X Factor”でもたまに見られる傾向だ。お世辞にも歌が上手い、ダンスが上手いとは言えないけど、奇抜な風貌ととんでもない自信でキャラクター勝ちして審査員や視聴者に気に入られるパフォーマーも沢山いる。何でも『とんでもない個性と自信を持って貫いている』という人を応援するのがイギリスならではだ。
そしてイギリスの若手アーティストたちは共演者としての感じもとてもいい。必ず挨拶するし、他のパフォーマンスにも敬意を払うことも忘れない。その点もイギリス人のコミュニケーションマナーの大事な要素として刻み込まれている気質のようだ。

IMG_4259
Oxford Circusの路上バンド、いいかんじ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です