現地アーティストとのセッションPart2〜海を超えて成功を掴んだタフな一児のママ〜

アメリカ人のネル•ブライデンは、数年前まではニューヨークでウェイトレスをしていた。

彼女はそのとき、得体の知れない恐怖を抱えていたという。

『もし自分の夢に挑戦しなかったら、それを後で後悔することへの恐怖』

イギリスで音楽活動を始めたきっかけを聞くと、そう答えてくれた。

もちろん渡英後すぐに全て順調に行ったわけではなかったという。何時間もドライブして行き着いたギグで誰にも聴いてもらえなかったり、ツアーで泊まらせてもらった家で夜中に酔っぱらった家主の彼女に追い出されるなど、数多くの苦労を乗り越えてきたネル。彼女の風貌は、アニーレノックスばりのスキンヘッド。アルバム制作中にストレスで髪が全て抜けてしまったというが、イギリスに来てからの苦労もそれほど大きなものだったのだろう。そんな彼女も今ではBBC2という中年層向けのラジオ局での常連で、空前のカントリーブームのイギリスでは、彼女の良きアメリカンミュージックなサウンドがその層に人気だ。

そして彼女は半年前には長女を出産した。ご自宅を訪ねると、天使のような赤ちゃんを抱えて迎えてくれた。

ソングライティングセッションを始めると、隣の部屋でお義母さんと赤ちゃんとの笑い声が聴こえてきた。

自分の型を破るためにイギリスに来た自分にとって、彼女の曲のスタイルは少しオーソドックスだったが、そのソウルフルなストーリーを聞きながら曲作りを進めていく中で、沢山の優しいエネルギーをもらった。img_4169

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です