~番外編~通訳/翻訳の世界を追求する

長年英語と日本語を話して来たが、その二言語の翻訳、通訳となるとまた違う脳を使うようだ。

イギリスで音楽以外でも能力を磨きたい、と思い、翻訳、通訳の勉強を始めることにした。

ネットの日本人コミュニティの掲示板で見つけた先生は、20年以上の翻訳、通訳の経験を持ち、こちらの名門大学でも教えていらっしゃるM先生。

翻訳について興味深いと思ったのは、必ずしも翻訳プロセスは等式ではないということ。翻訳する言語の国の文化や口調など、翻訳プロセスの中で考慮する要素が沢山あるのだ。その為直訳だと、逆に不自然になってしまう。

馴染みのあると思っていた2つの言語についてより深く考える機会になった。
と同時に、それぞれの言語のニュースや文学など、翻訳する以前に身につけておきたい教養も沢山ある。

以前、将来日本で音楽と英語教育を交えた企画をしたいと考えていると書いたが、それまでにこちらで翻訳に関しても色々と勉強していきたいと思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です