2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

イギリスのプレゼントの贈り方

ウィーンへのクリスマス旅行には、旦那さんと彼の娘との3人で行った。娘といってももちろんわたしの娘ではない。旦那さんは私とは2度目の結婚で、既に娘がいるのだ。

イギリスの家庭では、昼過ぎから始まる家族でのクリスマスディナーに合わせて、ストッキング(大きな靴下)を暖炉に掛けておく風習があるらしい。中にはお菓子や小物など、高価でないが小さなサプライズになるものを詰める。

娘さんは旅行にもマイ靴下を持ってきていた。そしてクリスマスイブには旦那さんがプレゼントをベッドサイドにセッティングする。サンタがお菓子を食べた形跡などを残し、娘への愛情溢れる演出だ。

日本ではあげる内容に気遣うが、イギリスではとりあえず何かをプレゼントする、よりたくさんのプレゼントを開ける喜びを楽しむ傾向があるようだ。

マイストッキングやサンタの演出など、微笑ましい光景だが、一つ突っ込みたくなるポイントがあった。

この娘さん、もう20代半ばの大の大人。笑

ヨーロッパのクリスマスの過ごし方

ヨーロッパの冬は夜が長い。夏は夜10時ぐらいまで明るいのに対して、冬になると一気に陽が短くなる。その特徴が生かされたものが、11月末ごろからドイツなどヨーロッパ各地で開催されるクリスマスマーケットだ。ライトアップされたマーケットに、様々な食べ物やドリンクが並び、香ばしい香りと明かりで、寒くて暗い街がいっきに活気で溢れる。

東京でも六本木ヒルズや横浜などで見かけたこのマーケットの本場を見たい!ということで、今年のクリスマスはオーストリアのウィーンを訪れた。


街中の角を曲がるたびに、色々なクリスマスマーケットに遭遇する。この時期のとっておきのドリンクは、ホットワイン。シナモンとフルーツの甘い味であたたまる。ビールフェスなどと同様マグカップはデポジット式で、欲しければ記念に持って帰れる。

こちらはエッグリキュールの入ったホットドリンク。ブーツ型のマグカップもお土産として可愛い。

今まで訪れた街の中で、こんなにクリスマスらしさを味わえる場所は初めて。街を散策し、マーケットを堪能、ウィーンのワルツを聴き、名物料理のシュニッツェルやソーセージを食べる。。ヨーロッパのクリスマスは、お腹いっぱいになるぐらいの魅力で溢れていた。

東洋と西洋の『愛』の違いとは?

愛がテーマの記事を書いてきたところで、イギリスでの生活(とアメリカでも暮らしたことのある経験)と比較するブログとして、ここで東洋と西洋の『愛』の印象の違いについて分析していきたい。

あくまでも個人的な印象なので、まったく根拠はないしかなり偏見かもしれないが、一言で言うと、イギリスやヨーロッパ、アメリカの愛の方が『利己的』なイメージだ。世界の中心が自分というゆるぎない根性を持っていて、それを中心にした愛というかたちがある。

それに比べてアジアでは、自分が大きなものの一部で、全体のバランスを保つことや自然への敬畏が大切にされている。神道などはまさにそんな信念のあらわれだ。そして愛は必ずしも自分の利益の為ではない。

無欲の愛はもちろん西洋でも大切にされているが、その印象は少し違う。あくまでも自分の人間性のプライドとして、無欲という一面を持っているのだ。自分が何か大きな物(自然、宇宙など)の一部というよりは、自分がそれらをコントロールしていくという発想から来るのだと思う。歴史的な例で言うと、植民地支配だ。アジアの国々はイギリスを始め西洋の国々に植民地支配されてきたが、アジアの国が西洋の国を植民地支配した歴史はない。シンガポールに住んでいた時期にアジアの国々を旅してみて、この植民地支配というものについて沢山考えさせられた。それが必ずしも悪い訳ではなく、むしろイギリスやフランスの植民地だった場所は、文化や生活水準がいっきに発達し、今でもその名残が街並に見られ、それを誇りに観光地として今でも経済効果を生み出している。

ただ、残念ながら独自の文化さえも経済効果の為に利用されてしまっている。素晴らしい文化と歴史があった地域の名産品は、観光客へのお土産として安物が大量生産されていたりする。地元の人もそれに何の反感もなく従っている。それはやはり、アジア人特有の、『全体のバランスの中での愛』というものの弱さなのかもしれない。それに対して支配した側は、経済効果や発展があったんだからその国の為になったんじゃない?という独自の価値観でしか見ていない。

アジア人は欧米人に比べて男女の愛をあまりあからさまに表さないのも、ここから来ていると思う。わたしたち(自分と恋人)が主役というよりも、(社会、環境、など)全体のバランスの中でのわたしたち。表現しないからといって愛がないわけではない、むしろ利己的な西洋の愛よりも深い部分があるかもしれない。あえて明確に語らない愛という美学もある。

それに比べて西洋の男女の愛情表現は、わたしたちが主役、他はみんな脇役、わたしたちの引き立て役、という発想。

文化の違いは人間性の違いとはまた違う。つまりその文化で育ったからといって必ずしもみんな人間性が同じというわけではないのだ。

年齢、国籍、育った環境も全てが違う旦那と、共感できることが沢山あることからも、そう思う。

『違い』は『壁』ではないのだ。

ビートルズがAll You Need is Loveに行き着いたように

4月にイギリスに引っ越して以来初めての帰国、日本と中国でのツアーが無事終了した。

企画からブッキングまで全てやるようにやってしばらく経つので、その過程には慣れてきたが(中国は現地のイベンターさんが呼んでくれた)、中国の就労ビザの申請に手間取ったり、送った物販の数が足りなかったりと、まだまだ完璧にこなせない部分もあった。しかし一番大切なことはライブの演奏を始めとして、全ての過程に愛があることだ。

言葉も環境も違う中国でのライブをして気付いたことは、愛を持てば言葉を超えて伝わるということ。前の記事で、愛を込められている料理とその過程について書いたが、音楽も全く同じだ。ほぼ全員が、私の音楽をアニメを通して知ってくれたという中国のお客さんに話したのはこのようなことだった。

「日本といえばアニメやアイドルという印象が多いと思う。テーマは宇宙だったり超人的なパワーだったり、想像力を際限なく広げられる場としてアニメは素晴らしい文化。音楽でも、アイドルなど理想を演出したものが多いかもしれない。私は人間味のある、親近感の持てる存在として、お客さんと直接話したい、コミュニケーションを取りたい。そこで常に心がけているものは、愛です。」

ビートルズがAll You Need is Loveに行き着いたように、キリストの究極のメッセージが自分の命をも犠牲にする愛だったように、全ての答えは愛なのかもしれない。

スタッフによって綺麗に環境を作ってもらった中で音楽活動をスタートさせた、12年前。

今、ひとつひとつの過程を自分で行っていくことは何の苦労にもならないと言ったら嘘になるが、そこにこそ大きな意味がある。それは、その過程の中で関わる人たちとの間に、『愛』を感じられるという大きな幸せがあるからだ。

CDのプレス会社の社内でアルバムを聴き込んで下さり、その愛が製造過程に込められていること。

ファンの方がプレゼントしてくれた手作りアクセサリーが可愛すぎて、それをツアーグッズとして制作依頼していること。

その物販をライブ会場に送るとき、宅急便の配達の方が、箱に書いてあるRie fuという名前を見て、アルバムを持っていると話してくれたこと。

私の至らない部分も広い心で受け入れ、一から一緒にライブを作っていってくれる素晴らしいミュージシャンやスタッフの方々。

出演オファーを下さるライブ会場ブッキングの方々。中国のイベンターさんはわざわざ知り合いの方を通して連絡を下さり、昨年に引き続き今年も呼んでくれた。ライブ前の連絡も本当にこまめで、現地でも食事など素晴らしいおもてなしをしてくれた。

そしてライブに足を運び、音楽を通して同じ時間を一緒に過ごしてくださるお客さま。

音楽活動=愛でしかない。それは世界の、宇宙のどこに行っても同じだ。

中国に呼んでくれたイベンターXLiveスタッフと渡航メンバー

愛を込めるということ

実家の近所に夫婦が営む小さなご飯屋さんがある。

素材にこだわった、特別すぎない馴染みのある献立、だけど家では食べれない手の込み方。

お米の産地、種類と炊き方にこだわり、イギリス暮らしで和食に飢えた日本人の心をピンポイントでくすぐる。

米粒を残さずきれいに食べることは日本人としての基本的なマナーだということを、その店でイギリス人の旦那に力説していたのだが、

食のレベルははっきり言ってイギリスと日本では話にならないぐらい違う。

それは素材とか調理法の話ではなく、食に対する哲学や精神論にまで至る。

イギリスの調理はとにかく小麦粉。

スコーン、パイ、パスティー、ソーセージロール、何でもとりあえずパン生地系。

パスティーとは、シチューなどの煮物をパイ生地に包んで、農作業などの労働者向けの手弁当として持たせたそうだ。日本でいう梅干し入おにぎりのような感覚だ。

クリスマスに食べるクリスマスプディングは、乾燥したフルーツを濃厚なケーキ地に混ぜたスイーツ。保存食なので何ヶ月も持つ。

豚の内蔵と血を凝縮した太いソーセージのようなブラックプディング。響きはなかなかだが個人的には結構好きな味と食感。鉄分など栄養豊富だそうだ。

こうやって考えるとイギリス料理の目的はシンプルで合理的だ。

フルーツを長持ちさせる保存食としてのクリスマスプディング。シチューの残し物を活用したパスティー。豚の血までも残さず使ってしまうブラックプディング。

料理の過程よりも、保存させたり食材を無駄にせずあらゆるパーツを使うという点において、イギリス料理は料理というよりもお腹を満たし生きるための手段という印象がある。

それに比べて、日本の食文化はその過程を大切にしているところにおいて、愛を感じるのだ。

材料を育てる、仕入れる、調理する、そして食べるときも五感で楽しむ、、

そういった細やかなこだわりが、素晴らしいよなぁと旦那としみじみ、

お店のカウンター越しに、手際の良いシェフをまじまじと見つめてしまう。

〜旅行編〜プラモデルの隠れ聖地、ハンブルク

結婚記念日に訪れたハンブルク。(グではなくクであることは、ネット検索していて知った)

美しい港の景色や貿易商のお金持ちの豪華な家、倉庫街など観光の見所がたっぷりだが、今回意外な穴場スポットを発見した。img_8663 img_8657

だいたい知らない場所に行くと、Tripadvisorのランキングトップにとりあえず行ってみるのだが、ハンブルクのトップはミニチュアミュージアムという場所だった。

ドイツやヨーロッパの都市のミニチュアが見れるというので、東武ワールドスクエアみたいなものね(行ったことないけど)と思っていたが、更に予想を上回るクオリティだった。

日本のプラモデル好きには絶対たまらない、細かすぎるミニチュアの世界。

img_8610モデルには仕掛けがあり、人が動いたり、コンサートが始まったり、飛行機が飛んでいったりと、次から次へと驚きの連続。img_8621img_8637

img_8630更には数分おきに朝~夜とミュージアム内の明るさが変わり、夜にはネオンの光がついたりオフィスが消灯されたりと、とにかく芸が細かい!!img_8611img_8613

これほどのこだわりと細かさを演出できるのはドイツ人か日本人ぐらいだな、

よく『ドイツ人は日本人と気質が似ている』と言われるのをここで実感したのだった。

〜旅行編〜魅惑のモスクワ

モスクワ旅行の準備には、他の国に行くよりも準備に手間がかかった。まずは観光ビザ。事前にロシアビザのオフィスで申請しなければいけない。

日本人は審査はそんなに厳しくはないが、イギリス人だと質問事項が増えたり、費用が高かったりとパスポートによって差があるようだ。

そして防寒具の買い出し。これはロンドンのユニクロが大活躍だった。実際に現地ではヒートテック4枚重ねでちょうどいいぐらいだった。

そうして吹雪のモスクワ観光が始まったのだが、本当に魅力的な街だった。

img_0146この可愛らしい寺院のデザインで有名な、赤の広場のSaint Basil’s Cathedral.

外からは壮大に見えるこの教会は、中に入ってみると一転して小さくおごそかな空間が広がる。

16世紀にこの教会の建設を依頼したイヴァン4世は、デザインをあまりにも気に入ったため、他で同じコピーを作らせないように建築士たちを盲目にさせたとの逸話もあるほど。

ロシアといえばマトリョーシカでしょう!ということで、沢山のマトリョーシカが見れるヴェルニサージュ市場を訪れた。

img_8512分かり易いぐらいに市場の入り口から遠ざかるにつれてマトリョーシカのクオリティも値段もどんどん高くなっていき、後ろの方のお店では一個USD㌦400という値段で売られていたほど!

顔もそれぞれ違ってみていて楽しかったが、戦利品として持ち帰ったのは、スターウォーズファンの父へのお土産としてこちらのマトリョーシカだった。img_8513

そしてロシアの食事といえばボルシチ。ビーツの味がしみ込んでいて甘さも絶妙だ。そして寒さ対策なのか、思ったよりニンニクが強烈。こちらのレストラン、カフェ・プシュキンは、数々のロシアの著名な文豪たちが日々討論を交わした場所としても有名で、重厚でシックな内装だった。

pkif7994モスクワで最も感動したのは地下鉄の美しさ。いくつもの駅に降り立って眺めていられるほど、寒さをしのげるこの豪華な地下の美術館に魅了された。img_0211大好きなウォッカも吞めたし、ロシア人の言う『キャビア』はイクラで、日本で言う『キャビア』は信じれない程バカ高いということも知れたし、あらゆるロシアを堪能できた。またぜひ訪れたいと思う場所だ。次回はサンクトペテロブルグに行ってみたい。

感激したこと

何でもイギリスと比べてしまうのも良くないが、いや、良いことかも、日本の良さを改めてこうやって噛みしめるのも。

駅のチケット売り場の列に沿って椅子置いてくれて、なおかつ並んでいる人に係の人が用件を訊いてまわり券売機でもできることだったら一緒に券売機まで行き操作の仕方を説明してくれる。。

イギリスだったら、長蛇の列、空いてるカウンター1つ、他の従業員みんな紅茶飲みながら世間話、というところ。

日本のサービスレベルは間違いなく世界一。

そしてファンの方レベルも世界最強。みんな優しい、毎回来て下さる馴染みの顔ぶれ、そして洗練された雰囲気、、なんて素晴らしい国に生まれたんだ。最高じゃないか!

と、この数日間のライブで実感しているのだが、更には恐縮なことにみなさんこのブログを読みながら私の心配をして下さっているようだ。

私はあくまでも備忘録として、現地レポートとして書いているので、苦労している気は全くないが、もしかしたらそういう印象を与えてしまっているのかも。たとえまだ軌道に乗るまでの準備段階としても、今の私にとって日本で変わりなく迎えてくれるお客さんがいることはこの上ない幸せだ。

ちなみに今回のライブで選曲した開場時BGMはこちら:

Lily Allen-Somewhere Only We Know

Laura Mvula-kiss my feet/show me love

Laura Marling-Soothing

Katie Melua-River/perfect world/dreams in fire

こちらはBBCのSound of 2017で気になったアーティスト。

Ray Blk-My Hood

Declan McKenna-paracetamol

 

 

〜旅行編〜マルタ島地元の秋祭り

秋も深まる頃に訪れた、イタリア南のマルタ島。イギリスではコートが必要になってきていたが、こちらではまだサンダルにショーツでも過ごし易い快適な温かさだった。

img_8145この国を訪れるのは初めてではない。大学生のときに友人たちと『きっとマルタ島なんて行く機会も人生で今後ないから』という理由で選んだのだが、現在は主人が頻繁に出張で行っている国だ。

地中海の真ん中という場所柄、歴史の中であらゆる争いに巻き込まれて来たマルタ。特に宗教を巡っては、トルコのイスラム教と、イタリアのキリスト教との間で何百年にも渡ってマルタ騎士団たちが立ち向かって来た。この場所を制覇することで、国の勢力が大きく変わってくる。

中心地のバレッタには美しい教会があり、その黄金の内装は、まさにその騎士団の栄光を讃えていて圧巻だった。

img_8225

旧市街のメディナには、サンドストーンの淡い色の建物が並び、地中海の風の中で幻想的な雰囲気を醸し出していた。img_8195

個人的に家々の扉のハンドルデザインが気に入った。niwi4526

ちょうどこの日は、年にたった2回という地元の秋祭りの日だった。

Notte Biancaと題し、遅くまで美術館などが無料で開放されていて、通りは屋台で賑わっている。

img_8216 img_8205 img_8236アートや音楽にも力を入れているらしく、ペインティングイベントや地元のコーラスの歌声なども聴こえてきた。

若いティーンエイジャーたちはドレスアップしてデート、ファミリーは人ごみの中バギーを引っ張って楽しんでいた。

このちいさな地中海の島で日本の秋祭りを思い出し、少し懐かしくもある光景だった。