〜旅行編〜プラモデルの隠れ聖地、ハンブルク

結婚記念日に訪れたハンブルク。(グではなくクであることは、ネット検索していて知った)

美しい港の景色や貿易商のお金持ちの豪華な家、倉庫街など観光の見所がたっぷりだが、今回意外な穴場スポットを発見した。img_8663 img_8657

だいたい知らない場所に行くと、Tripadvisorのランキングトップにとりあえず行ってみるのだが、ハンブルクのトップはミニチュアミュージアムという場所だった。

ドイツやヨーロッパの都市のミニチュアが見れるというので、東武ワールドスクエアみたいなものね(行ったことないけど)と思っていたが、更に予想を上回るクオリティだった。

日本のプラモデル好きには絶対たまらない、細かすぎるミニチュアの世界。

img_8610モデルには仕掛けがあり、人が動いたり、コンサートが始まったり、飛行機が飛んでいったりと、次から次へと驚きの連続。img_8621img_8637

img_8630更には数分おきに朝~夜とミュージアム内の明るさが変わり、夜にはネオンの光がついたりオフィスが消灯されたりと、とにかく芸が細かい!!img_8611img_8613

これほどのこだわりと細かさを演出できるのはドイツ人か日本人ぐらいだな、

よく『ドイツ人は日本人と気質が似ている』と言われるのをここで実感したのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です