Eras of Songwriting Style

A songwriting style is constantly evolving for an artist. It’s almost like a fancier version of a diary, so it might be a bit embarrassing to look back at what was written years ago. That’s why whenever I’m asked what my own favourite song is, I always answer, “the most recent song I had written”.

アーティストにとって、曲作りのスタイルは常に進化している。作る曲は、日記に気取った毛がはえたような存在なので、昔の曲を聴いてこっぱずかしくなることもよくある。だから、自分が作って来た中でどの曲が一番好きかと聞かれれば、必ず「一番最近作った曲」と答える。

I have a theory that for most artists, songwriting styles go through certain stages and eras, that resembles a child growing up. Believe me, having released ten albums, I have gone through all of these stages;

持論だが、多くのアーティストにとって、曲作りのスタイルはとある段階を辿って進化していく。それは子供が成長する過程に似ている。10枚のアルバムをリリースして来た筆者にとって、この過程は身をもって体験したものである。

1.The Innocent Era-This is when you start songwriting for the first time. Obviously, this is the most innocent and pure stage. No pretentious gimmicks, simple and honest yet powerful. That’s why, in a certain way, there’s no greater album than a first album for any artist. The most amazing first albums are filled with articulate and sage words beyond the artist’s young age, because the songs have a pure spiritual energy; after all, songwriting or any art is to be oblivious to ego, and be the pure medium to deliver the words and melody floating somewhere in that euphoric realm where people like Mozart and John Lennon would be sunbathing.

①純朴な時代−初めて曲作りを始めるとき。当然ながら、一番純朴な姿だ。わざとらしさもなく、シンプルで素直、かつ力強い。だからこそ、ある意味、どのアーティストにもファーストアルバムを超えるものは二度と作れない。中でも素晴らしいファーストアルバムは、作り手の若い年齢に関わらず賢く卓越した言葉にあふれている。それは、曲たちに霊的な力が宿っているからだ。曲作りに限らずどんな芸術も、アーティスト自身がエゴを捨てて純粋な媒体となり、モーツアルトやジョンレノンが恍惚と日光浴をしているような異次元の世界の空気を作品に吹き込むことなのだ。

2.The Eager to Please Era-The difference with the first album and the second is that the artist is influenced by feedback and expectation for the next work. You get a certain pressure, both to reproduce the similar quality as the first album, but also to make something new to show progression. It’s a tricky balance, because if you’re too same-y, you would bore the audience, but you also wouldn’t want to put them off with a drastic change. It’s also the era of dilemma between the ‘pure spiritual energy’ and the vulgarity of the human realm such as ‘selling albums’ and ‘radio-friendly songs'(In Japan, there was also a term ‘karaoke-friendly songs’). You try to reference songs that are already popular, analyze chords and song structures, start working with producers who have the ‘current’ sound. It’s like a teenage girl who tries a look that doesn’t suit her to impress her crush, who, typically, isn’t even right for her.

②媚び売り時代−ファーストアルバムと2枚目のアルバムの違いは、前作へのフィードバックと、次作への期待があるということだ。そのプレッシャーは、引き続き同じクオリティーの作品を作ることと、進歩を見せることの両方だ。このバランスは難しい。同じすぎればリスナーに飽きられるし、かといって激変しすぎても引かれてしまう。また、純朴時代の霊的な力と、俗世間の煩悩(「売上枚数」、「ラジオ受け」、日本では「カラオケ受け」などの言葉)が葛藤し合う時期でもある。流行りの曲を参考にしてみたり、コードや構成を分析してみたり、売れっ子のプロデューサーと制作してみたり。まるで10代の女の子が、好きな男の子を振り向かせたくて似合わないメイクや服に身を包むようなものだ。しかもたいてい、その男の子はその子にふさわしくない見当違いな場合が多い。

3.The Rebellious Era-After trying so hard to please the listeners and balancing your initial style vs. innovation, you get somewhat tired. Up to a point where you’d say, “The hell with it, let me do whatever the fuck I want”. It could either end up as an amazingly cutting-edge album or something masturbatory that no one else can’t really understand. This is another teenage stage, the attitude turned to parents and teachers; On the contrary to the previous era, you want to do everything opposite of what they would expect you to do.

③反抗期-聴き手に媚を売るかのように色々な手法を試してみて、初心とイノベーションとの間でもがいた後、どっと疲れが出てくる。そして、もう何も気にせず好きなことやってやる、という気になるのだ。この時代にできた作品は素晴らしく前衛的なものにも、難解な自己満足な作品にもなりうる。これもまた10代の頃のような、先生や親から期待されることの真逆をしてやろうという態度と似ている。

4.The Reminiscent Era- This completes a cycle, only its not a repeat, but an elevation like spiral stairs going up. You look back at the stages you’ve been through and realize how valuable that innocent era was. Growing out of the teenage phase and learning to appreciate the lessons. You’re not obsessed with trying to make hits, but going back to making something that’s purely you. It’s a bit sad to think that even though you have completed a cycle(of different stages in songwriting), you can never go back to that first pure stage. You’ll struggle for a chance to see(hear) a glimpse of that spiritual melody realm, but that moment would come once in a while, as if a curtain blown by the wind briefly shows an outside view, if you keep writing and listening to the good quality music-just like how an athlete would train for years and years.

④懐古時代-ここでひとつの周期が完結する。しかしこのサイクルは決して繰り返しではなく、スパイラルの階段のように上に登っていく。同じことの繰り返しと思えることも、実は一周するごとに少しずつレベルアップしているのだ。今までの段階を振り返り、純朴時代がいかに素晴らしかったかに気づく。10代の反抗期を卒業して、学んできたことに感謝をする時期。売れる曲を作ろうという焦りもなく、純粋に自分らしいものを作ることに集中できる。曲作りの段階を一周したとはいえ、決して初めて曲作りをしたときの自分には戻れないことは少し切ない。あの頃頻繁に訪れていた、「美しい音楽が溢れる異次元の世界」へのアクセスはそう簡単ではなくなる。その代わりに、アスリートのような鍛錬が欠かせなくなる。曲を作り続けること。素晴らしい音楽を聴き続けること。そんな積み重ねで、ふとしたタイミングで、その異次元の世界が、カーテンが風に揺れる窓越しに、姿を見せるのだ。

So after going through all these eras, if you’re a young songwriter who want to make a living out of music, you might be asking,

“Then what am I supposed to do?”

If you only want to be commercially successful, you could stay in the Eager to Please Era; there’re so many successful songwriters who keep on producing hit songs, and being part of the industry machine can be truly fulfilling. You stand at a crossroads; one road leads to entertainment, the other leads to artistic integrity.  The road to entertainment is much better paved and a smooth ride, only it could be a long journey. But who knows, you might one day find yourself wondering off the beaten track ending up in spiritual melody realm after all.

このブログの読者の方の中に、将来ソングライターとして成功したいとお考えの方がいるとして、ここまで読まれて「で、どうすればいいの?」という疑問が浮かんでくるかもしれない。

商業的に成功したいなら、『媚売り時代』にとどまることだ。流行の音を巧みに量産して成功している素晴らしい作家さんはたくさんいるし、音楽産業の一部としてやり甲斐のある仕事だ。分かれ道に立ったとして、ひとつの道はエンターテイメントに、もうひとつの道は芸術的本質へと続いているとする。エンターテイメントの道はきちんと舗装されていてスムーズだが、ヒット曲を生み出すまでは長い道のりかもしれない。だけどその道を選んでも、もしかしたらいつの日か脇道に迷い込んで、気づいたら「美しい音楽が溢れる異次元の世界」にたどり着くかもしれない。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です