Two Cities

(English follows)

 

ロンドンと東京、私にとって大切な2つの街。

渋谷の交差点に立てば学生時代を思い出して懐かしくなるし、夜のビッグベンのあたたかいオレンジ色を見れば、留学中にこの明かりに癒されたことを思い出す。東京ではごく当たり前に通り過ぎていたネオン、電車、コンビニ、自販機、そんなものが、ロンドンに住んでみてからは、近未来映画のセットのように観えるようになった。視点というのは、離れる程、全体像がつかめて新鮮な感覚を持つ事が出来る。海外から日本を観てみると、良いところばかり浮き彫りになってくる。そして日本がどんどん好きになる。

そこでたどり着いたミュージックビデオのアイディアは、私にとって大切なそんな2つの街をテーマに映像を作るという事だった。

Tokyo and London are the two cities that define who I am. When I stand on the Shibuya crossing, where I used to pass by everyday as a student at a nearby school, I feel a sense of reminiscence. When I see the warm orange light of Big Ben in the evening, I feel a sense of comfort, the same feeling I got when I was an art student, living on my own for the first time at 18. The neon, trains, convenience stores, vending machines of Tokyo all remind me of a futuristic movie set. The further you go, the better perspective you get with refreshing viewpoint. That’s how Japan becomes more and more attractive for me over the years of living abroad.

Those thoughts lead to an idea of making a music video of these two incredible cities.

2つの街をどこでもドアで行ったり来たりすること。簡単ではないこの企画だが、とても幸いなことに、協力してくださる日本のプロダクションとのご縁があった。わざわざロンドンまで飛んでいただき、学生の自主制作映画のように、最小人数でロンドンの隅から隅まで魅力的な絵を求めて歩き回り、その後は私が日本に戻って同じように日本の魅力を追求してシーンを探っていった。観光ショットにならないように気をつけながら、絶妙なローカル感のあるスポットを見つけていった。

何度も書いている事だが、イギリスでは日本の良さを伝えるだけでなく、日本人のクリエイターを紹介するきっかけもつくっていきたい。今回は、そんな素晴らしい映像クリエイターチームと作品が創れて本当に光栄だ。

It wasn’t easy to make a video transition from one city to another. Luckily, I found an amazing production team that agreed to support this project, who traveled all the way to the UK, walking endlessly around London to capture a local spot so that the video wouldn’t look like a tourist movie. Then it was my turn to go back to Japan and do the same.

As much as I want to present myself as an artist outside Japan, I also want to introduce many wonderful talents of Japan along with my music. In that sense, I feel truly pleased to have worked with this talented production team.

Observation of the Grammys 2017 (as a Japanese artist)

It’s every artists’ s dream to win the Grammy. Of course, it’s one of my aspirations as well; to win in the Best Contemporary Urban World Music written in two or more languages category, or something like that (I always like to scroll down to see the really niche categories).

In Japan, not many artists aspire to the Grammys. The popular dreams they have are to play at Budokan(a prestigious venue), or to perform in Kohaku (Annual music TV show on New Year’s Eve). For those Japanese artists who actually do aspire to the Grammys, what drives the aspiration is to be the pioneer—Japanese are such minorities when it comes to being successful outside Japan. (Which leads to the whole story of me and my husband moving to the U.K to pursue exactly that) To set the records straight, there ARE Japanese artists that have won the Grammys in the past, but not as a singer-songwriter. This year, pianist Mitsuko Uchida won as an accompanist, and producer StarRo and Ryuichi Sakamoto(for his Revenant soundtrack)were nominated.

日本のアーティストに将来の目標を聞けば、たいがい武道館や紅白などといった言葉が出て来る。グラミー賞が夢というアーティストももちろんいるが、それを目指す理由は、海外でグラミー賞というまでの認知度で活躍する日本人アーティストがあまりにも少ない中、先駆者になりたいという野望があるからではないだろうか。私もまさにその開拓精神で、旦那さんぐるみでイギリス移住してきた。もちろん過去に日本人のグラミー賞受賞者はいらっしゃるし、今年はピアニスト内田光子さんの伴奏者としての受賞やstarRoさん、坂本龍一さんのノミネートもあった。しかし過去のノミネート、受賞者の中で日本人シンガーソングライターはまだ一人もいない。

Putting that successful-Japanese-artists-are-a-minority issue(NOT political)aside, this is what I thought about this year’s Grammys. I’m no music journalist, just someone in front of a TV watching the show in Surrey blogging her mind;

Adele’s voice. Listening to her performance, I almost forget how the song went,or even the how the pitch was,  all I’m left with is this richness of voice melting in my ears. It’s like how when you meet a truly attractive person(male or female), you don’t even remember what they were wearing, just overwhelmed by their presence and personality.

そんな「海外の第一線で活躍する日本人シンガーソングライターが少なすぎる問題」はさておき、一視聴者として今年のグラミーショーの感想を書いていきたい。

まずはアデルの声。耳に染み渡る贅沢な声。今歌ったのどんな曲だったっけ、とか、ピッチがどうのとか、どうでもよくなってしまうこの感覚。たとえばとても魅力な人(男女問わず)に会った後、その人の印象に圧倒されすぎて、その人がどんな服を着ていたかなど忘れてしまう感覚。

The past few decades, especially the 70’s and the 80’s have left so much innovative music to be remixed in this generation. So rich that even in 2017, nearly all of the songs you hear on the show are recycled essence of those eras; Michael Jackson’s daughter presenting the Weekend, Daft Punk,  Katy Perry with Bob Marley’s son, Bruno Mars…all of them are brilliant artists, but all I heard was reminiscence, nothing innovative at all.

That’s why I get so inspired when I hear a great voice; a voice is timeless, regardless of any generation or era. Adele, Beyoncé, rappers like ATCQ and Chance the Rapper, I love the raw energy of his voice purely praising the Lord. It’s everything singing stands for.

70、80年代は音楽のイノベーションに溢れていたが、ここ数十年は、それらをリサイクル品ばかりが出回っている。今年のグラミー賞のパフォーマンスでも、マイケルジャクソンの娘に紹介されたザ・ウィークエンド、ダフトパンク、ケイティーペリーとボブマーリーの息子、ブルーノマーズ、、どのアーティストも素晴らしいが、あたらしさは何もない。

だからこそ、唯一無二の声に感銘を受ける。声は年代関係ない。アデル、ビヨンセ、トライブ、、チャンス・ザ・ラッパーのまっすぐに神を讃えるゴスペルのエネルギーなんて、歌うことの真髄を表現している。

In a time when music styles are being over-remixed, maybe now is a time to get raw. To tell the story of your own, in a one and only voice, as simple as that.

I went through so many phases in terms of music style, even in just a year of moving to the U.K. But now I’m settling down to simply writing autobiographical songs, from a unique angle, with production that most compliments my voice. I don’t have a diva voice like Adele or Beyoncé, but I’m grateful for my own voice that God gave me, and am determined to make the most of the gift.

音楽のスタイルやジャンルが使い古されている今の時代だからこそ、原点に戻るべきなのかもしれない。自分のストーリーを、自分の声で伝える。誰にも真似できないもの。 イギリスに来てからのたった一年でもたくさんの音楽的スタイルを模索して来たが、今その原点をやっと見つけられた気がする。アデルやビヨンセのようなdiva声はないけれど、持っている声は他の誰にも真似できない。その神様からの贈り物を、最大限に生かすのみだ。