Two Cities

(English follows)

 

ロンドンと東京、私にとって大切な2つの街。

渋谷の交差点に立てば学生時代を思い出して懐かしくなるし、夜のビッグベンのあたたかいオレンジ色を見れば、留学中にこの明かりに癒されたことを思い出す。東京ではごく当たり前に通り過ぎていたネオン、電車、コンビニ、自販機、そんなものが、ロンドンに住んでみてからは、近未来映画のセットのように観えるようになった。視点というのは、離れる程、全体像がつかめて新鮮な感覚を持つ事が出来る。海外から日本を観てみると、良いところばかり浮き彫りになってくる。そして日本がどんどん好きになる。

そこでたどり着いたミュージックビデオのアイディアは、私にとって大切なそんな2つの街をテーマに映像を作るという事だった。

Tokyo and London are the two cities that define who I am. When I stand on the Shibuya crossing, where I used to pass by everyday as a student at a nearby school, I feel a sense of reminiscence. When I see the warm orange light of Big Ben in the evening, I feel a sense of comfort, the same feeling I got when I was an art student, living on my own for the first time at 18. The neon, trains, convenience stores, vending machines of Tokyo all remind me of a futuristic movie set. The further you go, the better perspective you get with refreshing viewpoint. That’s how Japan becomes more and more attractive for me over the years of living abroad.

Those thoughts lead to an idea of making a music video of these two incredible cities.

2つの街をどこでもドアで行ったり来たりすること。簡単ではないこの企画だが、とても幸いなことに、協力してくださる日本のプロダクションとのご縁があった。わざわざロンドンまで飛んでいただき、学生の自主制作映画のように、最小人数でロンドンの隅から隅まで魅力的な絵を求めて歩き回り、その後は私が日本に戻って同じように日本の魅力を追求してシーンを探っていった。観光ショットにならないように気をつけながら、絶妙なローカル感のあるスポットを見つけていった。

何度も書いている事だが、イギリスでは日本の良さを伝えるだけでなく、日本人のクリエイターを紹介するきっかけもつくっていきたい。今回は、そんな素晴らしい映像クリエイターチームと作品が創れて本当に光栄だ。

It wasn’t easy to make a video transition from one city to another. Luckily, I found an amazing production team that agreed to support this project, who traveled all the way to the UK, walking endlessly around London to capture a local spot so that the video wouldn’t look like a tourist movie. Then it was my turn to go back to Japan and do the same.

As much as I want to present myself as an artist outside Japan, I also want to introduce many wonderful talents of Japan along with my music. In that sense, I feel truly pleased to have worked with this talented production team.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です