The Great Escape

English follows)

毎年イギリス南部海沿いの町ブライトンにて、町中のライブハウスが会場となり若手アーティストの登竜門的なフェスが行われている。その名もThe Great Escape。アメリカで言えばSXSW、シンガポールではカンファレンスが中心のMusic Matters。日本だとライブ中心型の大阪のミナミホイールが同じように毎年若手バンドを送り出している。

社会科見学として、またブライトンに拠点があるディストリビューターのオフィスパーティーに顔を出しに、今回このフェスに初参加してみた。

正直言ってネットワーキングパーティーみたいなものはもうこりごりで、着いた瞬間帰りたくなると思っていたのだが、いいかんじにユルいこの海岸沿いの町のおかげか、思っていたよりゆったりした雰囲気のパーティーで、表面的なショービジネスといった感覚ではなかった。ガレージをステージに見立ててレーベル所属アーティストのライブが繰り広げられる前で、ほとんどの人たちが昼から飲んで吸ってうつろな目をしているか、ライブの音量を超える大声で会話をしていた。それまでメールでやり取りしていた担当ディストリビューターとも会ったのだが、大学卒業したてという感じだ。イギリスのインディーズミュージック業界の特徴なのかもしれないが、イベンター、プロモーターなど全体的に若く、日本のように上司のもとで動いているというよりは、彼らが率先してやっているようだ。関わる人たちも、地に足がついていて音楽に寄り添っている感じ。仕事ぶりは日本よりのんびりしているけど。

A lovely weekend out in Brighton to check out the Great Escape.

To be honest, it was much more laid back than I thought. Having been to numerous music networking events and having had the experience of encountering different kinds of people including some dodgy ones,  I thought it would be a bunch of superficial showbizz people hanging around; it was rather a collection of people who looked like they haven’t washed their hair for a week, stoned and drunk from 10am. No offense, all in a good-vibe way.

A big difference I felt in comparison to what I had seen in the Japanese music market was that the majority of the younger team were quite independently driven, while back home, they were pretty much working under their bosses. It was great to get reassurance that the indie music scene here is down to earth and the music remains pure to the artistry.

I had a few artists I wanted to check out, but after walking 30 minutes to the venues and queuing outside in the cold, the temptation of the jacuzzi at the boutique hotel that I had booked won over. Instead, I selected some favourite artists from the festival lineup;

ライブはいくつか目星をつけていたのだが、一人目のお目当アーティスト、キュートなラッパーLittle Simzの会場まで寒い中かなり歩いたため疲れてしまい、一軒目にてリタイアというオバサンぶり。。とはいえ若手アーティストをたくさん事前にチェックしていたので、気になったアーティストを紹介。

レトロでゆるかわ。

ライブが観たい!

今一番好きな女性アーティスト。

最高。

ちょっと裏返りそうな声があどけなくて可愛い。

New single “St.Martin”

English Follows)

ついにUKでのファーストシングルがリリースになった。

超嬉しかったのはこちらのインディーズミュージックサイトのレビュー。
辛口のイギリス人が褒めてくれた。何気に自分の中では凄いことだ。音源も好評で、一年かけて試行錯誤して来た甲斐があった。自分の芯を変えずに、どうやってプレゼンしていくか。バランス感が難しかったが、まさに日本とイギリスのコラボ作品になった。
もともとこの楽曲のアレンジは石崎光氏の繊細で洗練されたアレンジだったので、シングル版をアレンジしてくれることになったロンドンの若手バンド、Theme Parkポップなサウンドで、丁寧に描かれた油彩画がグラフィカルなポスターになってしまうのでは?と心配だったが、曲の大元の要素を上手く保ちつつリミックスしてもらえた。そしてバーニーグランドマン東京の山崎翼さんのマスタリングで、音の立体感が華やかにパワーアップした。

ミュージックビデオもまさに日英のミックスで、2つの街を自由自在に行き来する美しい映像。実際は弾丸撮影だったが、Keyaki Worksさんの素晴らしいチームワークとセンス、日本人ならではの丁寧な作業で、イギリスで誇れる作品が完成した。

まだここがスタートライン。
これからスピード上げて駆け抜けて行きます。

Upon my first single release in the UK, I was so thrilled to read this article.

All the struggles and trials in the past year were worth it just for this day, especially after the challenges I went through with sound production. One of the first comments I have had for the original track of St.Martin, elaborately crafted by producer in Japan, Hikaru Ishizaki, was that they are exotic and interesting, but they don’t know where to place it; genre, tastes, demographics…there were many elements to consider. Though the core element that I had to stay true to above anything was my own originality and unique voice. When it came to creating the single version with the eclectic band Theme Park, my anxiousness was soon swept away by their amazing remix, which was the hybrid of the original essence and a breath of fresh air. For the finishing touches, Tsubasa Yamazaki(Bernie Grandma Mastering Tokyo) added vibrant dimensions to the sound.

The music video was also a collaboration between UK and Japan, working with Keyaki Works, who were so efficient and skilled, traveled all the way to London and then back again, shooting everywhere ambitiously. Owing to their contribution, the finished music video is a brilliant seamless sonic trip between London/Tokyo.

This is only the beginning—now I can’t stop running.

 

楽曲視聴はこちらから→→

Listen to the new single, St.Martin here→→

  iTunes

What’s in a Name

English follows)
今度のシングルは、Rie fuではなくRié名義でののリリースになるが、なぜ別の名前を使うことにしたのか、真面目に書いてみたい。
Rie fuという名前を思いついたのはデビューの少し前のこと。本名の船越里恵は画数が多くてポップじゃないな〜、英一郎っぽいかな〜、などとスタッフと話していたとき、歌詞を書くときにサインしていたRie fu.が目に止まった。爽やかな風の流れのようでいいね〜、とすぐにこのアーティスト名義に決まった。

My new single is to be released under the artist name Rié, not Rie fu. I’m going to explain why;
Since my real name, Funakoshi, wasn’t really pop and there was another TV melodrama actor who had the same surname, I didn’t think the name was suitable for the style of my music. So it simply got abbreviated to fu.

話は変わるが、小学生の時にアメリカに住んでいた時、Rie という三文字を、現地の人たちは誰も正しく発音することができなかった。それは、英語圏でieと綴ると「イー」か「アイ」の音になってしまうからだ。つまり「リー」か「ライ」としか発音できなかったのだ。
そこで今回英語圏での楽曲リリースにあたり、Beyoncé とかcaféで「エ」の音を示すéを使うことにした。

Changing the subject, I remember my first struggle living in the U.S as a kid was that nobody could pronounce my first name correctly. It’s just three letters, but “ie”only reads as “ee”or “eye”, whereas the right pronunciation is actually “Ree-ay”, like that last “ey ” sound in café or Beyoncé—which explains the accent on Rié.

そしてfuの部分。これは最近知ったことなのだが、ネット上のアーバンディクショナリーによると、 fuは捉えようによってはいかがわしい意味もあるようだ。もちろんおもむろに誰もが聞いたら連想することではないかもしれないが、英語圏を対象にしていると、様々な捉え方をする人がいるかもしれない。
そんなこんなで Riéになったわけでした。

ここからが一番伝えたいこと—
前回のブログでも書いたように、日本とイギリス(もしくは欧米)ではそれぞれ全く異なるマーケット、それに付随する音楽性、カルチャー、感性が関わっている。イギリスのように新たな環境で音楽の挑戦をしたいと思えたのは、他でもない、今までRie fuとしての音楽を応援して下さってきた方たちのサポートのおかげだ。だからこそ、新たなアーティスト名義、より広いマーケットを意識した音楽性を追求していくと同時に、今まで日本で作ってきた音楽のスタイル、活動の一貫性も大事にしていきたい。今年も日本でのライブ企画が進んでいて、Rie fu名義でも曲作りを続けている。
Rie fuもRiéも、創作に対して忠実に向き合っていきたいと思っているので、引き続きあたたかく見守っていただけたら光栄だ。
And then the fu part. This is something I discovered recently, but according to the urban dictionary, fu has a somewhat slang connotation in some parts of the UK. It’s not an obvious one, but targeting an English audience would mean that there could be variety of interpretations.

So this is how I ended up with the name Rié.

Now here is the most important thing I want to convey—
Globally and culturally, there are different styles of music appealing to broader audiences; For example, referring to my previous blog, the Japanese music scene is orchestrated while Western market is the wildlife jungle. Therefore, I wanted to challenge myself in amongst the global and wider audience. My purpose is always to maintain loyalty and respect the choices of sincere and supportive followers of Rie fu over many years. In both names I fully intend to stay true to my art and keep on producing the best music I can in both languages and cultural styles.