What’s in a Name

English follows)
今度のシングルは、Rie fuではなくRié名義でののリリースになるが、なぜ別の名前を使うことにしたのか、真面目に書いてみたい。
Rie fuという名前を思いついたのはデビューの少し前のこと。本名の船越里恵は画数が多くてポップじゃないな〜、英一郎っぽいかな〜、などとスタッフと話していたとき、歌詞を書くときにサインしていたRie fu.が目に止まった。爽やかな風の流れのようでいいね〜、とすぐにこのアーティスト名義に決まった。

My new single is to be released under the artist name Rié, not Rie fu. I’m going to explain why;
Since my real name, Funakoshi, wasn’t really pop and there was another TV melodrama actor who had the same surname, I didn’t think the name was suitable for the style of my music. So it simply got abbreviated to fu.

話は変わるが、小学生の時にアメリカに住んでいた時、Rie という三文字を、現地の人たちは誰も正しく発音することができなかった。それは、英語圏でieと綴ると「イー」か「アイ」の音になってしまうからだ。つまり「リー」か「ライ」としか発音できなかったのだ。
そこで今回英語圏での楽曲リリースにあたり、Beyoncé とかcaféで「エ」の音を示すéを使うことにした。

Changing the subject, I remember my first struggle living in the U.S as a kid was that nobody could pronounce my first name correctly. It’s just three letters, but “ie”only reads as “ee”or “eye”, whereas the right pronunciation is actually “Ree-ay”, like that last “ey ” sound in café or Beyoncé—which explains the accent on Rié.

そしてfuの部分。これは最近知ったことなのだが、ネット上のアーバンディクショナリーによると、 fuは捉えようによってはいかがわしい意味もあるようだ。もちろんおもむろに誰もが聞いたら連想することではないかもしれないが、英語圏を対象にしていると、様々な捉え方をする人がいるかもしれない。
そんなこんなで Riéになったわけでした。

ここからが一番伝えたいこと—
前回のブログでも書いたように、日本とイギリス(もしくは欧米)ではそれぞれ全く異なるマーケット、それに付随する音楽性、カルチャー、感性が関わっている。イギリスのように新たな環境で音楽の挑戦をしたいと思えたのは、他でもない、今までRie fuとしての音楽を応援して下さってきた方たちのサポートのおかげだ。だからこそ、新たなアーティスト名義、より広いマーケットを意識した音楽性を追求していくと同時に、今まで日本で作ってきた音楽のスタイル、活動の一貫性も大事にしていきたい。今年も日本でのライブ企画が進んでいて、Rie fu名義でも曲作りを続けている。
Rie fuもRiéも、創作に対して忠実に向き合っていきたいと思っているので、引き続きあたたかく見守っていただけたら光栄だ。
And then the fu part. This is something I discovered recently, but according to the urban dictionary, fu has a somewhat slang connotation in some parts of the UK. It’s not an obvious one, but targeting an English audience would mean that there could be variety of interpretations.

So this is how I ended up with the name Rié.

Now here is the most important thing I want to convey—
Globally and culturally, there are different styles of music appealing to broader audiences; For example, referring to my previous blog, the Japanese music scene is orchestrated while Western market is the wildlife jungle. Therefore, I wanted to challenge myself in amongst the global and wider audience. My purpose is always to maintain loyalty and respect the choices of sincere and supportive followers of Rie fu over many years. In both names I fully intend to stay true to my art and keep on producing the best music I can in both languages and cultural styles.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です