What I Learned So Far

UK初のEPをリリースしたところで、これまでの音楽プロモーションで気付いた事をご紹介。With the first EP release on the way, here are a few things I have learned so far through promoting music in the UK;

1.Personalized Media

I was surprised that the main source of music publication is shifting from larger media to personal music bloggers—after all, word of mouth is the most reliable source of information, and although personal preference and taste in music are diverse, it’s a great thing that the music/artists and the listeners are communicating even more closer this way. I guess there are less of these music bloggers in Japan, because the corporate power (especially advertisement agencies)is still the strongest.

①メディアの中心は個人の音楽ブログ?

まずはPRの仕事について。私が3年前にオンラインで見つけて、こことしか仕事したくない、と思うほどクライアントの音楽性が素晴らしい会社に、今回のキャンペーンに協力してもらっているのだが、実際にどんな仕事をしてくれるのか?が気になるところだった。ソーシャルメディアはアーティスト本人に任せるという方針だったが、ではそれ以外のサポートとしてどんなことをするのか…それはオンラインの音楽メディア、またブログに私の音楽を紹介するということだった。興味深い点は、それらのブログがほとんど個人で運営しているものだということ。つまり、メディアも受け取り側も、そしてアーティスト側も、みんな大きな会社に所属せず個人単位になりつつあるということだ。『口コミ』と同じことだが、それが今のソーシャルメディアの力で、発信側がメディアにもなりうる時代。これは音楽の本質を届ける上で、とても良いことだ。スポンサーも政治的な圧力も贔屓もない、ただ個人が正直な感想を発信する。ただしそれらの個人サイトはすごい量を日々更新している。趣味で時間があるときにやってますというよりは、ブロガーに徹しているという様子だ。

2.Young Generation

The power of the younger generation is definitely stronger in the UK compared to Japan, when it comes to the key people to drive and take the initiative with trends and activities. I’m talking about the promoters, labels, event organizers and artist relations, as they are the most influential generation for keeping up to date with what’s going on. Whereas in Japan, they were more working for their bosses and as mentioned above, still the most influential element is the political power of corporate agencies. No wonder the marketing format has not changed for many years in Japan, while it’s constantly changing here in the UK.

②主力選手は若手

そのPRを始めとして、ディストリビューター、イベンター、音楽関係者の前線で走っているのはみんな若手、たぶん二十代前半ぐらい。メールでやり取りしていて、実際に会ってみて若っ!となったことが何度もある。それはきっと現場でリアルなトレンドに敏感でいられる世代への信頼が高く、ボスの元で働くというよりは率先して色々な企画を自由に進めているのがわかる。だからこそマーケティング方法は有機的に常に変わっているし、日本のように広告代理店の支配力やマーケティングのテンプレートが何年も変わらず維持されることがない。

3.It’s all manual labour

As a fundamental fact, it all comes down to this—there is no easy way, no automated way. You just have to keep on doing what you do…just like how you can’t throw cash out your window and expect the crops harvested overnight. You have to cultivate the ground, plant the seeds one by one, and still that’s only the beginning and nothing is guaranteed. But the best thing about it is that you can see the growth of your activity at first hand, and you can see clearly where the results came from; for me, the biggest results in numbers so far are the supporters from my fans in Japan, and targeted promotion through Facebook…All I need to do is keep working, manual labour, while enjoying every process, because it’s a privilege just to be able to call myself an artist.

③結局は地道な努力

これを言ってしまえばそれまでなのだが、結局は近道も裏技もなく、ただひたすら地道な努力を積み重ねる他方法はない。窓の外に札束を投げて翌日に豊作な畑に変わるなんてことはありえないし、自ら地を耕し、種を一つ一つ植えて、それでも何かが育つ保証はなく、その努力が実るまでは時間もかかる。でもこの過程の素晴らしいところは、その成長の段階が、畑で新しい芽を見つけるように、手に取るようにわかることだ。私の場合は、それは日本から応援してくれる方々や、facebookのマーケティングで分かるファン層の解析。それらの発見を楽しみに、日進月歩していく中で一番念頭に置いていたいことは、アーティストとしての活動ができることへの感謝の気持ちだ。

Business Trips EP is out on 30th June.
ミニアルバム、 Business Trips EPは6/30リリース。

Spotify- https://open.spotify.com/artist/1pz0eupAVseKPoUKVkNc4k

iTunes- https://itunes.apple.com/gb/artist/rié/id1230234920?l=en

Soundcloud- https://soundcloud.com/rie-music

Youtube- https://www.youtube.com/c/riemusicofficial

https://www.facebook.com/rieriemusic/

 

【番外編・引っ越しました】500-year-old new flat

先週末、引っ越しをした。

We moved house recently-which was my 20th move in my life. Not that I have lived a nomadic life, somehow I have had the habit of moving around, even 5 minutes away or within the same apartment block.

数えてみたら、なんと人生で20回目の引っ越し。色々な地を転々としていたというわけではないのだが、なぜか近所や同じマンションでの引っ越しなど、無駄に引っ越しグセがある。昨年イギリスに越してきたときは、物件を見て回る時間もなかったので、オフィスブロックを改造したフラットを仮住まいとした。これが投資目的のチープな造りで、(ちょうどロンドン火災でも話題になっているが、安い素材を使ったこういった物件が増えてきて厄介なようだ。)色々困らされた住居だった。なんだかんだで良い物件を探し続けて約一年、やっとコレという場所を見つけられたのだ。

Last year we initially moved in to an converted former-office flat in a trading estate that we thought would be temporary until we find a proper place, but ended up taking ages to find the right home. After an endless search, we found “the one”, a 16th century grade2 listed flat in the centre of a lovely Surrey town.

その物件は、なんと16世紀に建てられたという、町の商店街の店舗の2階部分。映画「ホリデー」の撮影地にもなった味のあるこの町は、ほとんどの建物が500歳ぐらいだ。建物自体は変わらず、店舗だけ入れ替わってきた歴史がある。

築500年の歴史を感じさせる家のパーツたち。新しいスタジオは窓がお気に入り。Parts of the flat that shows the history of 500 years. The window is the feature of the new home studio.

イギリスで引っ越し業者を使うのは初めてだったが、パッキングを1からやってくれて、割と丁寧に包装してくれた。荷ほどきは自分たちでやることになるが、2ベッドルーム、パッキング込みで12ー3万ぐらい、日本とあまり変わらないかな?

引っ越しを通し、てまた日本との面白い違いについても気付かされた。いくつかご紹介する、、

イギリスでの引っ越し①引っ越し業者スタッフが断食中

これはイギリスならでは、というわけではないが、今回たまたま利用した引っ越し業者はイスラム系だった。今はちょうどラマダン、断食の時期。ということは、太陽が出ている間は飲まず食わずが基本のルール。ただでさえ過酷な労働の引っ越しという作業を、朝から晩まで断食しながらこなすというハードな彼ら。無事難なくこなしてくれたが、自分には絶対むり!

②掃除は自分で

日本のように敷金から掃除代が引かれるのではなく、基本的に自分たちで引っ越す前に近い状態に戻さないといけないという。日本のような謎の礼金システムはないが、その代わりどれだけ口実を作って後で差し引かれるかもわからず、ちょっと不安。ただ、イギリスでは敷金は第三者の管理会社によって保管されている為、大家や不動産屋による敷金の返金拒否はできないようだ。

(後日談:自分たちで隅から隅まで掃除、敷金は無事返って来ました!)

③音楽はご近所迷惑?

新居のご近所さんに挨拶して、ミュージシャンだから音気になったら言ってねーというとみんな口を揃えて、「音楽好きだからどんどん音出してー聴けるの楽しみにしてるー」と言ってくれる。まだ引っ越して間もないので社交辞令かどうかは定かではないが、この感覚は日本との少し違うのかな?

(後日談:引っ越して2ヶ月、今の所苦情は来ていません〜!)

ちなみに

新居のカーテンを作ろうと思って、ロンドンの個人的な聖地、リバティーデパートを訪れたが、生地がどれも高すぎて断念、、月末にモロッコに行くので、そこで生地を調達できればと思っている。美しすぎるリバティーの生地を、写真だけでも。

(後日談:パリで生地を買ってカーテン作りました〜)

 

 

 

 

 

 

The Art of Music Branding and London Ramen Bars

Since the release of the first single in the UK, there’s been some interesting facts on the social media activity insights. In an era when you can target the demographics to the most specific point, so many unexpected factors can be analyzed from those insights; for example, majority of the new Facebook fans of Rié page are Brazilians. Must be the accent on the “e”, or maybe there’s a large Japanese community there, or it could be that the Facebook population is generally big over there, like in Indonesia(majority of fans of the other Rie fu page are Indonesians). 80 percent of people who checked the music video for St.Martin were, bizarrely, Moroccans. I have no clue why. And to my surprise, the most popular tweets are NOT about my music, but about ramen bars in London…yes, I know, nobody gives a flying fuck about music anymore, it’s all about ramen, right?…No. Rather than being sulky about this, I’m going to do a little analysis on my own to turn it around. This could actually be useful for planning music promotion too; Which is —

The analysis of branding and promotion, seen in London ramen bars

ソーシャルメディアのターゲットが怖いぐらいにピンポイントに狙える時代に、その解析結果が面白いことになってきている。たとえば、Riéとしてファーストシングルをリリースして以来、新しいFacebookページの新たなファンは意外なことに大半がブラジル人。ミュージックビデオをチェックした人たちの8割は、なぜかモロッコ人。ブラジルには大きな日本人コミュニティがあると聞いていたが、モロッコはまるで見当がつかない。Twitterの解析を観ていたら、自分の過去のツイートで一番リアクションが多かったのが、ロンドンのラーメン屋情報、、って本業の音楽の告知ツイートよりリアクションが多いとはどういうこと。日常に身近なネタほど共感できるのは当たり前だし、ロンドンでの音楽活動なんて知ったこっちゃないというのも分からなくもない。とはいえここで卑屈になるのではなく、逆にこれを逆手に取って何かできないかと考えてみた。つまり身近なネタと、自分の音楽のプロモーションを合わせる。そこで考えたのが、

ロンドンのラーメン屋に学ぶ、ブランディングとプロモーション

There are many restaurants run by Japanese, but even though the food is authentic there, somehow the level of presentation is so much better when is comes to ramen bars branded by the locals, or non-Japanese. Japanese have a common rule to focus on the quality of service and food, and not so much on the presentation. (Presentation meaning, the interior, logo, atmosphere, etc.) Japanese simply assume that people would notice and appreciate such value without spelling it out through those presentations. Whereas here, it’s ALL about presentation. So for ramen bars, it’s all about having a neo-pop Japanese retro design posters on the wall and having drum rolls upon customers’ entrance.

ロンドンの人気ラーメン屋の多くは、経営・企画は欧米系。生粋の日本人経営のお店もあり、普通に美味しいのだが、欧米系のお店に比べると、なんというか、「プレゼン力」で圧倒的にインパクトに欠けてしまうのだ。日本では、本質やサービスが重要視され、それらのプレゼンは、「わざわざ大げさに言わなくても分かるでしょ?」的なおごそかな価値観がある。しかしイギリスや欧米では、プレゼンが全て。そこでロンドンのラーメン店ではポップな日本の大正ロマンなポスターが飾られ、来客があるたびに和太鼓が鳴らされる。

ラーメンという日本の文化を発信するブランディング&プロモーション力が、日本人よりも欧米人の方が高いというのは皮肉なことだ。しかし人気店の秘訣を分析するのはそう難しくはない。お店のコンセプトがとてもわかりやすいからだ。今回の記事ではそれらのポイントを、音楽のプロモーション(また大きく捉えて音楽のプロモーション)に応用して考えてみる。

It’s ironic that a Japanese commodity of uniqueness such as gourmet is presented with more impact through Westernized filters. But it’s not that difficult to know the secret to their successful branding, because everything is obvious. So here are the key observations of secrets to branding ramen, in comparison with how it can be applied to music promotion;

1.Logo

Ramen bars—visually catchy, smart and communicative.

Music—I’ve asked a calligrapher friend, Kotaro Hachinohe, to design my artist logo, a combination of flexibility and strength.

①看板
ラーメン屋の場合→わかりやすいアイコンで、キャチーなビジュアル。
音楽活動の場合→今回、書道家の知り合いのKotaro Hachinohe氏にお願いして、しなやかで芯の強い、理想的なロゴ仕上がった。

2.The experience

Ramen—Funky and exotic interior, vibe. With Japanese sakes on the menu, the experience is not just to eat, but also to socialize, drink and have fun in a non-traditional environment.

Music—Funky and exotic groove? That’s hard to imagine, but at least not to be too serious or solemn.

②体験

ラーメン屋→オシャレなネオ和風インテリア、活気のある雰囲気のお店。メニューにお酒も多いので、ただのお食事とプラスアルファで、オシャレで異国情緒漂う環境でワイワイする体験。
音楽→オシャレでわいわいな雰囲気の音楽?とまではいかないが、あまりしんみりと真面目になりすぎないほうがいいのかもしれない。いいかんじのグルーヴ感を大事に。

3.Contents(flavor and sound)

Ramen—I would say the Westernized ramens do have quite an authentic soup broth, but for me it’s a bit too oily and heavy, as the flavor is for the Anglo Saxons’ stomach.

Music—Maintaining the originality and identity, add more spice, impact, and trend.

③コンテンツ(味とサウンド)
ラーメン屋→イギリス人シェフがやっているお店では、豚骨の安定のフレーバーがありつつ、味は濃厚、西洋の胃に適している感じ。
音楽→独自の個性は残しつつ、インパクトを強めに、トレンドの音を取り入れて。上手く郷に従う

4.Service

Ramen—waiting time for the food is about 2-3 times more than Japanese ramen bars, since in Japan it’s considered fast food. But overall service is good, and recently I was surprised to find a hair tie on the table in Bone daddy’s.

Music—No need to rush(?)Be confident and active, considerate and responsive to fans

My husband mistaking the hair ties as edible

④サービス
注文してから出てくるまでの時間は、日本のラーメン店の2-3倍。
店員さんは全体的に元気なかんじで、「ヘイラッシャーイ」と居酒屋風掛け声をしてくるところがにくい。最近行ったお店では、長髪の人用にヘアゴムまで置いてあった。
音楽→あまり媚びすぎず、マイペースを堂々と。でも常にアクティブなイメージは大事に。

5.Cost performace

Ramen—The price is almost double of what you pay in Japan. Something a bit more than fast food.

Music—Live performance should be in a more exclusive environment, a bit more than pub music and dingy basement bars.

⑤コスパ
値段は一杯1500ー2000円ぐらいで、それにサービス料 15ー20%だから、日本と比べるとそれなりに高い。
気軽なファストフードというよりは、少し特別感があるのかもしれない。
音楽→ライブに特別感を。パブやバーの地下などで安っぽくライブすることは避けたい。

See, the topic of Ramen can be applied to music marketing. So here’s the part where I promote my second single, Calling, from my upcoming EP. Themed around the feeling of being an outsider in a small Surrey town, that urges me to call out to communicate and unite. Opposites attract, and the differences are what’s amazing and beautiful.

さて、『ラーメン』というツイッター反応率トップの言葉で釣っておいて、ここで新曲の宣伝。ニューシングル、Callingは、イギリスの田舎町で感じた疎外感をテーマにしている。相反する者たちが、互いに呼び合い、そこからコミュニケーションが始まる。私たちそれぞれの違いこそが、美しく驚異的なことだ。

Rié – Calling 

available on 

 

Apple:

https://itun.es/gb/CJbdkb

 

Spotify:

https://open.spotify.com/album/13bsYbCnrS927DVTQ0n6Ez

 

iTunes:

https://itunes.apple.com/gb/album/calling-single/id1242306780