What I Learned So Far

UK初のEPをリリースしたところで、これまでの音楽プロモーションで気付いた事をご紹介。With the first EP release on the way, here are a few things I have learned so far through promoting music in the UK;

1.Personalized Media

I was surprised that the main source of music publication is shifting from larger media to personal music bloggers—after all, word of mouth is the most reliable source of information, and although personal preference and taste in music are diverse, it’s a great thing that the music/artists and the listeners are communicating even more closer this way. I guess there are less of these music bloggers in Japan, because the corporate power (especially advertisement agencies)is still the strongest.

①メディアの中心は個人の音楽ブログ?

まずはPRの仕事について。私が3年前にオンラインで見つけて、こことしか仕事したくない、と思うほどクライアントの音楽性が素晴らしい会社に、今回のキャンペーンに協力してもらっているのだが、実際にどんな仕事をしてくれるのか?が気になるところだった。ソーシャルメディアはアーティスト本人に任せるという方針だったが、ではそれ以外のサポートとしてどんなことをするのか…それはオンラインの音楽メディア、またブログに私の音楽を紹介するということだった。興味深い点は、それらのブログがほとんど個人で運営しているものだということ。つまり、メディアも受け取り側も、そしてアーティスト側も、みんな大きな会社に所属せず個人単位になりつつあるということだ。『口コミ』と同じことだが、それが今のソーシャルメディアの力で、発信側がメディアにもなりうる時代。これは音楽の本質を届ける上で、とても良いことだ。スポンサーも政治的な圧力も贔屓もない、ただ個人が正直な感想を発信する。ただしそれらの個人サイトはすごい量を日々更新している。趣味で時間があるときにやってますというよりは、ブロガーに徹しているという様子だ。

2.Young Generation

The power of the younger generation is definitely stronger in the UK compared to Japan, when it comes to the key people to drive and take the initiative with trends and activities. I’m talking about the promoters, labels, event organizers and artist relations, as they are the most influential generation for keeping up to date with what’s going on. Whereas in Japan, they were more working for their bosses and as mentioned above, still the most influential element is the political power of corporate agencies. No wonder the marketing format has not changed for many years in Japan, while it’s constantly changing here in the UK.

②主力選手は若手

そのPRを始めとして、ディストリビューター、イベンター、音楽関係者の前線で走っているのはみんな若手、たぶん二十代前半ぐらい。メールでやり取りしていて、実際に会ってみて若っ!となったことが何度もある。それはきっと現場でリアルなトレンドに敏感でいられる世代への信頼が高く、ボスの元で働くというよりは率先して色々な企画を自由に進めているのがわかる。だからこそマーケティング方法は有機的に常に変わっているし、日本のように広告代理店の支配力やマーケティングのテンプレートが何年も変わらず維持されることがない。

3.It’s all manual labour

As a fundamental fact, it all comes down to this—there is no easy way, no automated way. You just have to keep on doing what you do…just like how you can’t throw cash out your window and expect the crops harvested overnight. You have to cultivate the ground, plant the seeds one by one, and still that’s only the beginning and nothing is guaranteed. But the best thing about it is that you can see the growth of your activity at first hand, and you can see clearly where the results came from; for me, the biggest results in numbers so far are the supporters from my fans in Japan, and targeted promotion through Facebook…All I need to do is keep working, manual labour, while enjoying every process, because it’s a privilege just to be able to call myself an artist.

③結局は地道な努力

これを言ってしまえばそれまでなのだが、結局は近道も裏技もなく、ただひたすら地道な努力を積み重ねる他方法はない。窓の外に札束を投げて翌日に豊作な畑に変わるなんてことはありえないし、自ら地を耕し、種を一つ一つ植えて、それでも何かが育つ保証はなく、その努力が実るまでは時間もかかる。でもこの過程の素晴らしいところは、その成長の段階が、畑で新しい芽を見つけるように、手に取るようにわかることだ。私の場合は、それは日本から応援してくれる方々や、facebookのマーケティングで分かるファン層の解析。それらの発見を楽しみに、日進月歩していく中で一番念頭に置いていたいことは、アーティストとしての活動ができることへの感謝の気持ちだ。

Business Trips EP is out on 30th June.
ミニアルバム、 Business Trips EPは6/30リリース。

Spotify- https://open.spotify.com/artist/1pz0eupAVseKPoUKVkNc4k

iTunes- https://itunes.apple.com/gb/artist/rié/id1230234920?l=en

Soundcloud- https://soundcloud.com/rie-music

Youtube- https://www.youtube.com/c/riemusicofficial

https://www.facebook.com/rieriemusic/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です