Moroccan Colors and Trance

English follows

【一言】

すっかりサボってしまっていたブログ、、ここからは、なるべく毎週更新するように心を入れ替えていきます…。まずは、一ヶ月も経ってしまったモロッコの旅ブログから。

———————————————————————

数千年前から変わらない市場の光景。

三角に盛られた香辛料、積み上げられた絨毯、様々な模様の描かれたお皿、タジン鍋…

モロッコは何年も前から行ってみたかった場所だった。実際に今回訪れてみて、期待以上なところも、その期待を裏切られた部分もあった。

期待以上だった部分は、見るものの美しさ。モロッコ芸術のインテリア、伝統工芸、食事の色彩、細部にこだわる模様や、光の芸術。ハマムやアルガンオイル、香料等、こんなにも文化を五感で吸収できる国はなかなか珍しい。

マラケシュの伝統衣装、カフタン
Kaftan costume from Marrakech

逆に期待を裏切られた部分は、モロッコ旅は決して安くない、ということ、、

日本人にとっては買い物天国なマラケシュのスーク。値段交渉が現地独特の文化だというが、『グッドウィルは循環するネ、アナタ好意でわたしにたくさんお金くれる、私その好意を広げていくアルね』と片言の英語で丸め込まれ、『何だかいい話~』とほだされている間に気付いたら散財している。厳しい気候の砂漠地帯で、サボテンのように生き抜くために長年培われてきたモロッコ人の精神なのかもしれない。砂漠から出稼ぎに来ているというターバンぐるぐる巻きのアラジンみたいな人たちも沢山いた。

この時期にモロッコを訪れた理由は、海沿いの街エッサウィラで開催される、北アフリカ・モロッコの伝統音楽、グナワ音楽のフェスティバルが目的。歌声と太鼓(トゥベル)、三線(ゲンブリ)、鉄製カスタネット(カルカバ)で編成されるこの音楽は、儀礼や療法としても使われる元祖トランス音楽。

フェス開催中のエッサウィラに到着すると、寝袋を背負ってモロッコの地方や周辺諸国から来た若者たちで溢れていた。西洋人はごくわずかで、ほとんどバックパッカー、ドレッド率高い。

 

その雰囲気が今までいったフェスと様子が違ったのは、ここはイスラム圏であると言うこと。そのためアルコールを飲んでいる人がいない、カップルも珍しい。純粋に音楽に浸りに来ているようだった。

エッサウィラに行く前に滞在したマラケシュのリヤドで流れていたとある歌が耳に引っかかり、ヒンディ・ザラというモロッコ人女性歌手であることを知ったのだが、タイミングよくグナワフェスにも出演していたため、彼女のライブを見ることができた。町中の円形劇場のバルコニーに絨毯が敷き詰められ、座るのはオットマンのモロッコクッション、という可愛らしいセッティング。ソフトな弾き語りかな、と思いきや、バンドのグナワ、レゲエ音楽のビートと共に髪を振り回すヒンディ。フランスで音楽賞を得るなど人気になった彼女だが、自身のルーツを大事にしているのが伝わって来た。

そしてメインステージのグナワ音楽の巨匠たちによるライブ。何十人もの人たちがカルカバでリズムを刻み、コール&レスポンスのようにメインの歌を追うように観客も踊りながら歌う。何度も言うが本当にクリーンな雰囲気、酔っ払いゼロ、ゴミもなく、輪になって踊っていたりして微笑ましい光景。リズムはシンコペーション、あるいは三拍子といったところで、その絶妙なハズし方はまさにジミーヘンドリクスやボブマーリー、70年代のロックに影響を与えたに違いない。

楽器屋に立ち寄ると、店主たちがジャムセッションをしている。三線を弾かせてもらうと、自然にリズムと歌を合わせてくれる。決まった曲も歌詞もなく、その場のグルーヴで何時間も続けていられそうだった。お店の楽器は全て店主の手作りで、何世代にも渡ってこの小さな港町で楽器を作り演奏し続けている。

IMG_1078

数千年前、著作権もシングルチャートもない時代からずっと変わらない音楽。きっと食事や会話のように自然に生活の一部になっているのだ。

この旅で気づいたことは、普段自分が考えている『音楽』とは、本来の音楽の軸からかけ離れた、後付けされた軽薄なラベルでしかないということ。

自分の名声のためにいい曲を作りたいと考えを巡らす、視聴回数、再生回数を増やすためにミュージックビデオやソーシャルメディアを研究する、、音楽がビジネスになっていること自体、究極を言えば空気を売っているようなもので、その虚構の発想に振り回されて来たのだ。

ラベルを取り払って核に見えたものは、『時間の共有』と言う、音楽が与える恩恵。

モロッコの砂と風の中で、こんなにも純粋な音楽の原点を見つめ直すことができた。

A thousand year-old souk, colorful cones of spices, pattern on plates, tan pots…

Morocco has been on the top of my bucket list for a long time. Last month, I finally made it there and the experience exceeded my expectation.

The Moroccan interior was stunning, and the traditional craftsmanship was refined and detailed. So many colors-food, patterns on the walls, and lights. Bath houses and Argan oils, scents of Frankincense…

Although the bargaining at the markets were a bit tough, I felt as if that has been the way of survival in the harsh desert conditions and ethnic diversities of this amusing country.

The main reason for visiting Morocco this time was year was to experience the festival of the traditional music of Northern Africa and Morocco; Gnaoua. Formed of voice and three instruments―percussion made of Goat’s skin Tbel, three-string guitar Guembri, and metal castanets Qarqaba―Gnaoua music has been an important part of rituals as one of the oldest trance music.

Arriving at the seaside town of Essaouira where this annual festival was held, the streets were filled with local backpackers and a few Westerners with dread-locks. What made the atmosphere so different from all the other festivals I’ve been to was that because of the Islamic culture, were no alcohol, and couples were rarely seen except families. People were there simply to immerse themselves in music.

I heard a song in the Marrakech riad that caught my attention, and found out the singer was performing at this festival the next day. Luckily we had a chance to see her, a Moroccan singer-songwriter who became successful in France, Hindi Zahra. The venue was the rooftop of a small colosseum, adorned with colorful carpets and ottomans. I thought it would be a soft acoustic set, but the band’s groove progressed from Reggae to Gnaoua beats, joined by the Sahara dancers and the singer herself dancing passionately in the middle of the stage. I felt her loyalty and passion for her roots as a Moroccan throughout the set.

More traditional performances were seen on the main stage at the entrance of the town. dozens of men were synchronizing with their qarqaba beats, syncopated or in a fast 3/4, heads spinning with their decorative hats, voice of call and response with the audience. I could see the connections with the 70’s rock musicians like Jimi Hendricks and Zeppelin.

Jam sessions were held in instruments shop, and even when a little Japanese came in they let me play the Guembri, and the session seemed to go on for hours.

Everything about this has remained the same for thousands of years, when there were no copyrights nor billboard charts, a natural part of their lives like conversation and eating.

what I discovered through this trip was that music that I see today is far from the core, only small labels that’s been attached with fickle concepts.

Let’s be honest, I write songs for my own fame, I rack my brain to come up with ideas on how to increase numbers of plays and social media activites…music as a business is ultimately the same as selling something like air, and we are all manipulated by this fabricated concept that music’s value is in a petty thing such as money.

What I saw after taking those small labels covering the core of music off, was the blessing of music; how it allows us to share time.

In the midst of the Moroccan breeze, I was able to re-discover this simple philosophy of music.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です