All About the Money

 

(English follows)

お金のおはなし。

本当は大声ではしたくないおはなし。
しかし人間の血液のように、 社会を循環しているものとしてなくてはならない存在だ。
そしてイギリスでの音楽活動の様子をリアルに綴るブログとしては、避けては通れないのがその現実だ。

メジャーでもインディーズ活動にしても、規模は違えど初期投資なしには何も始まらない。
音源制作のプロダクション、ミュージックビデオ制作、プロモーション、、その他どこに行くのも交通費がかかるし、お腹が空けば食費もかかる。
底なしに湧き上がってくる資金の泉があるわけではないので、逆に底を見極めることが大事になってくる。

実は今回のイギリスでの活動は予算と期間をはっきりと決めている。あらかじめ決めた期間と、予算内でできることを最大限にやる。それで成功すればもちろんそれが一番理想的だが、その他のケースのためにバックアッププランを用意している。
実はこの計画も立て始めていて、その為に秋からとあることをスタートする予定だ。

だからと言って泉が枯れたところで『音楽活動』を休止や引退するわけではない。売れる売れない関係なく続けなければ、元も子もない。アムステルダムのとある美術館では、生涯一枚も絵を売れなかった画家の美術館に毎日4時間の列ができている。自分の生きている時代から 100年後にこんなことになっているとは、ゴッホ本人もアーティスト冥利に尽きるのか尽きないのかはさておき、音楽や芸術はそんなものだ。生きている限り続けてみて100年後に何か起きるかもしれない。

とカッコつけたことを言ってみるが、やはり現実を見なければいけない。
将来、旦那の定年後は私が一家を養わなければと思って色々調べていたら、文化功労者のウィキペディアページにたどり着いた。受賞すれば生涯年金をもらえるという(2017年現在の情報)。これがあれば旦那さんの定年後も安心。

ということで最近できた目標は(笑われる覚悟で!)文化功労者になること。お金を追うよりも、そんな大きな目標を描くほうが、もっと良いことが起きる予感がしている。

Rie fu live 2017

9/15(金)@コニカミノルタプラネタリウム『天空』

9/22(金)@神戸 ガーデンプレイス蘇州園

https://riefu.com/schedules

 

I believe in the unspoken rule that you should never speak about money, let alone actual numbers. I believe in the jinx that money will run away as soon as you do so. But let’s face it, just like blood that circulates the human body, money is what makes up the cycle of activity in the society that we live in.

As I intend to be as candid as possible in this blog, it’s also a topic that I can’t avoid, even going against my own jinx, because it’s the elephant…or rather the dinosaur in the room.

Whether it’s a major label or an indie startup, initial investment is essential to an artist’s activity. Music production, music video, promotion, always costly to be transported anywhere and we always need to be fed.

Unless you have a bottomless fountain of money, it’s important to know how deep(or shallow) that fountain is.

I have set a clear budget and timeline for my venture in the UK market, which has taken over ten years to save up. If it drives activity and any income after the set period, that would be ideal, but in case it doesn’t, I have a plan B, and am starting the preparation for the project from this autumn.

That doesn’t mean I’ll be quitting music as soon as the fountain runs dry. There’s no point in any art if it’s not made in the first place, and even more so if I don’t continue as long as I possibly can. In Amsterdam, there’s a four-hour queue for a museum of an artist who didn’t sell a single painting in his life. Whether Van Gogh himself had foreseen this 100 year ago, music and art are much larger than a lifetime, so the least you can do is keep on pursuing it for the rest of your life.

Having said this, I have to face the reality. I was searching for ways to support my own family in the future, and came across this Japanese version of OBE-Award of Cultural Merit. According to the information as of 2017, whoever receives this award will be paid a pension for the rest of their lives. Maybe this would help support the family even after my husband’s retirement?

So my objective now is to make a big enough achievement to receive that award through music and art. “Dream on”, you might say, but it’s so much more auspicious to chase such dream than to chase money itself.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です