Good is Not Good Enough

(English follows)

この 1〜2週間で、Rie fuとしての作品とRiéとしての作品を連続でリリースする。
意図したことではないが、偶然同じ時期に重なったのだ。
紛らわしさのないように、この二つのプロジェクトについて説明していきたいと思う。

それぞれのアーティスト名の由来は、こちらの記事に書いた通りだ。
それぞれの活動で何がしたいか。ひとことで説明すると、
Rie fuとしては、「良い曲」を
Riéとしては、「異質な曲」を
発表したい。

I’m releasing new tracks over these couple of weeks under the two names Rie fu and Rié. The timing was not intended, it just happened to be around the same time. In order to avoid any confusion, I will explain what the differences of these two projects are about.

The story behind the two separate names were explained in this article.

The easiest way to explain the differences of the two projects is, that I want to create;

Good songs with Rie fu

Extraoridinary songs with Rié
「異質な」という表現は曖昧な部分もあるかもしれないが、英語でいうと、outstanding やextraordinaryといった言葉があてはまる。つまり、他とは違う、聴いたことがない斬新なもの。
ひねくれ者のイギリス人を唸らせるには、「良い曲」では全然物足りない。いい曲すぎるほどダサい、と思う人が大半の文化だ。ピンク・フロイド、ターナー、デミアンハースト然り、この国が生み出してきた伝説のアーティストたちは、例外なくと言っていいほど異質でずば抜けている。自分は既にイギリス人ではないという時点で、他とは違う要素を持っている。だからこそ既存のジャンルの音楽を作るのではなく、誰かの真似をするのではなく、他では聴いたことのない音楽、独自の視点の歌詞を描き出したい。

Personally speaking, a good song is not good enough to release in the U.K. Market—a good song is just a good song, nothing more. In a country that spawned extraordinary artists-whether it’s Pink Floyd, Turner, or Damien Hurst-every single one of them, almost without exception, have done something simply “different”. As a foreigner from a country very far away from the U.K, my identity would be already considered different. That’s why I can’t and should not fit into any genre nor replicate other styles, and focus on being unique.

日本では、特にメジャーレーベル時代は、いつもそのようなジャンルや形式を気にしていた。そして気付いたら、どこか本来の自分らしさを見失いかけていた。そして独立してはじめて気付いたことは、売れる曲を作ろうと思った時点でゲーム・オーバーだということ。なぜならば、売れるものを作ろうと思ったらどうしても、既に売れているものを参考にしてしまうからだ。
もちろんそういう産業が成り立っていることや、それを目指す人々に対しての批判は何もない。ただ、自分に合うか合わないかという問題だ。

When I was in Japan, especially when I was working with a major label, I was always conscious of genres and formats of pop music. As a result, I had lost a part of my originality. I fled from the label to establish my own environment, and that’s when I realized that The game is over once you start thinking about selling yourself. That’s because when you start thinking about such thing, you would always refer to what’s already popular. I have no objection towards the industry and people that replicate a selling-format, but it just wasn’t for me.

とはいえイギリスでも、同様にジャンルやヒットの形式がはっきりしていることを思い知った。トレンドの流れは日本と比べて断然早いが、それでも流行りものに乗っかるという産業は下手したら日本よりも貪欲であからさまだ。
それさえも自分にとって、イギリスが与える試練のような気がしている。革新的な作品を生み出して来たアーティストたちも、その分大きな批評も受けて来て、大きな垣根を超えられるからこそ偉大な作品とも言えるのだ。

However, I have crossed continents to discover that such format is just as well popular here in the U.K. The speed of trend-shift is much faster than Japan, but the tendency to follow the format that’s already selling is even more obvious and contrived. That in itself seems to me as a trial worth challenging. All groundbreaking art are destined to draw criticism, and they become outstanding achievements because they over come those obstacles.

日本ではどうだろうか。良いものは良い、それ以外は「違う、異質なもの」という見方をする文化だ。頑張って垣根を超えたところで得られるものは、「ますます違う、異質なもの」という評価でしかないような気がする。語弊のないように付け足すと、日本の音楽の受け取り方がつまらないというわけではない。そういった感性が日本の美徳ということに、海外から客観的に見てはじめて気付き、逆に、日本人の耳に向けて、普遍的な良さという価値観をテーマにした楽曲を作りたいと思うようになったのだ。

その二つの感性が自分にとっての個性でもあり、二つの音楽を追求していくことを通して、新たな発見があることを楽しみにしている。

How do they percieve uniqueness in Japan? Good things are good, but different things are also just different, nothing more, technically speaking. Even if you overcome the criticism and create something unique and groundbreaking, that’s just another different thing, no other value added. You see, that doesn’t mean that the Japanese appreciation of art is boring, but it’s actually a very significant characteristic amongst the virtues of Japanese culture.

These two characteristics combined are what my mind consist of, and I cannot wait to discover more through pursuing these two styles.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です