Music and Interpreting

またもやブログ投稿の間が空いてしまった、、大学院生活に少し慣れてきたところで、また毎週の更新を再開したいと思います。

この1ヶ月の新たな生活は、この10数年間学生も会社員もしていなかった自分にとって新鮮なもので、眠っていた脳が覚醒されていくような感覚があった。自分が随分長い間『想像』で作り上げるもの(歌や絵画)だけに偏って頭を使っていたことが浮き彫りになるように、現実と自分の思考を照らし合わせてそれを具現化するリハビリが必要だと感じている。何のこっちゃという感じだが、例えば翻訳の課題で本文の意味を自分で勝手に解釈して変えていて、訳にミスがあったりという単純な話だ。

Thes past month has been a wake-up call for my brain, which has been asleep for more than a decade—I haven’t been in school nor in an office-working environment for so long (I’ve never worked in an office, for that matter). For a long time, I have predominantly been “creating” things in my head which has no correct answer, so a rehabilitation process is needed to get myself back reality and focus on aligning with the answers expected in reality…wtf am I saying, right? Well, as a simple example, in a translation task, I tend to “imagine” and alter the context of the original text, things like that. That’s suicidal for a translator.

そんな自分なりのフィルターをかけていると危険な部分もあるが、それでもやはり勉強や研究にクリエイティブな発想は大事だとつくづく思う。芸術と同じように科学でも、少し角度を変えて観てみることで大きな発見があるものだ。そんな発想を大事にするところが、独特な文学、芸術や学問を産み出してきたイギリスならではだなぁと思う。まだまだ勉強を始めたばかりなので偉そうなことは言えないが、感覚的に、この国は特定の分野の勉強をものすごく突き詰めて研究するにはピッタリな環境だと思う。18歳でイギリスに初めて留学した当初の自分は、その環境にはまだ未熟だった部分もあると感じている。イギリス留学は、一度社会人を経験してから勉強し直す場合が一番向いているのかもしれない。

There are dangers in filtering the reality with your own creativity, but I do think that creativity is an essential part of any research or study. Just like art, academic study is the very act of seeing things from a unique perspective. As a country that spawned great scholars, authors and artists, I feel that UK is the perfect place to pursue a niche, focussed field of study. I didn’t know that when I came here at 18, but not I’m starting to enjoy that environment. For an international student, maybe it’s a place where you come back to study after you’ve had your fair share of working and traveling (and earning money for the tuition!).

でもそもそもイギリスに来たのは音楽活動のためなのでは?と言われそうだが、実は興味があるのは音楽と通訳の繋がりなのだ。両方ともライブなコミュニケーションで、音やリズム、時間も関係してくる。この繋がりを自分なりに研究していけたらと思っている。

However, the title of this blog is “How to survive as a Japanese artist in the UK”. The connection with my new found field of study and music is essential. My main interest is how interpreting relates to music; both are live communication involving sound and rhythm, also time…many things I have yet to discover within this topic.

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です