New EP “Levels”

本日、Rié名義での2nd EP “Levels” がリリースになった。

Sptfy→https://open.spotify.com/album/5laMcyDNluG6scwuUraBYj
iTunes→https://itunes.apple.com/jp/album/levels-single/id1271777577

My second EP, “Levels” has been released today!

About the tracks in the 2nd EP:

Levels

A song lyric could be prophetic, surely in this track as “I had been waiting a long long time”—two years—to release it. The song was co-written with an Ivor Novello award winner songwriter/producer Cassel the Beatmaker (who has worked with Plan B, The Streets, Akala, etc) in 2015, when I was just visiting London and was finding my way into getting my music career started here. Those few weeks changed my life, which led me to our decision to move to the UK. The song represents those levels of commitment, time and effort, as well as patience.

正夢のように、歌詞が現実になることがある。『とても長い間待っていた』と歌うこの曲のリリースまで、2年もかかったのだ。始まりは、エドシーランやアデルも受賞した名誉あるアワード、アイヴァーノヴェロアワードを受賞したカセル氏との出会い。2015年にロンドンに数週間滞在し、その間に彼とライティングセッションをしてできた曲。この滞在時の経験は、のちにイギリスに移住する決断の決め手となった。この歌の『レベル』は、人生を変えるような大きな決断のレベルを表現している。

The rap part was created spontaneously at the studio by the talented studio assistant/artist Deacon, and the middle8 was co-written by another talented bassist Chris Webb. I was also amazed by the levels of potential and growth of a song through collaboration.

ラップのパートは全く予想していなくて、スタジオアシスタントのディーコンがラップしだしたのをいいね、と言ってその場で即興で録音したもの。そんな予想外のことが起きるのがコラボライティングの面白さ。

The music video was also very special, as I worked with an amazing athlete Sarah Piercy, winner of the London Marathon women’s wheelchair competition, who has gone through significant levels of challenges and obstacles but has proven her strength through incredible achievements.

ミュージックビデオは、車椅子マラソン優勝者のサラ・ピアシー氏に出演していただいた。様々なレベルの壁を乗り越えた、強くたくましい女性として、この曲の意味合いをさらに深く表現している。

Secrets

We live in a world full of secrets and lies, and it seems that those deceiving tendencies have become more prevalent in these recent years through media, politics, and especially the internet. The old science fiction/future fantasy films are not far-off from what we see today, and I started getting into classic films like Metropolis, 1984, Brazil-type of imagery and concept. As I dug deeper into the video archives, I found a propaganda footage during World War2— ironic that we are still repeating the same thing, the media itself embodying and functioning as a demagogue.

世界は秘密と嘘で溢れている。特にここ数年は、その傾向がメディア、政治、特にネットで高まっている。メトロポリス、1984、ブラジルなど昔のSci-Fiや近未来映画が好きなのだが、それらがシャレにならないようなことが今起きている。そんなビデオアーカイブを手繰っていると、第二次世界大戦中のとあるプロパガンダ映像が目に止まった。現代でも同じようなに、大衆の心理や固定概念を操るメディアが多く見られる。それが国際的な陰謀であれ、不倫騒動であれ、人の言動と『秘密』は切っても切れない関係にある。最大の秘密は、誰もが無意識に、不都合な真実は見なかったことにしていること。それをこの歌で暴露したかった。

So whether it’s a political conspiracy or a little affair, human behavior has been coexisting with Secrets throughout history. But the biggest secret is that people often believe what they want to see, not necessarily the truth. I wanted to expose that in this song.

Save You

The song is about finding a soulmate—I know, sounds cheesy, but for me it was everything but what I had imagined or expected; nothing was straightforward. I realized that we are not attracted to each other’s strengths but our weaknesses, and the reason for two people to be together is to simply save each other. That’s why the other has everything you don’t have, and you have what the other had been missing. When you find a soulmate, you feel rescued and saved. But just because you are saved, it doesn’t mean you are safe. It’s only the beginning of the endeavors to face what the future brings—“holding on to each other, we”ll go through it all together” —hence this song is not a love song, but a fight song.

この曲のテーマは、ソウル・メイトとの出会い。珍しくひねくれていなくてストレートなテーマ、と反応されるかもしれないが、これは個人的な経験が元になっている。学んだことは、人が惹かれ合うのは強さではなく弱さだということ。だからこそお互いないものを持っていて、ときに正反対だったりする。つまり惹かれ合うのはお互いを『救う』為なのだ。しかし『救われた』からといって『安全』なのではなく、その出会いはあくまでも二人の未来に待つ沢山の試練の始まりなのだ。『お互い手を取り合って、乗り越えて行く』という歌詞にあるように、これはラブ・ソングではなくファイト・ソング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です