First show in London

かなり遅ればせながら、今月頭にあった初ロンドンライブのご報告。
昔留学中はよく弾き語りでライブをしていたが、学生じゃないバンドメンバーとライブしたのは初めて。またこちらでマネジメントと一緒に動き出してから初のパフォーマンスでもある。
会場は、お洒落なパブ。ライブエリアがバーと分かれているので、飲みながら大声で話す人々の声をかき消すようにオアシスを歌う系の通常のパブライブよりも良い環境。小さなステージとPAシステムもあり、ライブスペースは50人入ればパンパンなぐらいのこじんまりした大きさ。
セットリストはイギリスでリリースしたEPの中から、St.Martin, Calling, Business Trips, Levels, Save Youの5曲。

Very belated notes about my first gig in London in the beginning of this month. I used to gig around London with just my guitar before, but this was my first time to play with a band, and also first performance since I started to team up with a management in the UK. The venue, the Islington, was a nice cozy cafe, and I had many memories in Angel because I used to live there 10 years ago. I loved the area; close enough to both central London and the East End. Setlist was 5 songs from the released EP: St.Martin, Calling, Business Trips, Levels, Save You.
小さな会場ながら、始めはとても緊張してしまったが、最後の曲になってやっとほぐれてきた。初めてのライブなので自己紹介を兼ねて、衣装とMCで心がけたことがあった。衣装は、日本から持って帰って来た着物と、ヴィンテージのデニムジャケットを合わせたリメイク。着物を着てライブをするとコスプレチックになってしまうので、日本人らしさをアピールしつつも、その中間のイメージをオリジナルな衣装で表現してみようと思った。またMCも、東洋人に親近感を持ってもらうために、ライブ会場のエリアの話(実際に大学生時代に住んでいたエリアで馴染みがあること)またイギリスのコメディーの話(日本人なのにイギリスのコメディー好きアピール)を取り入れた。外国人が日本のお笑い好きと言えばウケるように、イギリスでもコメディーは庶民文化の大きな要素。

Though it was a small venue I got very nervous at first, but the audience gave me a welcoming support. I had my mind set on focussing on one thing other than the performance, which was to deliver a ‘relatable’ impression. A Japanese playing in a British pub might seem a bit exotic, so I wanted to bridge that foreign vibe. I wore vintage kimonos sewed with a denim jacket…kind of a hybrid mix of East meets West garment. Another thing was to talk about British comedy, because humor is the best way of feeling culturally connected.
そんなかんじでライブを進めていく中で、予想以上に観客側から温かい声援があったのが印象的だった。日本のライブのお客さんの優しさが半端ないので、イギリスでは心構えをしておかないとと思っていたのだが、演奏やMCに対して誠実に反応してもらえた。もちろん環境によっては同じ反応とは限らないが、やはりどんな場所でも演奏する側も誠実さを届けることの大切さを感じた。以前受けたパフォーマンストレーニングも役に立ったと思う。姿勢や出で立ちで印象が変わるだけでなく、自信や立ち振る舞いにも変化が出てくること。日本では、シャイなシンガーソングライター=男性が応援したくなる、というようなイメージもあるが、欧米では人前に出てシャイはアウト。もとから決して堂々としている方ではないので、自分で心がけていても、まだまだ課題は多い。苦手なことへの挑戦は、最高の体験だ。

Getting the nerves is always a challenge, but there’s nothing more rewarding than having the opportunity to grow through your experience. Most importantly, having a sincere attitude towards music and performance is what adds original colors to these live shows. I was truly grateful for the sincere audience, for their warm support on my debut show.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です