Best 5 Japanese food to stock in the UK

2度目のイギリス生活、来年の春で早くも2年になる。1度目は18歳のときの留学で、慣れるまでに相当時間がかかった。今回はその頃ほどのカルチャーショックはなかったものの、学生から主婦という環境の違いから、新たに気付いたことも沢山ある。
まずは食事。学生時代は一時期林檎とチョコレートをかじって生き延びていた時期があり、3ヶ月で3キロぐらい太った。今はそんなムリをしたら身体が耐えられない年齢になってきたので、特にイギリスに来てからは和食をメインに作っている。しかも日本にいたら手作りしてなかったもの。たとえば、天ぷら、お好み焼き、竜田揚げなど。コンビニもお惣菜屋さんもないイギリスだからこそ、色々と工夫しながら料理するのもまた楽しい。
お米への追求も増して、日本から色々な種類のお米を調達したり、鉄釜で炊いてみたり、試行錯誤を繰り返したが、結局は日本製の炊飯器を送ってもらって変圧器をかけて炊くのが一番美味しい、という結論に至った。

ここでいきなり、海外生活に欠かせない日本食材ベスト5。

5.片栗粉
 日本にいたらありがたみが薄かった片栗粉。炒め物やさっぱりした揚げ物、天ぷらに使うだけで食感が変わってくる、影の立役者。調べてみたらイギリスではpotato starchというらしいが、やっぱり日本のものとは粉のきめ細やかさが全然違う。
4.フリーズドライ味噌汁
 旦那さんが味噌汁を飲まないので、一人分だけ作るのは面倒、というときにお湯を注ぐだけ、やっぱり味噌汁の味は日本の味。
3.茅乃舎のだし
 海外在住日本人の心の友、茅乃舎だし。野菜だしはスープや洋風の煮物に、あごだしはうどんや和食の煮物に、、色々な種類を試してみたが、一番好きなのは「極みだし」。シンガポールの日本人主婦の間でも人気だったなぁ
2.そば、うどん
 うどんは、つけ麺用の細麺がお気に入り。いつだったか、スーツケース1個全部そばとうどんで帰ってきたことも。
1.カマダのだし醤油
 やっぱり一位は醤油。基本的に、醤油、みりん、酒があればなんでも和食「風」になるもの。みりんと酒は砂糖などでいざとなれば代用が効くが、醤油はやっぱりここのが一番。ぽん酢醤油、刺身醤油と、色々な種類も嬉しい。(あ、賞味期限、、)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です