海外に挑戦することをやめた理由 The art of not giving a f

『海外に挑戦する』なんて、架空の言葉であることに気づいた。

イギリスで『挑戦』するのに一番助けられている戦力は、ほぼ全て日本から来ている。音源制作やミュージックビデオ、ストリーミング、、日本のスタッフの方の真心や会社の仕事のクオリティーは、間違いなく世界最高水準だ。

『挑戦』とは、より強い相手に挑むような意味合いだが、実際には日本人は大変仕事ができるし、優秀なクリエイターもたくさんいる。挑戦なんてする必要ないのだ。決して傲慢になっているわけではなく、実体験からして、明らかなことなのだ。
ではなぜ海外と日本を比べた時、どこかで劣等感につながる傾向にあるのだろうか。

その原因はただ一つ、『自信』。

日本では正解を求められるけど、イギリスでは、正解は一つではなく、自分の意見や個性を主張するという態度が『正解』であるという国民性がある。そして本当に、逆に感心するぐらい、自信に満ちている。

正直、ここ数ヶ月色々悩まされることがあったが、何事も捉え方次第で、そんな一連の出来事を通して、更に自信がついた。今までは、現地の誰かに認めてもらわないといけないんじゃないかと思っていた。だけど気づいたのだ。自分の信念と声がある限り、誰かに認めてもらう必要はない。

自分が自分を認めること、自分を信じること。

もしかしたら日本の社会、教育、文化、
色々な要素が、それらを押し潰している傾向はなきにしもあらずだが、逆にその優秀な協調性のおかげで、日本クオリティーの素晴らしいモノとサービスがあるということも事実。

もう、イギリスの誰にも認めてもらわなくていい。
なぜなら、彼らには消して真似できない、奪えない、個性と声を持っているから。

そして自信を補強していくのは、努力のみ。

だから、もう「海外」に挑戦はしない。

海外にいようと日本にいようと、「自分の自信」に挑戦し続け、実力を上げて行くのみ。
インターネット、ソーシャルメディアで、どこにいてもなんでもできる時代。

もう、誰にも、(イギリスにも)振り回されない!

Culture shock comes in different ways.
It’s been two years since I moved back to the UK, but I’m constantly experiencing a cultural paradigm shift; what I thought was the very fundamental common sense is not always the same case.
And in the midst of this culture shock, I might have discovered the ultimate virtue of Britishness-

The Art of No Giving a f

Seriously. Where do you think punk came from?
Monty Python?
Oscar Wilde, Shakespeare, and Chaucer?

The chaos in this Kingdom creates a cultural and cognitive paradigm shift, and it’s good for the creativity, because it betrays all your common sense. I’d like to take that as a positive thing.

I thought I moved to the UK to “challenge” the UK market. But recently I realized that there is nothing to challenge against, because music is not a competition. It can’t be ranked, it can’t be categorized.
“We don’t know where to place you” was the phrase I often heard about my music. That’s nonsense, because the categories and genres are made up by narrow minded leaches who want to make money out of music by pretending to sound like they know what they’re talking about. But they have no idea, nobody has any idea.

So I’ve made up my mind to challenge one thing;

my own confidence.

The only thing I’m going to challenge is how much I can believe in myself, and to make all the effort to build performance and  strength to support that confidence.

New track “Benevolent Creature”

A new track has been released, titled “Benevolent Creature”.

https://awal.lnk.to/RieBenevolentCreature

The “creatures” in this song are both yourself and the problems you face in life; depression, addiction, bad relationships, or any issues you encounter every day. After all, they all start out as individually “benevolent”, but the problem starts when you try to push away and fight each other. That’s why I want to suggest to “take it by the hand, don’t look away”. Talk to those creatures, shake hands with them. This may not be the absolute solution to all problems, but at least a decent place to start.
Lyrics are as below↓

新曲「Benevolent Creature」をリリースした。UK版のRié名義の新曲。

楽曲視聴、ダウンロードはこちらから。
タイトルの意味を直訳すると、「善なる生き物」。この「生き物」とは、自分自身と、自分が直面する問題の双方を指している。問題とは、精神的な落ち込みや、何かへの依存、人間関係の問題、日頃の些細な悩みなど、全て。これらは大元は「善なる」状態で個々に存在するが、互いに争い合い反発し始めることで、「問題」が悪化していく。この歌に込めたメッセージは、「その手を取って、目をそらさないで」と歌詞にある通り、「生き物」と会話し、手を取り合って行こう、というもの。一曲で問題が全て解決するなんてことはありえないが、第一歩になればいいと思っている。
和訳してみたら、これまた我ながら辛辣な内容!↓

Benevolent Creature

Written by Rié
Oh you’re a benevolent creature
I know it eats you up and lets you down and takes you all around
Oh you’re a benevolent creature
I know it kicks you back and drags you on and drives you out of bounds

Let it go, moving on together
Rolling on, louder, louder

I know it eats you up and lets you down and takes you all around
I know it kicks you back and drags you on and drives you out of bounds
Take it by the hand, don’t look away

Oh you’re a benevolent creature
You don’t need to play it down and keep it up enslaved by the crowd
Oh you’re a benevolent creature
You don’t need to hold it back, pretend it’s fine when you want to scream out loud

(Japanese)
ああ 善なる生き物よ
それはあなたを食い尽くし 落ち込ませ 連れ回すだろう
ああ 善なる生き物よ
それはあなたを蹴り倒し 引きずり 限界を超えさせるだろう

忘れなさい 次の道へ
駆け回るのだ もっと大きな声を出して

それはあなたを食い尽くし 落ち込ませ 連れ回すだろう
それはあなたを蹴り倒し 引きずり 限界を超えさせるだろう
その手を取って 目をそらさないで

ああ 善なる生き物よ
観衆に媚びるために 自ら卑下する必要はない
ああ 善なる生き物よ
本当は叫びたいのに 大丈夫なフリをして 我慢することはない

忘れなさい 次の道へ
駆け回るのだ もっと大きな声を出して