Greenman 2018

週末、イギリスはウェールズ地方で開催されたGreenman festivalに行ってきた。

これが私にとって世界で2番目に最高の音楽フェスになった。(一番はもちろんフジロック)

開催15年目で、“ベスト中規模フェス”に選ばれたこともあるというグリーンマンフェスティバル。ウェールズののどかな丘の麓で開催され、毎年家族連れのリピーターも多く、この通り出演アーティストセレクトのセンスも秀逸。

イケイケでフェス浮かれしているかんじが全くないイメージで、行ってみたらまさにその通りで最高だった。

規模はこじんまりしていて、それぞれステージ間の距離はほんの2、3分。メインのステージは5〜6で、コメディや映画を上映するテントなど、音楽以外にも家族で楽しめるコンテンツが満載。サバイバルな意気込みで挑むフジロックと比べたら、ちょっとした野外のお祭りといったかんじ。イギリスだし、トイレと食事が不安だったが、全然衛生的で、食事も驚くことに値段は高いものの普通に美味しいバーガーや巻き寿司(!)など、種類も豊富だった。そして旦那が喜んでいたのが地元のクラフトビールのバー。使い回し式のカップのお陰でプラスチックカップのポイ捨てもなく、ライブ中にはボランティアの若者たちが掃除して周るのでゴミひとつ落ちていない。ここは本当にイギリス?と目を疑うような光景だった。

客層は半数が家族連れで、子供達が妖精のように駆け回り、その親達はまるでイギリス中のオシャレな中年を集めてきたかのような大人たち。それぞれ読書したりスケッチしたりのんびりと過ごし、ステキなコミューンに来たような感覚だった。

ライブの目当てはThe Lemon Twigs。予想以上にエキセントリックで才能溢れるライブ、間違いなくここ最近で観たライブの中でベストアクトだった。気になっていた若手女子バンドGoat Girlは、フェスには少しまだ早いかな?という僭越ながら上から目線コメント、、小さなパブの箱でならもっと良いライブだったかもしれない。曲と曲との間が、まだ学校の発表会感が抜けない慣れない雰囲気。それもそれで素朴で良いのかもしれないが、もう少し観客への思いやりというか、見せ方を工夫した方が。。とつい思ってしまった。その分、前からライブが観たかったBoningenは、セトリ、曲間、ライブの流れなど、ダイナミックさがすごく考えられていて、まさにフェスのためにあるようなバンドだなと感服。Anna Calviは女性妖艶ロッカーの貫禄が溢れ、MCのシャイな一言のとギャップが可愛らしかった。そして今回新発見したアーティストは、Jack Tyson Charles とAmy Trueというソウル系シンガーたち。どちらのアーティストもこのChai Wallahsというステージで演奏していたのだが、ここが一番お気に入りテントステージになった。のんびりとソウル系のライブを観れる上に、いつでも美味しいチャイティーが飲める。

個人的に感じたこのフェスの感想は、「音楽中心」というよりも「ライフスタイル中心」なフェスだということ。コアな音楽ファンがストイックにステージ元でかじりつくように観ているというよりは、みんな家族や友達と過ごす時間を大事にして来ていて、その後ろで音楽が流れている。決して音楽が無視されているわけではなく、自然なかたちで音楽と融合できる、贅沢な時間。そんな肩の力が抜けたフェスだからこそ、音楽好きの人たちの暮らしの延長線上にある、愛される場所になっているのかもしれない。

 

 

Sounds of Belgium

ベルギーへの週末旅行は、ブリュッセル、ゲント、ブルージュと3日で3つの街を巡った。夕方到着、いかにもベルギーなムール貝とベルギービールで乾杯。

翌日は市内のマグリット美術館を周り、その後中央駅から電車で40分、川沿いの美しい古都ゲントへ。 年に一度の大きな音楽フェス、ゲントフェスティバルが開催中で、今回は旦那さんの同僚のご友人のボートで川クルーズという贅沢なコース。初めて会う私たち夫婦に、現地のツアーガイド並みの丁寧なご案内とホスピタリティを提供していただき、心から感激。イギリス人の常識には驚かされる事が多々あるが、ヨーロッパの人たちはマナーと文化の意識が高く、日本人のおもてなし精神とも共通する気がする(またもやイギリスへの不満じみた事を…ダメダメ。笑)

リアルディズニーシー?というぐらいメルヘンすぎて現実感を忘れる中、街の明かりがつきはじめ、辺りはますます幻想的に。大きなステージもストリートも関係なく、地元の人達が赤ちゃんからご老人まで、夜中までフェスを満喫する。教会もフェス期間中はバーになる。我々は1時ぐらいになるとへとへとになっていたのだが、連れて行って下さった方々含め、全くお疲れの様子なし。体力の違いなのだろうか。。とにかく大盛り上がり。観光客が全然いなかったので(アジア人全然見かけず)、地元で愛される大きなお祭りなのが良く伝わった。音楽のジャンルはというと、ラテンから実験的なもの、オールディーズカバー等幅広く、突如フランダース地方の民謡と思われる歌を合唱しだしたり、ジャンルの垣根を超えてその場の空気を楽しんでいた。

3時就寝、眠い目をこすりながら翌日は隣町のブルージュを観光。ビエンナーレ開催中で、戦後も忠実に再現して復興されたという昔ながらの可愛らしい家々と、アート作品との対比が印象的だった。

ベルギーは誰もが4カ国語以上話せるというコスモポリタンな場所ながら、自国の伝統と歴史が大切にされていて、案内してくれた同僚の方と話していても、その自尊心と愛国心が伝わってくる。むしろ多言語というものを武器として、知識と教養によってヨーロッパの歴史を力強く生き延びてきたのかもしれない。ますますベルギーへの尊敬の気持ちが強くなった。

Colors of France

毒々しい記事が続いたところで、最近の素敵な旅行記を。

二週連続で、フランスとベルギーに行ってきた。イギリスの素晴らしいところは、東京から名古屋大阪間ぐらいの感覚でショートトリップができるところ。事前に予約したりLCCを利用すれば、新幹線代より安く行ける場所もある。

One of the lovely things about UK is the proximity to all the wonderful cities of Europe. Recent weekends have been filled with gorgeous trips to France and Belgium;

フランス

ロンドン中心のSt.Pancrasから電車で二時間ちょっと、パリへ到着。フランスの最大の魅力は、イギリスの食生活を離れ、束の間胃袋が贅沢できるところ。今回はフランスの革命記念日&ワールドカップ決勝というお祭り騒ぎで街がごった返していたので、都会の喧騒を避けてフランス日帰り旅行へ。

エトルタ

イギリス方向へ逆戻り、ノルマンディー地方の海沿いの町。パリからは車で二時間ほど。美しい崖(同じ崖でもイギリスのとは色が違う、、気のせい?)と、輝く海を飛び交うカモメ。砂じゃなくて砂利なのでひんやり座り易く、のどかな午後を過ごせた。ちなみにパリ発は午後4時、ヨーロッパは夏は夜10時迄昼間の明るさなので、それでも充分満喫。

The beautiful seaside town of Étretat. Gazing at the UK from the other side…

ジヴェルニー

モネが住んでいた家へ。そっくりそのまま絵の世界に入ってきたような鮮やかな庭園は圧巻。そして絵で有名な睡蓮。

 

意外だったのは、モネが大の浮世絵コレクターだったという事。一部屋だけでなく、家中ほぼ全ての部屋の壁が浮世絵で埋め尽くされていた。ジャポニズムと印象はとの関係はかなり奥が深い。

The house of Monet in Giverny.  The word picturesque is not enough  to express this grandeur of nature’s colours, not to mention the water lily garden. What was surprising was his vast collection of Japanese prints, adorning the wall sod almost every room in his house.

最終日には、行ってみたかったLumier へ。壁、床全体にプロジェクションされたクリムトの煌びやかな色合いに包まれた。

 

 

次回はベルギー旅行記です。

Next up is Belgium trip!