Sounds of Belgium

ベルギーへの週末旅行は、ブリュッセル、ゲント、ブルージュと3日で3つの街を巡った。夕方到着、いかにもベルギーなムール貝とベルギービールで乾杯。

翌日は市内のマグリット美術館を周り、その後中央駅から電車で40分、川沿いの美しい古都ゲントへ。 年に一度の大きな音楽フェス、ゲントフェスティバルが開催中で、今回は旦那さんの同僚のご友人のボートで川クルーズという贅沢なコース。初めて会う私たち夫婦に、現地のツアーガイド並みの丁寧なご案内とホスピタリティを提供していただき、心から感激。イギリス人の常識には驚かされる事が多々あるが、ヨーロッパの人たちはマナーと文化の意識が高く、日本人のおもてなし精神とも共通する気がする(またもやイギリスへの不満じみた事を…ダメダメ。笑)

リアルディズニーシー?というぐらいメルヘンすぎて現実感を忘れる中、街の明かりがつきはじめ、辺りはますます幻想的に。大きなステージもストリートも関係なく、地元の人達が赤ちゃんからご老人まで、夜中までフェスを満喫する。教会もフェス期間中はバーになる。我々は1時ぐらいになるとへとへとになっていたのだが、連れて行って下さった方々含め、全くお疲れの様子なし。体力の違いなのだろうか。。とにかく大盛り上がり。観光客が全然いなかったので(アジア人全然見かけず)、地元で愛される大きなお祭りなのが良く伝わった。音楽のジャンルはというと、ラテンから実験的なもの、オールディーズカバー等幅広く、突如フランダース地方の民謡と思われる歌を合唱しだしたり、ジャンルの垣根を超えてその場の空気を楽しんでいた。

3時就寝、眠い目をこすりながら翌日は隣町のブルージュを観光。ビエンナーレ開催中で、戦後も忠実に再現して復興されたという昔ながらの可愛らしい家々と、アート作品との対比が印象的だった。

ベルギーは誰もが4カ国語以上話せるというコスモポリタンな場所ながら、自国の伝統と歴史が大切にされていて、案内してくれた同僚の方と話していても、その自尊心と愛国心が伝わってくる。むしろ多言語というものを武器として、知識と教養によってヨーロッパの歴史を力強く生き延びてきたのかもしれない。ますますベルギーへの尊敬の気持ちが強くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です