Greenman 2018

週末、イギリスはウェールズ地方で開催されたGreenman festivalに行ってきた。

これが私にとって世界で2番目に最高の音楽フェスになった。(一番はもちろんフジロック)

開催15年目で、“ベスト中規模フェス”に選ばれたこともあるというグリーンマンフェスティバル。ウェールズののどかな丘の麓で開催され、毎年家族連れのリピーターも多く、この通り出演アーティストセレクトのセンスも秀逸。

イケイケでフェス浮かれしているかんじが全くないイメージで、行ってみたらまさにその通りで最高だった。

規模はこじんまりしていて、それぞれステージ間の距離はほんの2、3分。メインのステージは5〜6で、コメディや映画を上映するテントなど、音楽以外にも家族で楽しめるコンテンツが満載。サバイバルな意気込みで挑むフジロックと比べたら、ちょっとした野外のお祭りといったかんじ。イギリスだし、トイレと食事が不安だったが、全然衛生的で、食事も驚くことに値段は高いものの普通に美味しいバーガーや巻き寿司(!)など、種類も豊富だった。そして旦那が喜んでいたのが地元のクラフトビールのバー。使い回し式のカップのお陰でプラスチックカップのポイ捨てもなく、ライブ中にはボランティアの若者たちが掃除して周るのでゴミひとつ落ちていない。ここは本当にイギリス?と目を疑うような光景だった。

客層は半数が家族連れで、子供達が妖精のように駆け回り、その親達はまるでイギリス中のオシャレな中年を集めてきたかのような大人たち。それぞれ読書したりスケッチしたりのんびりと過ごし、ステキなコミューンに来たような感覚だった。

ライブの目当てはThe Lemon Twigs。予想以上にエキセントリックで才能溢れるライブ、間違いなくここ最近で観たライブの中でベストアクトだった。気になっていた若手女子バンドGoat Girlは、フェスには少しまだ早いかな?という僭越ながら上から目線コメント、、小さなパブの箱でならもっと良いライブだったかもしれない。曲と曲との間が、まだ学校の発表会感が抜けない慣れない雰囲気。それもそれで素朴で良いのかもしれないが、もう少し観客への思いやりというか、見せ方を工夫した方が。。とつい思ってしまった。その分、前からライブが観たかったBoningenは、セトリ、曲間、ライブの流れなど、ダイナミックさがすごく考えられていて、まさにフェスのためにあるようなバンドだなと感服。Anna Calviは女性妖艶ロッカーの貫禄が溢れ、MCのシャイな一言のとギャップが可愛らしかった。そして今回新発見したアーティストは、Jack Tyson Charles とAmy Trueというソウル系シンガーたち。どちらのアーティストもこのChai Wallahsというステージで演奏していたのだが、ここが一番お気に入りテントステージになった。のんびりとソウル系のライブを観れる上に、いつでも美味しいチャイティーが飲める。

個人的に感じたこのフェスの感想は、「音楽中心」というよりも「ライフスタイル中心」なフェスだということ。コアな音楽ファンがストイックにステージ元でかじりつくように観ているというよりは、みんな家族や友達と過ごす時間を大事にして来ていて、その後ろで音楽が流れている。決して音楽が無視されているわけではなく、自然なかたちで音楽と融合できる、贅沢な時間。そんな肩の力が抜けたフェスだからこそ、音楽好きの人たちの暮らしの延長線上にある、愛される場所になっているのかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です