ロンドン大学院生活まとめ

今月頭、卒論を提出し、1年間のロンドン大学院生活を終える事ができた。

10年ぶりに学生に戻り、18,19の時にもっとこうしていれば良かった!と思う教訓を十分に生かして思いっきり楽しんで勉強できた。『課題やらなきゃいけなくてめんどくさい』じゃなくて、『課題があるって何てありがたいんだろう』という精神で、全力で勉強した。では実際、大学院生活はどんな日常だったのか。

どんな授業?

単位は、日本の大学と同じ、必須科目と選択授業で構成される。一学期は、言語別のクラスに分かれる前に、どの言語にも共通する翻訳学の基礎や歴史を学ぶ。評価はほとんどが小論文で、実技試験は翻訳ソフトの試験(教科書やノート持ち込みokなので暗記はなし)、通訳したスピーチを録音し、その自己評価や分析を提出する課題もあった。二学期になると言語別に分かれ、科学技術や医学関係の翻訳の授業を取っていたので、論文の一部や説明書などを訳す課題が出された。これも、試験は決められた時間内での翻訳作業でスピードと正確さが採点され、期限が長めの課題では、どのようにリサーチをしたのか、その訳の結論に至ったのかを別途説明する。大学に通う頻度は週2〜3日という感じ。クラスの規模もバラバラなので、参加型の少人数のものもあれば、大勢の講義形式のものもあった。全体として、単位の半分は卒論。なので、半年間授業があり、もう半年は卒論に当てるというスケジュール構成だった。

学生達の様子は?

半数以上が中国語で、他はアラビア語、ロシア、フランス、ポーランド、ルーマニア、ギリシャ語など。9割が女子。日本人のフルタイムの学生は意外な事に私1人だけだった。全体的に思ったのは、翻訳という、言語間のコミュニケーションの手助けという科目だからか、思いやりがあって優しい雰囲気の人が多かった。特に中国人の女の子達はみんな可愛くて優しく、気を遣うポイントやマナーなど、日本人と似てるなと親近感が湧いた。授業中発言が多いのは、やはりイギリス人系。と言っても母国がイギリスの学生は1〜2割ほど。大半の中国人学生は日本人と似ていて、授業中は少しシャイな様子だった。正直、たった1年間のコースだったが、美大時代の同級生よりも、今後も仲良くしたいなと思える人たちに沢山出会えた、恵まれた出会いの機会になった。

印象的だった授業

一学期で印象的だったのは、通訳の歴史の授業で、先生が手話で授業を進めていた事。その場で手話の通訳の方を介して質問のやり取りなどをして、内容だけでなく現場でどのように通訳という過程がコミュニケーションに影響するのかを体験できた。ちなみに自由課題の小論文で長崎の鎖国時代の通詞(当時の通訳)を題材に書いたのだが、これがとても興味深かった。

また、緊急時通訳/翻訳の授業という選択授業も、貴重な発見のある授業だった。多言語コミュニティでの自然災害や大規模な事件発生時、どのように情報伝達するべきか。ここでも、日本の災害対策の優秀さは世界的に見てもクオリティが高いことを知った。しかし日本はトップダウン社会で、対策や法案ができても現場で生かされきれないという問題点もある。情報拡散や翻訳家同士の連携のためのソーシャルメディアの利用法なども、考えさせられるクラスだった。

印象的だった出来事

全然勉強とは関係ないが、中国人の学生さんたち(10個下)がみんな私の音楽を知ってくれていた事には驚いた。普通に一緒に授業を受けていた子が、『Rie fuの歌ipodに入れてた』と言ってくれたり。日本でも全然知名度低いのに、本当に嬉しびっくり。

実際の学校の様子は、こちらの映像で少しご紹介している。