New album “PLACES”

Recently Iʼve become very spiritual, but “logically”spiritual; everything has a cause and effect, and the best healer is yourself. What you eat makes your body, exercise habits affect your muscles, sleeping habits affect your energy levels, and every word you say or write affects your mind and the behavioral patterns, affecting the world around you and the people surrounding you. It’s basically a ripple-effect, and similarly, lifestyle has a lot to do with music style. Itʼs a very obvious that we easily forget, and I feel like for the first time since Iʼve started songwriting, Iʼve become aware of this.

For the past three years, Iʼve tried electronic-leaning songs, because I thought that was the “current”style. Iʼve worked with brilliant producers and released 2 Eps and 2 singles, which has been amazing. But I realized my lifestyle is not electronic at all; I live in a beautiful countryside listening to birdsongs every morning, smelling the fresh air – the air, I forgot to mention, is another important element like food and sleep. Growing up in Tokyo and living in London during University, this is the first time I really appreciate the clear air and the subtle changes after it rains or when it’s the beginning of spring. I donʼt spend my weekends at clubs or take chemical drugs. I mean, your brain has to be in tune with a certain style of music whether its chemically induced or not. What I meant to say is, that this album IS my lifestyle. Organic and in tune with nature, with a hint of irony for the British rituals seen from a visitorʼs perspective. Emancipation and seclusion, connection and isolation, conformity and idiosyncrasy…a mirrored image of the everyday-British-life. Thereʼs even a song about my husbandʼs daily commute on the M25 (which, of course sounds very frustrated). This is the most true-to-life album Iʼve ever made, without being conscious about the business side of it all…purely for the music. No artificial flavoring or MSG.

I will explain each song;

Ripples – Wider than the ripples of love. This song represents the idea of everything having a cause, and the effect spreading even wider than you think. The core of the ripple-effect should be love, above anything.

Iceland – The funny thing is that I wrote this when I was living in Singapore, thinking of a less-humid location. Such a simple song, but I re-arranged this a dozen times, because it’s easy to over-work a simple song. I got it just right this time, with some multi-lingual section; when I was studying translation at UCL, I asked other students to say “My voice” in their own languages and recorded their voices. There are 10 different languages in this song, and I tried speaking the Icelandic with the help of Google translate.

On Track – “We donʼt know where to place you” was what I had been told over and over ever since I came to the UK, and this song is the counter-attack,“so Iʼll lay down my own track”. Also a song about my commute from Surrey into London, a double-meaning metaphor to the “track” as in “song”.

Soldiers – Talk about counter attacks, this is a fight song, but the type to gently prevail without making a bloody mess. Quiet and a poised soldier, with a strength of an army.

Seasons – I recorded the intro birdsong at 4am, when their chorus is at its peak. Thereʼs also rain, branches as snare and the leaves as hi-hat sounds, collecting audio from the surrounding nature. Thereʼs also sadness and joy, the beautiful cycle of earthʼs creations.

Mirror – the contrasting elements seen from the eyes of a foreigner is reflected in this song. What I see is, once again, the scenes of the nature; “dandelion seed that floats against the green”. I love the dynamic uplift of the chorus, definitely the highlight of this album.

London-based Japanese artist Akio has made such a strong music video for this song that could potentially speak to every one who has called out to loved ones who are no longer with them. Hence the message is that if you reach out, you can see and hear the reflection of the spiritual energy (of loved ones) in everything, and in every moment.
What I like about the video is that despite the sad topic, it leaves you with a positive feeling, as the scenes change from the cloudy indoor to the colorful balloons outside, with subtle changes in the girl’s expression.

Again – The song about commuting on M25. I wonder how many other songs are about this specific topic? All the sarcasm and irony of the British life is summarized in this track.

The City – A comparison between the urban and the suburban life. Growing up in Tokyo, living in the countryside has been an eye-opening experience. The vibrations of the city, and the tranquility of nature; this whole album attempts to pursue the balance between the two lifestyles.

Pulse – I started making this song from the sound of the dishwasher. When all the pots and pans are in the right place, the water inside creates a certain rhythm, and the humming resonates the rhythm. A new genre, dishwasher trance.

Places – One of the dreams I had was to record at Realworld Studios. It came true thanks to this song, it literally took me to places, all around Asia and Europe, and to Realworld, where I got to play on Peter Gabrielʼs tour piano for this recording. Before going to Realworld, I tried re-recording a dozen  times, but never got it right. Iʼve never taken this long to get to a take that Iʼm happy with, but it was certainly worth the journey.

 

New album “Places” is available here 

Mirror

Mirror

Written by Rie fu

I see the mirror reflecting me

On the vast open sky over continent, sea

May these bones and blood make me stronger

I see the mirror reflecting me

On the dandelion seeds that floats against the green

They come and go so grow and prosper

You are a proud one, rooting for the underdogs

Never lost a war against the richest and the poor

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see the mirror reflecting me

On the vast open sky over continent, sea

Continent and sea

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

I see you reflecting me

鏡に反射する私

大陸と海にかかる壮大な空に

この強い血と肉となれ

鏡に反射する私

緑の野原に泳ぐタンポポの種

何度も育ち繁栄をくり返す

あなたは誇り高い 弱者を応援する

富豪と貧民との争いには負けたことがない

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

鏡に反射する私

大陸と海にかかる壮大な空に

大陸と海

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

あなたが私を反射する

Ripples

Ripples

Written by Rie fu

You know, what they say is not true

That after love, it’s all through

Love is not the ending to a story told

It’s only the beginning, we’ve got a long way to go

Everyday I’ll write about it while they’re sleeping

Hoping I could pick out the missing pieces

It’ll be so easy to see the big picture

But instead it leads to a million questions

Everything you see is only on the surface

Sending out the signals in all directions

It’ll be so easy to dive in deeper

There’s more to love than your own reflection

Wider than the ripples

Wider than the ripples

Wider than the ripples of love

Tide is high but I can swim forever

Let your body go and push on forward

It’ll be so easy to spread out wide

But instead they only stack it up high

Wider than the ripples

Wider than the ripples

Wider than the ripples of love

 

リップルズ (波紋)

作詞作曲・Rie fu

愛が生まれたとき

物語のエンディングじゃない

それは長い長い旅の始まり

毎晩みんなが寝ている間に

言葉を紡ぐ

広い視野を持てたらいいのに

疑問が増えるばかり

見えるのは表面だけ

いくつもの信号が交差する

深く潜れればいいのに

反射する自分の顔に惑わされないように

波紋より広く

波紋より広く

愛の波紋より広く

満ち潮の中 永遠に泳げる

身を任せて前に進んで

広がる事は簡単なのに

世間は高く積み上げようとする

波紋より広く

波紋より広く

愛の波紋より広く

音楽業界ジャングルに潜む罠

今朝のニュースで、「モデルデビューできると言われ、撮影費として何十万も請求されたが、その後連絡が途絶えた」というクレームが取り上げられていた。

このようなブラック企業は日本にも多く存在するが、あまり大々的に社会問題になっているイメージはない。

イギリスでは、これらのブラックなトラップは、至る所に溢れている。

いつも日本とイギリスの音楽業界の比較を例えるときに、『きちんと敷かれたレール』(日本)と『野生動物が溢れるジャングル』(イギリス)と説明している。

イギリスの『ジャングル』感をさらに説明するために、今回は私が遭遇した『トラップ(罠)』をご紹介する。

『野生動物』が潜むジャングル

野生動物とは具体的に何なのか、それは、とっても単純。

『自分の利益を第一に考える』

『申し訳ない』とか『空気を読む』という発想は弱みになり、少しでもそんなそぶりを見せれば容赦なく騙される。日本の美徳が、イギリスでは恥と捉えられる部分も少なからずあると思う。4年間のロンドンでの大学生活、その後また2年イギリスで暮らしてみて、文化の違いは十分解っていたと思っていたが、何年経ってもまだまだ日本人らしさが出てしまう。むしろ時間が経つ程、日本人としての自覚が高くなるので、より日本人らしさを意識してしまうとも言える。

『トラップ(罠)』シリーズ

サバイバルゲームを想像してみてほしい。ジャングルの中、様々な落とし穴やトラップが仕掛けてある。イギリスの音楽業界というジャングルに仕掛けられる罠(詐欺とのグレーゾーン)を、ここでご紹介。

その1 ラジオ プロモーター

メールの一文から始まる。

『君の楽曲を聴いて気に入った、ラジオの宣伝をさせてくれ』

イギリスにはプラガーというラジオ宣伝専門の仕事があり、多くの実績を持つ個人プラガーや事務所もある。

自称プラガーというこの方からのメールに、詳細を教えてほしいと返信すると、宣伝プランのパワポが送られてきた。主要ラジオ局に宣伝してくれるという、内容だけ見れば理想的なプラン。しかし日本での自分の経験上、ラジオにアプローチしたところで(よっぽどのメジャーレーベルのプッシュがない限り)曲がオンエアされる保証はない。更には、プロモーション費用として800ポンド(十数万円)かかるという。一度スカイプで話を聞きたいとメールしたら、そこで連絡が途絶えた。なるほど、活動し始めのアーティストをターゲットにメールし、お金だけ先に振り込ませて何もしないとか、アプローチしたけどダメだったとか言い訳を言うのだろう。

その2 イベンター

タチの悪いライブイベンターの定番となっているのが、『ペイ・フォー・プレー』つまり、出演者側が売れなかったチケット分を払うという方式。

とあるイベンターからのSNS経由でのメールには、ロンドン中のライブハウスの日程が送られ、出演したいイベントが選べるという。

〇〇(そのイベンター名)scam(詐欺)で検索すると、『ロンドンライブ情報・ブラックリスト集』サイトなど次々と警告の書き込みが出てきた。

その3 プロモーション、マネジメント

これは個人的に遭遇したことはないが、よくあるパターンが『ソーシャルメディア・コンサル』。これは詐欺だとは言えないし、上手くやればフォロワーが増える可能性もある。

だが最近はどのSNSサイトも、ユーザーの場所、年齢層、趣味等、細かい分析レポートが分かる。個人でも観れるこの情報レポートを、いかにも『私たちプロが分析しました』のように提示してきて、広告費を勧め、その上コンサル料を取る…facebookなどに広告費を出し、少しフォロワーが増えたところで必ずしも直接集客などに繋がる訳ではないところが難しい部分なので、これはあくまで個人的に予算の余裕と費用対効果を信頼できるか、という問題になってくる。

もちろん信頼のおけるプロモーター、イベンター、マネジメントも多数存在する。一番大事なのは、相手の顔が見えるかどうか。

そして金銭面での約束事は必ず事前に書面で交わしておく事。

特に日本ではルーズになってしまいがちなこの項目。良い関係を築くためにも、どんな人とも「疑い」という先入観から始めるようにしている。

Japan Tour 2018

Japan Tour 2018

2週間の日本への滞在を終え、今は空港のラウンジでこれを書いている。

思い返せば、デビュー当時もこうやってイギリスと往復して活動していた。あれから時代が変わり、世界のどこにいても、オンラインで繋がれる今、日本とイギリスの距離感がどんどん近くなっている気がする。だが近くなっても、文化のギャップは広がっていくばかり。工事現場だらけで街並は変わり続けても、社会の考え方は何十年も変わらないままの東京と、何百年も同じ街並ながらも、常に新しい発想やカルチャーに敏感なロンドン。日本は日常が円滑に進む事が重要視される。サービス、流通、交通…その便利さに慣れてしまうと、それが「普通」になってしまい、退屈ささえ覚える事もある。しかし、物事が円滑に進むことのほうが珍しいイギリスのような国で暮らしてみると、いかに日本が素晴らしいか、当たり前に思っていた環境の裏にどれだけの人の努力と働きがあるのか、痛感する。しかしこれでは、常にどこにいても隣の芝生の青さを羨むばかり。自分は大使ではあるまいし、2つの国の架け橋になる使命があるわけでもない。2つの環境をうまく利用してできることを探るのが良いのかもしれない。例えば、日本のでのプロモーションでは自然とイギリスの話に興味を持っていただけるし、イギリスでは日本人ということや日本らしさを個性としてアピールできる。どちらの環境でも、その場所で他とは違うキャラクターを持つ事ができる。

After 2 weeks in Japan, I’m on my way back to the UK, writing this at the airport lounge.

Looking back, when I first made my major label debut, I was commuting between Japan and the UK like this. Since then, time has changed and the world has become a smaller place thanks to the internet, yet the cultural  distance seems to grow more and more apart in the case of Japan and the UK. In a city constantly being rebuilt and renovated, Tokyo still runs according to the same conservative mindset and social expectations. Where the landmarks and houses have aged for more than a hundred years, the social, political, and environmental mindset of London keeps on renewing its standards constantly. After spending a while in Japan, you start taking the social punctuality for granted, almost to the point that it feels dull and mundane. But when you come back to the UK, where the standards of train times and services are very different, you appreciate the diligence that keeps life in japan running like clockwork. My point here is that the grass is always greener on the other side. I’m no diplomat or a cultural mediator; all I can do is to utilize and optimize this environment. For example, when I was promoting my single in Japan, most of the questions asked in interviews were about The culture, music, life in the UK. On the other hand, part of my usp in the UK is the identity as a Japanese. Having these two elements in itself is a unique identity as an artist.

今回の一時帰国は翻訳の勉強を始めてからは初めての帰国だったので、そういった文化の違いを意識するようになった。翻訳の勉強と切っても切れない関係にあるのが、文化。言い回し、ことわざ、ユーモアまでが、それぞれの文化に深く根付いており、だからこそ表面上の言葉の直訳は不可能だ。

様々な「ことば」の背景にどれだけの「内容(context)」が含まれているか比較した論説があり、それによると、日本は世界で最も、ことばに含まれる内容が多い言語だと言う。逆に言えば、少ないことばで多くを語り、むしろことばがなくても伝わることが期待されている。英語は全部言わないと伝わらないし、「空気を読む」という発想もない。空気を読まない人達が集まるとどうなるかというと、そこはジャングル。ぼーっとしてたら置いていかれるし、生き延びるために、真っ先に自分の利益を中心に考える。良い話はたいてい詐欺、善意も信用出来ない。日本の義理、人情、恩、などといった精神は、イギリスでは存在しないのだ。

内容が散漫になってしまったが、何が言いたいかというと、

言語の違いを超えて、そんな文化の違いを常に俯瞰して観て行くことが、今後の活動の指針になるということを、今回のツアーで実感した。それは、大切なファンのみなさんが、Rie fuの曲だけではなく、私自身の人生の変化や成長を見守って下さっていることに、気付いたからだ。

翻訳学でも、「言語」自体にとらわれすぎると、下手な訳になってしまう。言葉を捨てて、コンセプトがシンボルやヴィジョンになったとき、その本来の意味を掴む事ができる。音楽でも、サウンドや音自体にとらわれすぎると、本末転倒になってしまう。物事が円滑に進むことがよしとされる日本だからこそ、一度「音楽活動」を始めると、定期的にリリース、ツアーを繰り返す。そして音楽の中身が薄れ、「音」だけになってしまう。

だからこそ、音楽で伝えたいことは何なのかを、人生経験を通して常に問い続けなければいけない。そのためには、環境の変化も必要だ。時には、長い間同じ環境を保ち続けるということも大事な経験。問題は、その経験を通して何を学び、それによって自分がどう成長できるかということだ。

私が今ここにいる理由を、これからも探してる。

 

New track “Benevolent Creature”

A new track has been released, titled “Benevolent Creature”.

https://awal.lnk.to/RieBenevolentCreature

The “creatures” in this song are both yourself and the problems you face in life; depression, addiction, bad relationships, or any issues you encounter every day. After all, they all start out as individually “benevolent”, but the problem starts when you try to push away and fight each other. That’s why I want to suggest to “take it by the hand, don’t look away”. Talk to those creatures, shake hands with them. This may not be the absolute solution to all problems, but at least a decent place to start.
Lyrics are as below↓

新曲「Benevolent Creature」をリリースした。UK版のRié名義の新曲。

楽曲視聴、ダウンロードはこちらから。
タイトルの意味を直訳すると、「善なる生き物」。この「生き物」とは、自分自身と、自分が直面する問題の双方を指している。問題とは、精神的な落ち込みや、何かへの依存、人間関係の問題、日頃の些細な悩みなど、全て。これらは大元は「善なる」状態で個々に存在するが、互いに争い合い反発し始めることで、「問題」が悪化していく。この歌に込めたメッセージは、「その手を取って、目をそらさないで」と歌詞にある通り、「生き物」と会話し、手を取り合って行こう、というもの。一曲で問題が全て解決するなんてことはありえないが、第一歩になればいいと思っている。
和訳してみたら、これまた我ながら辛辣な内容!↓

Benevolent Creature

Written by Rié
Oh you’re a benevolent creature
I know it eats you up and lets you down and takes you all around
Oh you’re a benevolent creature
I know it kicks you back and drags you on and drives you out of bounds

Let it go, moving on together
Rolling on, louder, louder

I know it eats you up and lets you down and takes you all around
I know it kicks you back and drags you on and drives you out of bounds
Take it by the hand, don’t look away

Oh you’re a benevolent creature
You don’t need to play it down and keep it up enslaved by the crowd
Oh you’re a benevolent creature
You don’t need to hold it back, pretend it’s fine when you want to scream out loud

(Japanese)
ああ 善なる生き物よ
それはあなたを食い尽くし 落ち込ませ 連れ回すだろう
ああ 善なる生き物よ
それはあなたを蹴り倒し 引きずり 限界を超えさせるだろう

忘れなさい 次の道へ
駆け回るのだ もっと大きな声を出して

それはあなたを食い尽くし 落ち込ませ 連れ回すだろう
それはあなたを蹴り倒し 引きずり 限界を超えさせるだろう
その手を取って 目をそらさないで

ああ 善なる生き物よ
観衆に媚びるために 自ら卑下する必要はない
ああ 善なる生き物よ
本当は叫びたいのに 大丈夫なフリをして 我慢することはない

忘れなさい 次の道へ
駆け回るのだ もっと大きな声を出して

First show in London

かなり遅ればせながら、今月頭にあった初ロンドンライブのご報告。
昔留学中はよく弾き語りでライブをしていたが、学生じゃないバンドメンバーとライブしたのは初めて。またこちらでマネジメントと一緒に動き出してから初のパフォーマンスでもある。
会場は、お洒落なパブ。ライブエリアがバーと分かれているので、飲みながら大声で話す人々の声をかき消すようにオアシスを歌う系の通常のパブライブよりも良い環境。小さなステージとPAシステムもあり、ライブスペースは50人入ればパンパンなぐらいのこじんまりした大きさ。
セットリストはイギリスでリリースしたEPの中から、St.Martin, Calling, Business Trips, Levels, Save Youの5曲。

Very belated notes about my first gig in London in the beginning of this month. I used to gig around London with just my guitar before, but this was my first time to play with a band, and also first performance since I started to team up with a management in the UK. The venue, the Islington, was a nice cozy cafe, and I had many memories in Angel because I used to live there 10 years ago. I loved the area; close enough to both central London and the East End. Setlist was 5 songs from the released EP: St.Martin, Calling, Business Trips, Levels, Save You.
小さな会場ながら、始めはとても緊張してしまったが、最後の曲になってやっとほぐれてきた。初めてのライブなので自己紹介を兼ねて、衣装とMCで心がけたことがあった。衣装は、日本から持って帰って来た着物と、ヴィンテージのデニムジャケットを合わせたリメイク。着物を着てライブをするとコスプレチックになってしまうので、日本人らしさをアピールしつつも、その中間のイメージをオリジナルな衣装で表現してみようと思った。またMCも、東洋人に親近感を持ってもらうために、ライブ会場のエリアの話(実際に大学生時代に住んでいたエリアで馴染みがあること)またイギリスのコメディーの話(日本人なのにイギリスのコメディー好きアピール)を取り入れた。外国人が日本のお笑い好きと言えばウケるように、イギリスでもコメディーは庶民文化の大きな要素。

Though it was a small venue I got very nervous at first, but the audience gave me a welcoming support. I had my mind set on focussing on one thing other than the performance, which was to deliver a ‘relatable’ impression. A Japanese playing in a British pub might seem a bit exotic, so I wanted to bridge that foreign vibe. I wore vintage kimonos sewed with a denim jacket…kind of a hybrid mix of East meets West garment. Another thing was to talk about British comedy, because humor is the best way of feeling culturally connected.
そんなかんじでライブを進めていく中で、予想以上に観客側から温かい声援があったのが印象的だった。日本のライブのお客さんの優しさが半端ないので、イギリスでは心構えをしておかないとと思っていたのだが、演奏やMCに対して誠実に反応してもらえた。もちろん環境によっては同じ反応とは限らないが、やはりどんな場所でも演奏する側も誠実さを届けることの大切さを感じた。以前受けたパフォーマンストレーニングも役に立ったと思う。姿勢や出で立ちで印象が変わるだけでなく、自信や立ち振る舞いにも変化が出てくること。日本では、シャイなシンガーソングライター=男性が応援したくなる、というようなイメージもあるが、欧米では人前に出てシャイはアウト。もとから決して堂々としている方ではないので、自分で心がけていても、まだまだ課題は多い。苦手なことへの挑戦は、最高の体験だ。

Getting the nerves is always a challenge, but there’s nothing more rewarding than having the opportunity to grow through your experience. Most importantly, having a sincere attitude towards music and performance is what adds original colors to these live shows. I was truly grateful for the sincere audience, for their warm support on my debut show.

Learning to Drive

ロンドン大学院生活、では実際にどんなことを勉強しているのか、自分のための復習がてら書いていきたいと思う。

翻訳科といっても、言語別の翻訳の課題があるのは医療翻訳の授業ぐらいで、他はどの言語であれ共通の翻訳・通訳理論と、翻訳メモリというコンピューター技術の使い方を学ぶ授業。

(翻訳メモリ(TM)とは、自分または他人が過去に行った翻訳をTMと呼ばれるデータベースに登録しておきリサイクルするツールである。TM には原文と訳文のペアが大量に蓄積されており、翻訳者はWordもしくはエディタなどで翻訳中に翻訳済みの文をTM に登録する操作と、TMを参照してリサイクルできる訳文を探す操作を交互に繰り返す。)

日本翻訳連盟ウェブサイトより引用

全自動の翻訳ではないが、自分が訳したものを記録してくれて、同じものが出てきたら指摘してくれるという翻訳のお助けツール。他にも選択授業でボイスオーバーや字幕などを付けるツールの使い方、ウェブサイトのローカライゼーションの授業など、実用的なことが学べる。

ここまでこのコースで学んだ、翻訳の勉強ってこんなことなんだ?ということ、またそこから気づいたことを書いてみたいと思う。

翻訳理論はイギリスらしく、ここまでやるかというぐらい深く掘り下げて長々と論じていく。たとえば…

  • 同言語間の訳(子供向けに簡単な言葉にするなど)
  • 翻訳者の意思をどのぐらい反映するか
  • 文化の違いでどうしても訳せない言葉の対処法
  • 文章に隠された権力の差をどう再現するか
  • しまいにはわざと『翻訳された文章』のように見せかけて本当はオリジナルの文章、というジャンルの専門分野もあるぐらいだ。

また通訳は翻訳とは違ってその場で瞬時的に行われるものなので、歴史や理論が異なってくる。世界で同時通訳が初めて公式に行われたのは第一次世界大戦後のドイツでの裁判で、二つの言語を話す人が仲介人になった歴史は古代からあるものの、世界規模で記録されている事例はまだ歴史が浅いという。翻訳や通訳が学問として本格的に研究されるようになったのも、20世紀になってからのことなのだ。

そしてここまでで気づいたことは…

  • 翻訳・通訳は実際に訳す作業が大事だと思っていたが、その前に大きな全体像を見ることが必要
  • バイリンガルの人はみんなできると思われがちだが、それは車を買ったら誰でも運転できるという発想と同じようなものかもしれない。路上に出る前に道路標識やルール、シチュエーションごとの対処法を学ぶことが必要。
  • そして何より、美しい日本語をもっと身につけたいと思った。
  • それは、英語が『内容の意味』重視なのに対して、日本語は同じことでも口調や文法の置き換え方によって捉え方が大きく変わってくるからだ。

予想以上の勉強量に疲弊しそうだが、この学べる機会を大事にしていきたいと思う。

 

New EP “Levels”

本日、Rié名義での2nd EP “Levels” がリリースになった。

Sptfy→https://open.spotify.com/album/5laMcyDNluG6scwuUraBYj
iTunes→https://itunes.apple.com/jp/album/levels-single/id1271777577

My second EP, “Levels” has been released today!

About the tracks in the 2nd EP:

Levels

A song lyric could be prophetic, surely in this track as “I had been waiting a long long time”—two years—to release it. The song was co-written with an Ivor Novello award winner songwriter/producer Cassel the Beatmaker (who has worked with Plan B, The Streets, Akala, etc) in 2015, when I was just visiting London and was finding my way into getting my music career started here. Those few weeks changed my life, which led me to our decision to move to the UK. The song represents those levels of commitment, time and effort, as well as patience.

正夢のように、歌詞が現実になることがある。『とても長い間待っていた』と歌うこの曲のリリースまで、2年もかかったのだ。始まりは、エドシーランやアデルも受賞した名誉あるアワード、アイヴァーノヴェロアワードを受賞したカセル氏との出会い。2015年にロンドンに数週間滞在し、その間に彼とライティングセッションをしてできた曲。この滞在時の経験は、のちにイギリスに移住する決断の決め手となった。この歌の『レベル』は、人生を変えるような大きな決断のレベルを表現している。

The rap part was created spontaneously at the studio by the talented studio assistant/artist Deacon, and the middle8 was co-written by another talented bassist Chris Webb. I was also amazed by the levels of potential and growth of a song through collaboration.

ラップのパートは全く予想していなくて、スタジオアシスタントのディーコンがラップしだしたのをいいね、と言ってその場で即興で録音したもの。そんな予想外のことが起きるのがコラボライティングの面白さ。

The music video was also very special, as I worked with an amazing athlete Sarah Piercy, winner of the London Marathon women’s wheelchair competition, who has gone through significant levels of challenges and obstacles but has proven her strength through incredible achievements.

ミュージックビデオは、車椅子マラソン優勝者のサラ・ピアシー氏に出演していただいた。様々なレベルの壁を乗り越えた、強くたくましい女性として、この曲の意味合いをさらに深く表現している。

Secrets

We live in a world full of secrets and lies, and it seems that those deceiving tendencies have become more prevalent in these recent years through media, politics, and especially the internet. The old science fiction/future fantasy films are not far-off from what we see today, and I started getting into classic films like Metropolis, 1984, Brazil-type of imagery and concept. As I dug deeper into the video archives, I found a propaganda footage during World War2— ironic that we are still repeating the same thing, the media itself embodying and functioning as a demagogue.

世界は秘密と嘘で溢れている。特にここ数年は、その傾向がメディア、政治、特にネットで高まっている。メトロポリス、1984、ブラジルなど昔のSci-Fiや近未来映画が好きなのだが、それらがシャレにならないようなことが今起きている。そんなビデオアーカイブを手繰っていると、第二次世界大戦中のとあるプロパガンダ映像が目に止まった。現代でも同じようなに、大衆の心理や固定概念を操るメディアが多く見られる。それが国際的な陰謀であれ、不倫騒動であれ、人の言動と『秘密』は切っても切れない関係にある。最大の秘密は、誰もが無意識に、不都合な真実は見なかったことにしていること。それをこの歌で暴露したかった。

So whether it’s a political conspiracy or a little affair, human behavior has been coexisting with Secrets throughout history. But the biggest secret is that people often believe what they want to see, not necessarily the truth. I wanted to expose that in this song.

Save You

The song is about finding a soulmate—I know, sounds cheesy, but for me it was everything but what I had imagined or expected; nothing was straightforward. I realized that we are not attracted to each other’s strengths but our weaknesses, and the reason for two people to be together is to simply save each other. That’s why the other has everything you don’t have, and you have what the other had been missing. When you find a soulmate, you feel rescued and saved. But just because you are saved, it doesn’t mean you are safe. It’s only the beginning of the endeavors to face what the future brings—“holding on to each other, we”ll go through it all together” —hence this song is not a love song, but a fight song.

この曲のテーマは、ソウル・メイトとの出会い。珍しくひねくれていなくてストレートなテーマ、と反応されるかもしれないが、これは個人的な経験が元になっている。学んだことは、人が惹かれ合うのは強さではなく弱さだということ。だからこそお互いないものを持っていて、ときに正反対だったりする。つまり惹かれ合うのはお互いを『救う』為なのだ。しかし『救われた』からといって『安全』なのではなく、その出会いはあくまでも二人の未来に待つ沢山の試練の始まりなのだ。『お互い手を取り合って、乗り越えて行く』という歌詞にあるように、これはラブ・ソングではなくファイト・ソング。

The End of the Peter Pan Syndrome

 

(English follows)

マイケルジャクソンがそうだったように、アーティストはみんなピーターパンなのではないか?

念のため調べて見ると、ピーターパン症候群とは、ポピュラー心理学における、社会的に未熟な大人のこと。80年代に書かれたとある心理学者の本では、これらの「ピーターパン」との恋愛に走ってしまう女性に、彼らとのうまい付き合い方をアドバイスしている。ミュージシャンとの恋に翻弄される女性たちに、ぜひこの本を紹介したい。

とはいえ正直に言えば、ずっと自称アーティストということに関して、いつも社会との距離感が気になっていた。リアルにネバーランドが建てられるぐらい成功しない限りは、まとわりつく不安はなかなか拭えない。むしろマイケルジャクソンですら、不安に掻き立てられてネバーランドを作ってしまったのではないだろうか?

この歳になって、そろそろピータパン症候群を卒業しなくては、という発想に責められてきている。

『ピーターパン症候群』は正式な精神医学用語ではないということなので、ここで自分なりの分析をしてみたい。

子供の心

日常に遊び心を取り入れる子供の心を持った大人は「良い」意味でお子供の心の持ち主で、時にはルールを破ったり常識ハズレの行動を取るのも、それが周りの人をハッピーにできることなら素晴らしいことだ。それがどこのラインで「イタい」大人になってしまうのか?それは、その目的が独りよがりだったり、人への思いやりや敬意に欠ける行為だ。壊れたモノは直せるが、人の心は修復できない。また、まるで自分のおもちゃを独り占めしたい子供のように、物を共有できない人もオトナげないなと思ってしまう。

そう考えると、愛溢れる歌を歌ってコラボの楽しさを味わえるアーティストは、前者の「良い」子供の心の持ち主が多いのでは?むしろ音楽家自体が、分け隔てなく人々の心に手を伸ばす、子供心の唱道者なのではないだろうか。

ネバーランド

意外と厄介な存在。それは自分だけの空間かもしれないし、内輪の集団が集まる場所かもしれない。どちらにしても、心置きなく何かに没頭できる場所があるのは素晴らしいが、そこにとどまってしまうことは危険だ。だからこそ大事なのがティンカーベルの存在。

ティンクの魔法の粉

ウェンディーたちに空を飛ぶ魔法の粉を吹きかけるのがティンカーベル。アーティストをピーターパンに例えたとき、一番大事なのがこの魔法を吹きかける力だと思う。魔法が効くのは、『幸せなことを思い浮かべる』など本人たちの発想力にかかっているからだ。発信する側の力は、届ける相手の発想をいかに刺激できるか。そういう意味ではピーターパンよりもティンカーベルの方が、理想のアーティスト像なのかもしれない。

まとめ

ピーターパン症候群は卒業しなくてもよいのかもしれない。

子供心は大いに持つべき、ただし広い心で。

ネバーランドに引きこもらず、

一番のポイントは魔法をかける力

 

書きながらピーターパンなんて結構どうでもいいと思ってきてしまっている自分がいるが、近況報告で書いた通り、『待つ』期間には色々なことを考えてしまう。こんなことを考える暇もないぐらい、本業・イギリスの活動で忙しくなりたいものだ。

Michael Jackson was one, and at the end of the day, aren’t all artists Peter Pans?

Let’s review the term. According to Wikipedia, Peter Pan syndrome is the pop-psychology concept of an adult who is socially immature. In a book by Psychologist Dan Kiley, The Wendy Dilemma (1984), he advises women romantically involved with “Peter Pans” how to improve their relationships. I wish I had this book when I was hearing stories from my tormented friends who were dating musicians.

But to be honest, I’ve always felt somewhat socially inadequate calling myself an artist. Although I’m more than grateful to have been able to continue this since I was a teenager, I can’t help but to think that unless you are successful enough to make a real-life Neverland (like Micheal Jackson), this certain insecurity seems to grow as you get older. In fact, wasn’t that insecurity the very thing that made him build Neverland?

Being a child at heart is a wonderful thing, as long as you share and respect others. In that regards, artists are the advocates of such playfulness. But Neverland is a troublesome, dangerous place. that’s why the pixie dust is the key to connect to the outside world; thus, artists may aspire to be Tinker-Bells rather than Peter Pans.