Observation of the Grammys 2017 (as a Japanese artist)

It’s every artists’ s dream to win the Grammy. Of course, it’s one of my aspirations as well; to win in the Best Contemporary Urban World Music written in two or more languages category, or something like that (I always like to scroll down to see the really niche categories).

In Japan, not many artists aspire to the Grammys. The popular dreams they have are to play at Budokan(a prestigious venue), or to perform in Kohaku (Annual music TV show on New Year’s Eve). For those Japanese artists who actually do aspire to the Grammys, what drives the aspiration is to be the pioneer—Japanese are such minorities when it comes to being successful outside Japan. (Which leads to the whole story of me and my husband moving to the U.K to pursue exactly that) To set the records straight, there ARE Japanese artists that have won the Grammys in the past, but not as a singer-songwriter. This year, pianist Mitsuko Uchida won as an accompanist, and producer StarRo and Ryuichi Sakamoto(for his Revenant soundtrack)were nominated.

日本のアーティストに将来の目標を聞けば、たいがい武道館や紅白などといった言葉が出て来る。グラミー賞が夢というアーティストももちろんいるが、それを目指す理由は、海外でグラミー賞というまでの認知度で活躍する日本人アーティストがあまりにも少ない中、先駆者になりたいという野望があるからではないだろうか。私もまさにその開拓精神で、旦那さんぐるみでイギリス移住してきた。もちろん過去に日本人のグラミー賞受賞者はいらっしゃるし、今年はピアニスト内田光子さんの伴奏者としての受賞やstarRoさん、坂本龍一さんのノミネートもあった。しかし過去のノミネート、受賞者の中で日本人シンガーソングライターはまだ一人もいない。

Putting that successful-Japanese-artists-are-a-minority issue(NOT political)aside, this is what I thought about this year’s Grammys. I’m no music journalist, just someone in front of a TV watching the show in Surrey blogging her mind;

Adele’s voice. Listening to her performance, I almost forget how the song went,or even the how the pitch was,  all I’m left with is this richness of voice melting in my ears. It’s like how when you meet a truly attractive person(male or female), you don’t even remember what they were wearing, just overwhelmed by their presence and personality.

そんな「海外の第一線で活躍する日本人シンガーソングライターが少なすぎる問題」はさておき、一視聴者として今年のグラミーショーの感想を書いていきたい。

まずはアデルの声。耳に染み渡る贅沢な声。今歌ったのどんな曲だったっけ、とか、ピッチがどうのとか、どうでもよくなってしまうこの感覚。たとえばとても魅力な人(男女問わず)に会った後、その人の印象に圧倒されすぎて、その人がどんな服を着ていたかなど忘れてしまう感覚。

The past few decades, especially the 70’s and the 80’s have left so much innovative music to be remixed in this generation. So rich that even in 2017, nearly all of the songs you hear on the show are recycled essence of those eras; Michael Jackson’s daughter presenting the Weekend, Daft Punk,  Katy Perry with Bob Marley’s son, Bruno Mars…all of them are brilliant artists, but all I heard was reminiscence, nothing innovative at all.

That’s why I get so inspired when I hear a great voice; a voice is timeless, regardless of any generation or era. Adele, Beyoncé, rappers like ATCQ and Chance the Rapper, I love the raw energy of his voice purely praising the Lord. It’s everything singing stands for.

70、80年代は音楽のイノベーションに溢れていたが、ここ数十年は、それらをリサイクル品ばかりが出回っている。今年のグラミー賞のパフォーマンスでも、マイケルジャクソンの娘に紹介されたザ・ウィークエンド、ダフトパンク、ケイティーペリーとボブマーリーの息子、ブルーノマーズ、、どのアーティストも素晴らしいが、あたらしさは何もない。

だからこそ、唯一無二の声に感銘を受ける。声は年代関係ない。アデル、ビヨンセ、トライブ、、チャンス・ザ・ラッパーのまっすぐに神を讃えるゴスペルのエネルギーなんて、歌うことの真髄を表現している。

In a time when music styles are being over-remixed, maybe now is a time to get raw. To tell the story of your own, in a one and only voice, as simple as that.

I went through so many phases in terms of music style, even in just a year of moving to the U.K. But now I’m settling down to simply writing autobiographical songs, from a unique angle, with production that most compliments my voice. I don’t have a diva voice like Adele or Beyoncé, but I’m grateful for my own voice that God gave me, and am determined to make the most of the gift.

音楽のスタイルやジャンルが使い古されている今の時代だからこそ、原点に戻るべきなのかもしれない。自分のストーリーを、自分の声で伝える。誰にも真似できないもの。 イギリスに来てからのたった一年でもたくさんの音楽的スタイルを模索して来たが、今その原点をやっと見つけられた気がする。アデルやビヨンセのようなdiva声はないけれど、持っている声は他の誰にも真似できない。その神様からの贈り物を、最大限に生かすのみだ。

 

なぜイギリス?Why UK?

(English follows)

18歳で初めてロンドンで一人暮らしを始めたときは、幾度となくこの質問を自分に問いかけていた。
『何でイギリスなんかに来ちゃったんだろう…』

渡英前に妄想を膨らませていたお洒落で英国紳士なイギリスのイメージは、憂鬱な天気と不味い食事、プライドの高い割に怠惰なイギリス人の態度という現実に掻き消され、夢のキャンパスライフとはほど遠いロンドンの大学生活を送っていた。
けれども不思議とこの国では、憂鬱な天気と皮肉家のイギリス人批評家に挑戦するような斬新な芸術家や音楽が誕生している。
そしてイギリス生活に慣れるにつれて、そんな挑発的なインスピレーションが溢れるロンドンという街がたまらなく面白く感じるようになってきた。

I asked myself this many times when I first came to the UK;

“Why the hell did I come to this place…”

The perception of UK as a land of gentlemen in tailored suits and courteous manners was soon replaced by depressing weather and tasteless food, unreliable yet unapologetic services. However, strangely, this country yields innovation and the rising against the dooms of the weather and the cynical critics, manifested in art and music. Something tipped over after a fews months of living in London, and I began to be fascinated by this aggressive approach and inspiration.

今イギリスで音楽活動をスタートさせたいと思ったきっかけは、他でもない人生のパートナーのおかげだ。
パンクで刺激的な70年代の音楽シーンで育ったイギリス人の旦那さんは、私の才能は日本にとどまるには勿体ないぐらい素晴らしいと絶賛してくれた。
自分でそれを認めているわけではないが、人生で一人でもそんなことを言ってくれる人に出会えたことは、才能を持って生まれる以上に幸福なことだ。
彼は2014年から2年間住んでいたシンガポールからイギリスへの会社の転勤を希望してまで、イギリスでアーティストとして成功するという目標への扉を開いてくれた。

The main reason for coming to the UK was the encouragement from my husband. Having grown up in the 70s surrounded by legendary music scenes in his own country, he suggested that I venture outside Japan because my talent could be nurtured. Having such a strong supporter in my life is the luckiest thing. He moved us from Singapore, where we had lived for 2 years, to the UK to open the gates to new possibilities.

この十数年の間で音楽の届け方はソーシャルメディアの存在で大きく変わった。
「今できた歌を誰かに聴いてもらいたい」と思ったらすぐに発信できる時代だ。
そんな今、イギリスの音楽業界を様々な角度から観察し、自分なりの活動方法を模索してきたいと思う。
初めのステップとして決めているのはデジタルシングルのセルフリリース。
楽曲もマスタリングまで完成していて、リリースをサポートしてくれる人たちとの繋がりも少しずつ出来始めている。

In ten years, social media has shifted everything about how we deliver and listen to music. You can deliver a new song instantly, anywhere you are. I aspire to explore these methods and creative process through releasing singles digitally and working with other talents.

08540029

イギリスでの音楽活動の始め方―How to start as a Japanese artist in the UK

(English follows)

このタイトルは今抱えている最大のクエスチョンだ。
そもそもどこから、どうやって始めるのか?
このブログは、イギリスでの音楽活動を模索していく体験をあくまでも個人的な視点や考え方で率直に綴るものであり、数年後の自分に向けた備忘録でもある。

自分にとってこのスタート地点に立つのは初めてではない。
2004年に日本でデビューしてから十数年。
イギリスという新たな環境でまた音楽活動を始めることは、逆戻りしたわけではなく、スパイラルの階段を昇り真上の階にたどり着いたような感覚だ。
そもそも自分はどうやって音楽活動を始めたんだっけ?ふと自分の当時の体験を振り返ってみる。

The title of this article itself  is the biggest question that I have right now. Where do I begin? This blog is a personal journal of exploring the music activities in the UK, to keep a record to remind myself a few years later.

It’s not my first time to be at the starting line of the music venture. It’s been more than a decade since I made a debut in 2004 in Japan, but starting over in the UK doesn’t mean that I’m reverting back, but it’s rather like climbing up the spiral stairs and realizing that I’m directly above where I started. Looking back, how did I begin in the first place?

私がまだ高校生だった頃に曲づくりを始めたのは、ひとつの新聞記事がきっかけだった。
音楽家の千住明さんが書かれていた記事で、
『音楽は、人に聴いてもらって初めて命を持つ』
という言葉に心を打たれ、自分が作ったものに命が宿るなんて!と希望の光が差し込んだようだった。
その頃海外の美大を目指してポートフォリオの作品集を作っていて、(海外の美大は日本と違ってデッザンなど技術的な試験はほとんどなく、ポートフォリオ審査が中心になる)何時間もかけて描く絵画が果たして誰かのためになるのだろうかという葛藤と行き詰まりを感じていた。
そんなときにふと手にしてみたギター。コードも知らずただ音を頼りに、その葛藤の言葉に乗せてメロディーを作っていくことが楽しくて、気付いたら一ヶ月で30曲も曲が生まれていた。

It all started with one newspaper article. It was written by a composer, Akira Senju;

“When music is heard, it comes to life”

These words gave me tremendous hope. At the time, I was preparing a portfolio for art school, and was frustrated by how a drawing or a painting that’s taken hours and days to create will ever influence anyone else. I took up the guitar to take a break from all that, without even knowing what chords are, and found so much pleasure and fun in creating melodies, and came up with 30 songs in one month.

まさに詰まっていた蛇口がひねられ滝のように歌が出てきたのだ。
絵画と違って、複製しても同じ価値をとどけられる音楽。(ライブはまた別として)。
言葉で様々な感情や情景を直接伝えられる歌。
誰かに聴いてもらいたいという一心で、高校の音楽祭で弾き語りをしてみたり、小さなカセットレコーダーでひたすらデモテープを作り始めた。

携帯から(当時は懐かしのiモード)「デモテープ」と検索して一番はじめに出てきたところにこのテープを送ったことがきっかけで、メジャーデビューという素晴らしい幸運に恵まれた。

It was as if the tap had opened; songs came flowing out like a waterfall. Unlike paintings, the value does not diminish even if duplicated (live performance is an exception), and the expressions are more directly conveyed through words, in music.

In the hopes of bringing them to life, I started playing in my high school music festival, and recording a demo in a little cassette tape recorder (circa early 2000s). I searched “demotape” on the bulky foldable mobile phone back then and sent the demo to the top of the search result, which happened to be the label that was generous enough to give me a chance to release my first single in 2004.

これが私の『音楽活動』の始め方だった。
何かの衝動にかられていたようであり、決して、音楽活動をしよう、と思って始めたわけではない。
もしかしたら本当の『音楽活動』とは、その純粋な原点に意味があるのかもしれない。

This was how I started music. It was as if a surge of creative energy started overflowing all of a sudden, and I never intentionally though, “OK, I will start writing music”. After all, maybe “music activity” is all about the innocent and primitive drive.

2006tour2