2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

音楽活動、どんなかんじ?

色々と模索してきているイギリスでの音楽活動。

今どうなっているのか?

当初の予定は、4月にイギリスに引っ越して来たので、夏前にはファーストシングルをセルフリリースする予定だった。

それが、PR会社から協力してくれるとの返事をもらうまで1ヶ月かかり、最初のミーティングに漕ぎ着けるまで更に1ヶ月、その後音楽ライターとの取材をセッティングするのになんと3ヶ月。ちょうど夏休みのシーズンだったというのもあるが、3週間ホリデー行くから、としれっと延期されるのは日本では馴染みのない常識だ。

そして9月。この時期は年間でも最もリリースが多い時期らしく、他のリリースに紛れてしまうのももったいないので11月にしようということになり、それまでにシングルのミュージックビデオを完成させる予定が、直前に出来上がったビデオを大幅に編集し直す必要が出てきて、更に延期←今ココ。

という状況だ。

渡英してからずっと自分の音楽活動の相談に乗ってくれている、長年ロンドンでマネジメントをされているA氏は、中途半端な作品の発表が意味がないとはっきり言ってくれている。曲の良さを信じてくれているからこそ、それに見合ったミュージックビデオと、リリースのタイミングを、とこだわりがあるからこその延期。この感覚、はじめてロンドンの美大にポートフォリオを持っていった時の体験に似ている。初めて持って行ったとき、作品のポテンシャルは認めてくれた上で、更に作品作りを追求してから数ヶ月後もう一度来なさいと言われた。(それは日本での留学フェアだったのでわざわざ渡航する必要はなかったのだが、二度目の面接では快く合格を認めてくれた。)作品にかける時間、こだわり、完成度…出来た作品そのものよりも、繰り返し追求し続けるプロセスの大切さを教えてくれた。17歳の自分にはまだハッキリ分からなかったが、今の状況ではものすごく分かる。何でも、そう簡単には達成できないもの。少しチャレンジして諦めるぐらいだったら、初めから挑戦の意味もない。

 

そうやって試行錯誤している間にできることとして一番大切だと思ったのが、コンテンツづくり。

ミュージックビデオをはじめ、新曲はもちろんのこと、リミックスを頼んだり、新たなクリエイターとコラボしてみたり、、とにかくいざというときに発表出来る素材を沢山作っておきたい。

先日は、リリース予定のEP曲たちをアコースティック録音してきた。

場所は、閑静な住宅地にあるハウススタジオ。ここが素晴らしく良い環境のスタジオだった。(つづく)

img_8415

現地アーティストとのセッションPart2〜海を超えて成功を掴んだタフな一児のママ〜

アメリカ人のネル•ブライデンは、数年前まではニューヨークでウェイトレスをしていた。

彼女はそのとき、得体の知れない恐怖を抱えていたという。

『もし自分の夢に挑戦しなかったら、それを後で後悔することへの恐怖』

イギリスで音楽活動を始めたきっかけを聞くと、そう答えてくれた。

もちろん渡英後すぐに全て順調に行ったわけではなかったという。何時間もドライブして行き着いたギグで誰にも聴いてもらえなかったり、ツアーで泊まらせてもらった家で夜中に酔っぱらった家主の彼女に追い出されるなど、数多くの苦労を乗り越えてきたネル。彼女の風貌は、アニーレノックスばりのスキンヘッド。アルバム制作中にストレスで髪が全て抜けてしまったというが、イギリスに来てからの苦労もそれほど大きなものだったのだろう。そんな彼女も今ではBBC2という中年層向けのラジオ局での常連で、空前のカントリーブームのイギリスでは、彼女の良きアメリカンミュージックなサウンドがその層に人気だ。

そして彼女は半年前には長女を出産した。ご自宅を訪ねると、天使のような赤ちゃんを抱えて迎えてくれた。

ソングライティングセッションを始めると、隣の部屋でお義母さんと赤ちゃんとの笑い声が聴こえてきた。

自分の型を破るためにイギリスに来た自分にとって、彼女の曲のスタイルは少しオーソドックスだったが、そのソウルフルなストーリーを聞きながら曲作りを進めていく中で、沢山の優しいエネルギーをもらった。img_4169

ミュージックビデオ制作 Part1~SIGN~

今やミュージックビデオはSNSでの宣伝方法として、アーティスト写真などよりも重用視されている。

今回初めてイギリスで制作したミュージックビデオの曲は、SIGNというエキセントリックな曲。

夜中の2時に夢の中で出てきた曲で、ぬくっと起きてその時に瞑想状態で書き上げた。

歌詞の意味合いも無意識で作ったものなので、後になって『こういうメッセージだったのか?』と自分でも驚きだった、ユニークな一曲だ。

通常ミュージックビデオの撮影は、コンセプトの打ち合わせから始まり、カメラマンやスタッフの手配、具体的なスケジュール、ロケハン、撮影と過程がある。

独立してからは全ての過程を自分で管理しているが、イギリスでの撮影となると更にそのDIY感の工夫が大事になってくる。

まずはクリエイターと繋がることから始まる。

美大時代の友達に、ロンドンの映像カメラマンを紹介してもらった。

彼は卒業後シネマトグラフィーの勉強を大学院で続け、映像カメラマンとしてBBCや企業の仕事をこなしているという。

ただ、プロダクション会社ではないので、編集などはできないという。

この時期ちょうどPremier Pro(映像編集ソフト)の使い方を学び始めていたので、編集は自分でやることにして、このカメラマンB氏に撮影を依頼する事にした。

撮影場所は、前から気になっていたHackney Wickのグラフィティーアートが多く見られるエリア。見方次第で様々なメッセージが潜むグラフィティーアートが、この曲のコンセプトと繋がった。

img_4226

Hackneyは、私が10年前留学していた頃は、犯罪が多発する危険なエリアで、そのため家賃も安く沢山の若者やアーティストが住むようになった。

そのおかげで10年も経てば治安も改善され、そのかわりにヒップでトレンディなアート、カルチャースポットとして、今では日本で言う吉祥寺的な存在になっている。

ロケハンも自分で行い、撮影ポイントを決めて絵コンテを描いていく。

スタッフはカメラマン、そしてアシスタントさん、ワーホリでロンドンに来ている日本人のヘアメイクの方の3人で決行された。

img_4216

ここで、カメラマンとアシスタントさんの他にもう一人スタッフがいることが大事になってくる。

使用機材は高価なものばかりなので、特にハックニーでは、荷物の見張り番も必要になってくるのだ。

そんなDIYな撮影も、念入りなロケハンのおかげでスケジュール通りに無事終えることができて、編集作業も自分で楽しんで行うことができた。

img_4224

イギリスの若きパフォーマーの特徴

イベントの対バンやパーティーなどで見かけるイギリス人の若手アーティストの特徴として、日本と決定的に違う所は、パフォーマンス力だ。シェイクスピア的演劇大国だからかもしれないが、とにかくステージに上がると彼らはいっきに我らがビヨンセ、と言わんばかりの自己アピール力を発揮する。『すっごく緊張してて、、』とはにかむ女性シンガーを男性が応援したくなるような日本のライブとは真逆で、少しでも自信がなさそうな素振りを見せれば、観客の興味はすぐに失せ、彼らの大声の話し声に歌声が掻き消される。この、『最大限の自信をアピールする』というメンタリティは、日常生活での人間関係や、ビジネスマナーでも見られるイギリスの大きな特徴のようだ。ナイーブ、天然、癒し系、、それらは全て『未熟』や『無能』と見なされてしまうのがイギリスのコミュニケーション社会。子供の頃から大人へもきちんと対応することを刷り込まれるイギリスでは、日本でいう子供の『赤ちゃん言葉』というものもあまり聞いたことがない。
そんな環境で育ったイギリス人、ましてや自らアーティストを志すタイプの人たちは、なおさらライブでの自信が凄い。
ただ、必ずしもその自信に実力が伴っているというわけでもないのが、彼らの面白いギャップだ。あるイベントで対バンしたボーイ・ジョージ風のメイクと衣装の若者、この見た目でどんなパフォーマンスが見られるかとワクワクしていたら曲がダサすぎて拍子抜けしたこともあったし、長髪のジョンレノン風の男性からはポエティックな弾き語りが聴けるだろうと思ったら、思いっきり4コードポップだった、ということもあった。
これはイギリスの人気オーディション番組、”The X Factor”でもたまに見られる傾向だ。お世辞にも歌が上手い、ダンスが上手いとは言えないけど、奇抜な風貌ととんでもない自信でキャラクター勝ちして審査員や視聴者に気に入られるパフォーマーも沢山いる。何でも『とんでもない個性と自信を持って貫いている』という人を応援するのがイギリスならではだ。
そしてイギリスの若手アーティストたちは共演者としての感じもとてもいい。必ず挨拶するし、他のパフォーマンスにも敬意を払うことも忘れない。その点もイギリス人のコミュニケーションマナーの大事な要素として刻み込まれている気質のようだ。

IMG_4259
Oxford Circusの路上バンド、いいかんじ