歴史と気品溢れるスタジオ

img_8414

そのスタジオは、ロンドン北部の閑静な住宅街にあった。

イギリスの家は、築30年で若い方。300歳にもなる老舗物件がゴロゴロあり、それぞれの歴史と伝統を物語る。

この家は、エドワーディアン時代(1900年〜1910年頃)のスタイルを誇る、高い天井、大きな窓と木造の美しい建物。代々受け継がれて来たというこの家は、クラシック音楽好きの家主によって音楽スタジオとして貸し出されている。

リハーサル、撮影、レコーディング、ライブまで、幅広く使える施設として、ミュージシャンたちに愛されている様子が家の端々から伝わって来た。

フルコンサイズのグランドピアノからは、重厚な音が鳴る。普段キーボードで練習しているので、久々に生ピアノを触る。

img_8418

今回は、リリース予定のEPの楽曲達をピアノ弾き語りで録音するという撮影だった。カメラアングルを何パターンか変えて、3曲の曲たちを何度か録音していく。

img_8393

だんだんと感情移入していく中で、このピアノと空間に溶け込んでいけるような、贅沢な時間だった。こんな場所をリハスタとして使えるなんて、やっぱりロンドンは最高だ。

現地プロデューサーとのセッションPart4~海沿いの町に住むアーティスト~

イギリス南の海沿いの町、ブライトン。太陽と海を求めてこの地に移住する人も年々増えていて、おしゃれなカフェやお店も沢山見られる。
ミュージシャンのコミュニティーもあるそうだが、今回はそんなブライトンに、知り合いに紹介してもらった、とあるアーティストを訪ねた。
味のある歌声の持ち主で、トラックメーカー、最近はファンク•ソウル•ネオジャズ系のバンドを始めているというジェームズ•バークリー氏。
彼は7年程前に、ロンドン郊外(ちょうど私が今住んでいるあたりの南西)からここに引っ越して来たという。
イベントやパーティーでの出張バンドのメンバーとして、(日本と違ってヨーロッパやアメリカでは結婚式、会社の忘年会などのイベントでは生バンドを呼んで演奏してもらうことが多い)また音楽の先生などをして生計を立てる傍らで、自らの音楽活動もしているという。
事前に最近私が作っている音源等を送っていたので、彼はそれに合わせてトラックを準備していてくれた。イメージもピッタリで、トラックのサウンドもエレクトロの中にドラマチックなセンスが光る。イントロで、ジェームスブレイク並のメランコリックな彼の歌声のコーラスが入ってくると、一瞬でこの音源が気に入った。
ガールフレンドとシェアしているというフラットには彼女がペイントした絵が飾られていて、いいかんじに肩の力が抜けたアーティスティックな雰囲気。リビングの一角にスタジオスペースがあり、ソファーに座ると、飼い猫が横でうずくまる。作ってくれたトラックに合わせてメロディーを作っていき、その都度録音していくという進め方で、3、4時間ほどで曲が完成した。img_8036