ビートルズがAll You Need is Loveに行き着いたように

4月にイギリスに引っ越して以来初めての帰国、日本と中国でのツアーが無事終了した。

企画からブッキングまで全てやるようにやってしばらく経つので、その過程には慣れてきたが(中国は現地のイベンターさんが呼んでくれた)、中国の就労ビザの申請に手間取ったり、送った物販の数が足りなかったりと、まだまだ完璧にこなせない部分もあった。しかし一番大切なことはライブの演奏を始めとして、全ての過程に愛があることだ。

言葉も環境も違う中国でのライブをして気付いたことは、愛を持てば言葉を超えて伝わるということ。前の記事で、愛を込められている料理とその過程について書いたが、音楽も全く同じだ。ほぼ全員が、私の音楽をアニメを通して知ってくれたという中国のお客さんに話したのはこのようなことだった。

「日本といえばアニメやアイドルという印象が多いと思う。テーマは宇宙だったり超人的なパワーだったり、想像力を際限なく広げられる場としてアニメは素晴らしい文化。音楽でも、アイドルなど理想を演出したものが多いかもしれない。私は人間味のある、親近感の持てる存在として、お客さんと直接話したい、コミュニケーションを取りたい。そこで常に心がけているものは、愛です。」

ビートルズがAll You Need is Loveに行き着いたように、キリストの究極のメッセージが自分の命をも犠牲にする愛だったように、全ての答えは愛なのかもしれない。

スタッフによって綺麗に環境を作ってもらった中で音楽活動をスタートさせた、12年前。

今、ひとつひとつの過程を自分で行っていくことは何の苦労にもならないと言ったら嘘になるが、そこにこそ大きな意味がある。それは、その過程の中で関わる人たちとの間に、『愛』を感じられるという大きな幸せがあるからだ。

CDのプレス会社の社内でアルバムを聴き込んで下さり、その愛が製造過程に込められていること。

ファンの方がプレゼントしてくれた手作りアクセサリーが可愛すぎて、それをツアーグッズとして制作依頼していること。

その物販をライブ会場に送るとき、宅急便の配達の方が、箱に書いてあるRie fuという名前を見て、アルバムを持っていると話してくれたこと。

私の至らない部分も広い心で受け入れ、一から一緒にライブを作っていってくれる素晴らしいミュージシャンやスタッフの方々。

出演オファーを下さるライブ会場ブッキングの方々。中国のイベンターさんはわざわざ知り合いの方を通して連絡を下さり、昨年に引き続き今年も呼んでくれた。ライブ前の連絡も本当にこまめで、現地でも食事など素晴らしいおもてなしをしてくれた。

そしてライブに足を運び、音楽を通して同じ時間を一緒に過ごしてくださるお客さま。

音楽活動=愛でしかない。それは世界の、宇宙のどこに行っても同じだ。

中国に呼んでくれたイベンターXLiveスタッフと渡航メンバー

ツアーの準備part3〜ライブグッズ〜

ライブグッズのデザインは、毎回楽しみにしていること。

ペイターとしての要素も取り入れる貴重な機会だ。

最近では、商品開発に携わっている会社員の弟に意見を聞くようになった。そこで印象的だった意見が、ライブの『体験』を持って帰ってもらえることを心がけること。

デザイン性も大事だが、すぐ観てロゴが分かり易いことや、グッズを通してライブを思い出してもらうことの大切さもポイントだということにハッとさせられた。

たとえばペインティングを使ったデザインは抽象的なデザインになりがちだが、ロゴなどの『グッズ』としての要素を強調することは、自分では気付かなかったポイントだ。

そんな要素を取り入れて、今年はバッグ、メガネケース、ペイントアクセサリー、ツアーカタログなどを作っている。

もともと私のライブにて手作りのアクセサリーをプレゼントしてくれたアクセサリーデザイナーのlululaさんは、ここ数年に渡ってコラボグッズを制作してくれている。

デザインはコラボグッズ以外は全て自分でデザインする所からはじまり、最近ではどの国にいてもネット上でオーダーすることができる。日本の会社は本当に仕事がきっちりしているし商品の創りも信頼できる。

img_8343 img_7906

Rie fu Winter TOUR 2016
12/9(金)Osaka Knave
http://riefu.com/schedules/1476 
12/10(土)Nagoya K.Dハポン
http://riefunagoya2016.peatix.com 
12/11(日)Yokohama MotionBlue
http://motionblue.co.jp/artists/rie_fu/
12/17(土)Shanghai QSW Hall
12/18(日)Beijing Tango Hall

一時帰国、ツアーの準備part1〜会場選び〜

冬のツアーが始まる。日本と中国、計5カ所。

日本でのライブは今年の4月ぶりだ。

日本での活動には心から救われている。

海外での活動への勇気をもらっている。海外に引っ越したからといって拠点が変わるわけではない、

活動の拠点は、一人でも聴いてくれる人がいれば、どこにでも行きたい。

そして日本で今まで活動してきた体験は、今の自分の生活の土台になっている。

少しでも音楽を通して御礼を伝えたい一心で、ツアーを企画してきた。

ここで、ツアーの企画のプロセスを紹介したいと思う。

通常は半年前ぐらいから会場を押さえるところから始まる。大きな企画だと一年前だ。

今回はWinter Liveと題し、クリスマスの雰囲気がある場所を選びたかったので、関東は横浜の赤煉瓦倉庫にあるMotion Blueを選んだ。

大阪では、以前からお世話になっていて、素敵なグランドピアノがあるKnave、名古屋は隠れ家風のアットホームの雰囲気が心地よいk.d.ハポン。

そして中国ライブは、去年大変お世話になった現地イベンターさんがまた呼んでくれたので、会場選びも信頼してお任せできた。

ライブの企画はイベンターさんを通す場合と、直接ライブ会場とやり取りする場合がある。

イベンターさんの大きな役割はチケッティングや宣伝だが、ここ数年で心強い味方のチケッティングサービスのPeatixを利用させていただいている。

プロモーションもSNS上がメインになってきた時代、宣伝サポートや参加者の管理もとても分かり易い。

会場を決めたのが約半年前のことだった。ここからコツコツとツアー準備が始まる。

 

Rie fu Winter TOUR 2016

12/9(金)Osaka Knave

http://riefu.com/schedules/1476 

12/10(土)Nagoya K.Dハポン

http://riefunagoya2016.peatix.com 

12/11(日)Yokohama MotionBlue

http://motionblue.co.jp/artists/rie_fu/

12/17(土)Shanghai QSW Hall

12/18(日)Beijing Tango Hall

img_0619