今イギリスでちょっと話題の人

イギリスの国民的なオーディンション番組、The X Factor.

ワン・ダイレクション、レオナ・ルイスなどを輩出したことで有名なこの番組は、音楽業界の黒幕、毒舌サイモン•カウルがプロデュースや審査員に関わっていることで有名なのだが、4人の芸能人審査員に加えて、視聴者からの投票で毎月オーディション参加者のランキングが発表される。

個人的にはこれはとんでもないビジネスモデルだと思っている。視聴者投票とはいえ携帯からの投票には多少お金がかかる。更に番組内で賞金や賞品があり、視聴者が応募できる仕組みになっている。つまりテレビ上の宝くじだ。賞金額に比べて応募者数ははるかに多く、番組側はこれから売り出していくオーディション優勝者候補の大々的なプロモーションをしながら、同時にスポンサー以外からもお金を巻き上げることができのだ。

プロのアーティストを目指すソロやグループの若者が中心のこのオーディション番組だが、その中でも今年は風変わりなコンテスタントとして注目されているのが、自称ラップアーティスト、ハニーG。

(日本からも試聴できる??↑)

nintchdbpict000262191289どう見てもイタいジャージ姿のオバチャンでありながらも自信満々に振る舞う態度で注目されているが、パフォーマンスはというと意外とリズムからズレていないしバカにできないクオリティ。この絶妙なキャラクターに、視聴者からは賛否両論の反応だ。

 

cuzpadaxeaatsp9

実はこれは俳優がキャラを演じていて番組のやらせなのでは、という説や、実はデイビッド・キャメロン元首相なのでは?というギャグまで出て来ているほどだが、

こうやって書いているとつくづくこれってイギリスだけの内輪ネタだなとも思えてくる。日本でもくだらない芸能ニュースで盛り上がるように、これも島国の共通点なのだろうか?と。

イギリス版流行語大賞があるとすれば今年はハニーGかもしれない。