〜番外編〜結婚記念日

今月の10日、ドイツのハンブルグで3年目の結婚記念日を迎えた。

旦那さんの出張だったので、今回は一緒についていくことにしたのだ。

img_8653img_8660美しい港町のハンブルグは、ドイツで二番目に大きな都市。戦前、戦後と貿易の中心地となっていて、巨大な赤煉瓦倉庫街や貿易で財を成した富豪たちの上品な家が並んでいた。ちょうど雪景色でクリスマスマーケットの準備をしている時期だった。

img_8651

プライベートなことをあまり大々的に書くのは恐縮だが、このブログで書いている音楽活動と結婚生活とは非常に大きな繋がりがある。

というのも、音楽活動だけでなく、どんなキャリアにおいても身近なパートナーの理解とサポートは切っても切れない関係だからだ。

今まで身近な人たちから、(自分の目標や夢を話すと)そんなことできっこないよと言われたこともが何度かある。5年前にレコード会社に所属していた頃、震災後に何か自分にできることを企画したいと話すと、あなたほどの知名度では何やっても意味ないよと言われた。その一言で、レコード会社を辞めて独立すると決めたのだった。

自分の所属するレーベルでも会社でも、友人やパートナーでも、自分にとって良い存在か判断する基準はただ一つ、自分を肯定してくれるかどうか。

旦那さんはイギリスに来てから何度も弱音を吐くたびに、どれだけ私の才能を信じてくれているか、繰り返し語ってくれた。

お互いを大切にすること以上に、肯定すること、信じることの大切さを、この3年間で教わってきた。

何があってもパートナーを否定してはいけないし、卑下する発言もしてはいけない。

私よりも随分と人生経験の豊富な旦那さんを、同じように私からも最大限に信じて支えて行くこと…これからの大きな目標だ。

0116

音楽活動、どんなかんじ?

色々と模索してきているイギリスでの音楽活動。

今どうなっているのか?

当初の予定は、4月にイギリスに引っ越して来たので、夏前にはファーストシングルをセルフリリースする予定だった。

それが、PR会社から協力してくれるとの返事をもらうまで1ヶ月かかり、最初のミーティングに漕ぎ着けるまで更に1ヶ月、その後音楽ライターとの取材をセッティングするのになんと3ヶ月。ちょうど夏休みのシーズンだったというのもあるが、3週間ホリデー行くから、としれっと延期されるのは日本では馴染みのない常識だ。

そして9月。この時期は年間でも最もリリースが多い時期らしく、他のリリースに紛れてしまうのももったいないので11月にしようということになり、それまでにシングルのミュージックビデオを完成させる予定が、直前に出来上がったビデオを大幅に編集し直す必要が出てきて、更に延期←今ココ。

という状況だ。

渡英してからずっと自分の音楽活動の相談に乗ってくれている、長年ロンドンでマネジメントをされているA氏は、中途半端な作品の発表が意味がないとはっきり言ってくれている。曲の良さを信じてくれているからこそ、それに見合ったミュージックビデオと、リリースのタイミングを、とこだわりがあるからこその延期。この感覚、はじめてロンドンの美大にポートフォリオを持っていった時の体験に似ている。初めて持って行ったとき、作品のポテンシャルは認めてくれた上で、更に作品作りを追求してから数ヶ月後もう一度来なさいと言われた。(それは日本での留学フェアだったのでわざわざ渡航する必要はなかったのだが、二度目の面接では快く合格を認めてくれた。)作品にかける時間、こだわり、完成度…出来た作品そのものよりも、繰り返し追求し続けるプロセスの大切さを教えてくれた。17歳の自分にはまだハッキリ分からなかったが、今の状況ではものすごく分かる。何でも、そう簡単には達成できないもの。少しチャレンジして諦めるぐらいだったら、初めから挑戦の意味もない。

 

そうやって試行錯誤している間にできることとして一番大切だと思ったのが、コンテンツづくり。

ミュージックビデオをはじめ、新曲はもちろんのこと、リミックスを頼んだり、新たなクリエイターとコラボしてみたり、、とにかくいざというときに発表出来る素材を沢山作っておきたい。

先日は、リリース予定のEP曲たちをアコースティック録音してきた。

場所は、閑静な住宅地にあるハウススタジオ。ここが素晴らしく良い環境のスタジオだった。(つづく)

img_8415

初めてのミュージカル楽曲制作

ニューヨークのブロードウェイと並んで、ロンドンではミュージカル、演劇の劇場が沢山見られる。

演劇文化自体はアメリカが誕生するずっと前までさかのぼり、演出はアメリカの派手さに比べてイギリスの演劇は言葉遊びや哲学的なところまで深く追求する傾向がある。

ロンドンに来てからもいくつかのミュージカルを観たが、中でもマチルダは最高に素晴らしかった。6歳の女の子の不思議な才能がテーマなのだが、その子の健気な演技と、ステージセットを巧妙に使った演出、歌も含めてイギリスならではの人間の内面に向かったストーリーテリングだった。

img_8356

キンキーブーツは、田舎の経営困難に陥った靴工場が、ひょんなことからドラグクイーン向けのド派手で挑発的(kinky)なブーツを作ることになる、というコメディーだ。これも、ただのエンターテイメントとしてのドラグクイーンショーではなく、人間模様を軸として、人それぞれありのままの趣味趣向を受け入れるというメッセージを伝えてくれた。何よりも素晴らしいのがシンディ•ローパーが手がける音楽。彼女の音楽には不思議と心の芯の部分をワクワクさせてくれる力があり、Time After Timeなどの数曲しか知らなかったが、これを機にもっと聴いてみたいと思った。

img_8564

自分もいつかはミュージカルの楽曲を作ってみたい、と思っていた矢先に、ボイトレコーチの方がミュージカルを演出されるとのことで、その楽曲制作の話をいただいた。ストーリーは、日本の物語、赤い蝋燭と人魚。子供の頃に聴いたことがある、悲しく怖さもある物語。イギリスの観客に向けてどんな演出が成されるのか、興味深い企画だ。

楽曲は、脚本をいただいてからイメージを膨らませていく。ミュージカルということでより展開をカラフルに、ドラマチックにできる。今回は劇中の3曲を提供している。

オープニングナイトでは、評論家からも好評なレビューをもらったというこの演劇。もともと地下鉄が掘られた場所だったという、螺旋階段を下った大きな筒状の劇場で、シンプルながら細部までこだわった演出と、パフォーマンスの起伏が印象的だった。イギリス人にも理解し易い説明を加えつつ、日本らしさも十分に盛り込まれた英語版、The Red Candle-Mermaids in the East-は今月20まで公演されているので、ロンドンにお住まいや旅行でいらっしゃる方はぜひ。

img_8567

現地アーティストとのセッションPart2〜海を超えて成功を掴んだタフな一児のママ〜

アメリカ人のネル•ブライデンは、数年前まではニューヨークでウェイトレスをしていた。

彼女はそのとき、得体の知れない恐怖を抱えていたという。

『もし自分の夢に挑戦しなかったら、それを後で後悔することへの恐怖』

イギリスで音楽活動を始めたきっかけを聞くと、そう答えてくれた。

もちろん渡英後すぐに全て順調に行ったわけではなかったという。何時間もドライブして行き着いたギグで誰にも聴いてもらえなかったり、ツアーで泊まらせてもらった家で夜中に酔っぱらった家主の彼女に追い出されるなど、数多くの苦労を乗り越えてきたネル。彼女の風貌は、アニーレノックスばりのスキンヘッド。アルバム制作中にストレスで髪が全て抜けてしまったというが、イギリスに来てからの苦労もそれほど大きなものだったのだろう。そんな彼女も今ではBBC2という中年層向けのラジオ局での常連で、空前のカントリーブームのイギリスでは、彼女の良きアメリカンミュージックなサウンドがその層に人気だ。

そして彼女は半年前には長女を出産した。ご自宅を訪ねると、天使のような赤ちゃんを抱えて迎えてくれた。

ソングライティングセッションを始めると、隣の部屋でお義母さんと赤ちゃんとの笑い声が聴こえてきた。

自分の型を破るためにイギリスに来た自分にとって、彼女の曲のスタイルは少しオーソドックスだったが、そのソウルフルなストーリーを聞きながら曲作りを進めていく中で、沢山の優しいエネルギーをもらった。img_4169

MV制作 Part3~St.Martin-in-the-Fields~

このミュージックビデオの撮影チームは兄弟による映像会社だ。
なんと5人の男兄弟だというマン・ブラザーズというチームは、イギリスに来て依頼お世話になっている、某日本人ギタリストのマネージャーA氏に紹介していただいた。
打ち合わせでは、曲のコンセプトを丁寧に紐解いてくれて、それにピッタリのアイディアを次々と出してくれた。
この曲は、実はロンドンに対する複雑な心境が込められている。
イギリスでの音楽活動という目的、その前に立ちふさがる障害物はたった一つ、自分の自信の揺らぎだ。
その自信を揺るがせるものも一つしかない、それは他人からの否定的な意見だ。
このブログでも以前書いた記事に、弁護士から言われた、『出来ない理由』。
この歌は、そんな意見に対抗する歌。

そんなことをチームに話すと、それらのコンセプトを、ダンサーの動きを通して表現することを提案してくれた。
二人のダンサーが、そういった『障害物』を表現する振り付けで私の両脇から出て来る。
その中を、揺るぎない自信を持つ表情で進んでいくことで、歌のテーマである芯の強さを表現するというものだ。

すぐに、撮影にちょうどいいスタジオを見つけてくれて、スケジュールも決まった。
スタジオは、白い壁と高い天井ながらも、決して無機質ではなく、木の床がいい味を出している。

mb_riefu10
振り付け師と二人のダンサーは、念入りにコンセプトに沿った振り付けを考えてくれて、テイク数も最小限に順調に撮影が進んだ。
ウエストエンドでのミュージカルにも出ているというダンサーたち。
イギリスではやはりパフォーミングアーツに対する環境も良く、こういった素晴らしいダンサーがすぐに見つかるのもロンドンならではなのではないだろうか。

mb_riefu9mb_riefu12そして驚いたのは、兄弟のチームワーク。映像の制作現場では、撮影よりもセッティングの方がはるかに時間がかかるもので、チーム内での効率の良いコミュニケーションが重要になってくるが、
さすが血のつながった兄弟、まさに阿吽の呼吸で撮影が進んでいった。

兄弟喧嘩はしないの?と聞くと、そこもプロ意識を持って、クライアントがいないときにこっそりと喧嘩することもあるよ、と話してくれた。
img_7807

MV制作 Part2~Business Trips~

このMVは、シンガポールで行った。撮影時はまだシンガポールに住んでいたので、現地のクリエイターとのコラボの機会を探していたのだ。

ちょうどそんなときに、現地の名門美大、ラサールの映像科の卒業制作の発表会に行く機会があり、そこで観た作品たちのクオリティの高さに驚いた。

この学校は、イギリスのThe Puttman Schoolという映像学校と提携を結んでいるため、イギリスが誇る高い映像科教育の恩恵も受けている。

そのとき見た作品では、エリート志向のシンガポールの中での社会的弱者やアンダーグラウンドな世界をテーマにしたドキュメンタリーが印象的で、

どれもコンセプトが面白く、シネマトグラフフィーもプロフェッショナル顔負けのクオリティーだった。

ラサールの先生に紹介していただき、最近卒業してプロダクションを設立したTanglin Filmsに制作を依頼した。

彼らは現役の学生からの信頼もあつく、ボランティアを募ると15人近くの学生さんたちが協力してくれて、大学にある撮影スタジオに、3日間ほぼ徹夜でベニヤ板やダンボールで大掛かりなステージセットを作ってくれた。

img_5168img_5146

プロのプロダクション会社でもこの手際の良さには敵わないのではないだろうか、とういぐらい頼もしい学生さんたち。風格もこの通り!

img_5152

日本でも10本以上ミュージックビデオの撮影現場を目の当たりにしてきたが、こんなに活気のある現場は初めてだった。

そして黙々と作業していた学生さんの一人が、撮影終了後に、私の音楽をずっと聴いていてくれたと話してくれて、サインを求めてくれたのが嬉しかった。

img_5190

この撮影中は、普段関わる事がなかった現地の学生さんたちとの貴重な交流の機会にもなった。

完成した作品のクオリティーも素晴らしいものだった。

日本からシンガポールへ、そこで出会った人たちのアイディアと力で、海を渡ってイギリスで発表できる作品になったことに感激だ。

ミュージックビデオ制作 Part1~SIGN~

今やミュージックビデオはSNSでの宣伝方法として、アーティスト写真などよりも重用視されている。

今回初めてイギリスで制作したミュージックビデオの曲は、SIGNというエキセントリックな曲。

夜中の2時に夢の中で出てきた曲で、ぬくっと起きてその時に瞑想状態で書き上げた。

歌詞の意味合いも無意識で作ったものなので、後になって『こういうメッセージだったのか?』と自分でも驚きだった、ユニークな一曲だ。

通常ミュージックビデオの撮影は、コンセプトの打ち合わせから始まり、カメラマンやスタッフの手配、具体的なスケジュール、ロケハン、撮影と過程がある。

独立してからは全ての過程を自分で管理しているが、イギリスでの撮影となると更にそのDIY感の工夫が大事になってくる。

まずはクリエイターと繋がることから始まる。

美大時代の友達に、ロンドンの映像カメラマンを紹介してもらった。

彼は卒業後シネマトグラフィーの勉強を大学院で続け、映像カメラマンとしてBBCや企業の仕事をこなしているという。

ただ、プロダクション会社ではないので、編集などはできないという。

この時期ちょうどPremier Pro(映像編集ソフト)の使い方を学び始めていたので、編集は自分でやることにして、このカメラマンB氏に撮影を依頼する事にした。

撮影場所は、前から気になっていたHackney Wickのグラフィティーアートが多く見られるエリア。見方次第で様々なメッセージが潜むグラフィティーアートが、この曲のコンセプトと繋がった。

img_4226

Hackneyは、私が10年前留学していた頃は、犯罪が多発する危険なエリアで、そのため家賃も安く沢山の若者やアーティストが住むようになった。

そのおかげで10年も経てば治安も改善され、そのかわりにヒップでトレンディなアート、カルチャースポットとして、今では日本で言う吉祥寺的な存在になっている。

ロケハンも自分で行い、撮影ポイントを決めて絵コンテを描いていく。

スタッフはカメラマン、そしてアシスタントさん、ワーホリでロンドンに来ている日本人のヘアメイクの方の3人で決行された。

img_4216

ここで、カメラマンとアシスタントさんの他にもう一人スタッフがいることが大事になってくる。

使用機材は高価なものばかりなので、特にハックニーでは、荷物の見張り番も必要になってくるのだ。

そんなDIYな撮影も、念入りなロケハンのおかげでスケジュール通りに無事終えることができて、編集作業も自分で楽しんで行うことができた。

img_4224

日本語vs英語 発声法の違い

腹式呼吸はクラシックな歌の勉強では基本的な知識かもしれないが、日本のポップスのジャンルでは実は意識されることはあまりない。実際にJ-POPの音楽を聴いても喉から歌っている歌手が少なくない。

それと比べて英語圏の歌手は、ポップスでもほとんどが自然に習わなくても腹式呼吸ができている場合が多い。

この日本との差はなぜなのか?と考えてみたときに、2つの言語のとある特性が思い浮かんだ。

―英語は言葉の中で母音を伸ばすことがとても多く、喉を開放しながら話す事ができる。

たとえば

How Are You?

は3回大きく伸ばすところがあるのと比べて、

日本語は

オゲンキデスカ?

と(アイウエオ以外)全ての音に子音が入っているので、短い呼吸で小刻みに発声するため、

毎回深く腹式呼吸しているひまがないのだ。

そのため、歌うときもつい喉から発声する癖がついてしまっているのではないだろうか。

よって英語圏では、腹から声を張り上げていくホイットニーやマライヤ系のアーティストが多く自然発生し、日本ではうわずった声(特にビジュアル系はそれが顕著)系が多発するのかもしれない。

今密かに個人的に日本での英語教育についてのプロジェクトを考えているのだが、もしかして『呼吸』から意識すると日本語に慣れた舌でも英語が自然な音で発音出来るようになるのかもしれない。

言語と発声法の関係、これからもっと研究していきたいものだ。

イギリスで初めてのボイストレーニング

イギリスでの習い事シリーズ。

歌手というものを12年間やってきた中で、実は一度もボイトレというものを受けた事がない。

ボイトレをすると自分の歌い方の個性が失われてしまうとデビュー当時から言われてきたからだ。

イギリスでの目標はアーティストとして成長する事、が一番。それに関わることなら何でも試してみたいと思っているので、ここで初めてのボイトレを受けてみる事にした。

ボイトレの先生は、日本の劇団四季、ニューヨーク、ロンドンと、クラシックからニュージカルまで幅広く学び経験を積んで来られた日本人のIさん。

レッスンでは、今までの自分の歌への考えが覆される発想を学ぶ事ができた。

今まで自分の身体を楽器として考えたことはあまりなかったが、つい肩で呼吸してしまっている癖、高音になると喉に意識が言ってしまう癖など、沢山の改善できるところに気付くことができた。

喉はあくまでも通気口で、お腹のまわりを膨らませるようにして声を出していくレッスン。

お腹に風船に空気を入れるように、だんだんストレッチさせていくと、体全体の酸素の循環も良くなって爽快な感覚だ。何度かのレッスンで、今迄出せなかったキーも喉を意識せずに出るようになった。

むしろ意識しなければしないほど良い声が出るというのが不思議だ。

パフォーマンスレッスンと同様、このレッスンも、全く違う歌い方を身につけるのではなく、自分の声の個性の最大の力強さを引き出すこと、そして喉への負担を最小限にすることが大事だということが、大変参考になった。

もっと早く知っておけば良かった!というほど目からウロコのレッスンだった。

パフォーマンス力を身につけるには?part2

今回パフォーマンスコーチングをしてくれたリチャードさんの勤める会社、Grant Pearson Brown Consulting Ltdは、大企業のリーダークラスの人たちにスピーチやプレゼン、ピッチング、メディアインタビュー等のコーチングをしているという。

具体的には、話し声のトーン、間の取り方、視線やジェスチャーなどを科学的に分析して、より説得力のあるパフォーマンスへと導くという方法らしい。

更には、心理学的に効果的な仕草や話し方もあるという。これらをほんの少し心がけるだけで与える印象を大きく変えることができる。

トレーニング方法としては、実際に話しているところをビデオに撮ることなどで自分の癖にまず気付くことから始まった。

自分の癖や印象は、本人が一番気付かないことだったりするからだ。

面白いと思ったのは、プレゼンテーションでは、実は話す内容よりもそれを『どうやって』伝えているかということが相手にとって一番印象深いという研究結果。

一回目のトレーニングを終えた後は、今までのパフォーマンスへの概念から、より客観的な観点を意識できるようになった。

それは無理矢理欧米風のオーバーアクションな話し方を身につけるのではなく、自分の個性や芯の強さを最大限に表現することが肝になる。

大事なのは、聞き手が何人であろうと、それぞれ一人一人に語りかけている空気を創り出す事、というアドバイスが印象的だった。

そんなことを心がけるのは、人前で話すのが苦手な自分にとっても、決して難しくないのだ。

今後日本でもこのようなコーチングの需要が高くなっていくに違いない。

ステージだけではなく日常生活やビジネスのコミュニケーションでも生かせるスキルだ。