2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

現地プロデューサーとのセッションPart4~海沿いの町に住むアーティスト~

イギリス南の海沿いの町、ブライトン。太陽と海を求めてこの地に移住する人も年々増えていて、おしゃれなカフェやお店も沢山見られる。
ミュージシャンのコミュニティーもあるそうだが、今回はそんなブライトンに、知り合いに紹介してもらった、とあるアーティストを訪ねた。
味のある歌声の持ち主で、トラックメーカー、最近はファンク•ソウル•ネオジャズ系のバンドを始めているというジェームズ•バークリー氏。
彼は7年程前に、ロンドン郊外(ちょうど私が今住んでいるあたりの南西)からここに引っ越して来たという。
イベントやパーティーでの出張バンドのメンバーとして、(日本と違ってヨーロッパやアメリカでは結婚式、会社の忘年会などのイベントでは生バンドを呼んで演奏してもらうことが多い)また音楽の先生などをして生計を立てる傍らで、自らの音楽活動もしているという。
事前に最近私が作っている音源等を送っていたので、彼はそれに合わせてトラックを準備していてくれた。イメージもピッタリで、トラックのサウンドもエレクトロの中にドラマチックなセンスが光る。イントロで、ジェームスブレイク並のメランコリックな彼の歌声のコーラスが入ってくると、一瞬でこの音源が気に入った。
ガールフレンドとシェアしているというフラットには彼女がペイントした絵が飾られていて、いいかんじに肩の力が抜けたアーティスティックな雰囲気。リビングの一角にスタジオスペースがあり、ソファーに座ると、飼い猫が横でうずくまる。作ってくれたトラックに合わせてメロディーを作っていき、その都度録音していくという進め方で、3、4時間ほどで曲が完成した。img_8036

 

現地アーティストとのセッションPart3~思いがけないりえふーファン~

昨年、ロンドンで活動をされている某日本人ギタリストの方のライブを拝見する機会があった。

ライブのアフターパーティーでドレッドの黒人のお兄ちゃんが『アーユーりえふー?』と話しかけてくれた。

日本でもそんなことなんて全然ないのに、ロンドンで、しかも見た目もいかにも日本のアニメ好きの風貌ではない方に声をかけられるとは、驚きだった。

聞いてみるとドラゴンボールを観て育ったそうで、その世代では日本のアニメが『オタク』なジャンルではなくユースカルチャーの一部になっているという。

私がエンディングテーマを担当していたガンダムやブリーチも大好きだそうで、それらのアニメを通して私の音楽を知ってくれていたという。

顔まで認識してくれるとは結構知ってくれているほうだ。

イタリア人のハーフだという彼は、イタリアとロンドンで音楽活動をしているという。送ってくれた音源はアーバンでセンスのいい音だった。私がイギリスに引っ越したタイミングでコラボしよう、ということになった。

北西ロンドンにある彼の自宅スタジオを訪ねると、家の裏庭に作られた可愛らしい手作りの小屋だった。機材も自分たちで集めてきたという。

彼の友人のトラックメイカーと3人で、ビートとコードに合わせてメロディーを作ってみる。

地元の音楽好きが集まってよくセッションしているようで、友人と集まって遊ぶ延長で純粋に音楽作りを楽しんでいるバイブス(あえてこの言葉を使わせていただく)が伝わってきた。img_6956

 

音楽ジャーナリストと会ってみる Part2

ロンドンから北へ電車で30分、とあるロンドン郊外の駅。音楽ジャーナリストP氏は飼い犬と一緒に現れた。

近くのカフェで話を始める。

「実は今日歯が痛くなっちゃって、歯医者の予約が予定していたミーティングの時間とぶつかっちゃって、、」キャンセルしたいと言っていた驚きの理由だ。

忙しい中で時間を作ってくれた御礼を言うと、「僕タイピングするのが遅いから、色々締め切りがギリギリなんだよね」とまた天然発言。ライターでタイピング遅いってアナタ。散々予定を狂わされてきたが、なぜか憎めないタイプのP氏だった。

P氏は、まずは私の日本での活動に興味があるようだった。過去に活動歴がある人と話すときは、それぞれによって過去の話をしたがらない人も多いという。

私にとっては、これからのイギリスでの活動は、リセットではなく今迄の活動の延長線上だ。日本からアジア、そしてイギリス、ヨーロッパと、自分の力でどこまで進んで行けるか挑戦したい。

そして日本人のシンガーソングライターとしても、イギリスで活動することは未開拓の道だ。だからこそ挑戦する意義がある、そんな話をした。

何ヶ月も待って得られた取材の機会を最大に生かしたかったので、事前に様々な質問に対応できるように自己分析してきた。伝えたいキーワードも書き出した。その準備のおかげで、「これ言っておけばよかった、、」と思うことはなく、無事取材を終えられた。

ミーティングの最後に私からもP氏に質問した。

「今のイギリスの音楽シーンを3つの言葉で表現するとしたら?」

「うーん難しいなぁ、僕が音楽メディアで紹介する音楽はほとんどがアメリカかカナダのアーティストだからなー。

強いて言えば、エイミーワインハウスやアデルの登場以降、ソロアーティストがかなり増えたことかな?」

パンクロック、スカ、ニューウェーブ、ブリットポップなど様々なシーンを作ってきたイギリス。今はまさにソロアーティストの実力と個性が試される時代なのかもしれない。

IMG_7284

ネットワーキング・パーティー

二つの苦手な言葉、『業界』『コネクション』。こう書いてみるといやらしいが、ネットワーキング・パーティーなるものにも行ってみることにした。
まずは、先日訪れた音楽出版社が主催していた、800人が集まったタイルヤードでのパーティー。業界パーティーというが、ゲストリストはないのでかなりオープンな様子。
この日旦那さんは仕事の食事会があったので、なんと一人で乗り込むことになってしまった。
沢山の人がいすぎる上に知っている人は主催者のみというかなりのアウェイ戦。
そんな状況でとっさに思いついた解決策は、いいかんじに酔っぱらうこと!
知らないうちに色々な人に話しかけたり、飲み物をおごってもらっていたり(バーで注がれるのは確認してから)しているうちに、安物ワインを4杯も飲んでいた。
幸いその時点で、食事会が終わった旦那と合流し、ギリギリお酒に呑まれることなく帰路についたのだが、
この日の記憶はあまりないのでネットワーキングという目標は達成せずに終わった。。
唯一の教訓は、一人でパーティーに乗り込むのはやめたほうがいい、ということ!
二度目に参加したネットワーキングパーティーは、イギリスの音楽作家コミュニティが主催するもので、こちらはネットで調べて行ったので主催者どころか一人も知り合いがいなかった。
が、今回はネットワーキングのプロの旦那さんが一緒に来てくれたので、彼の巧みなソーシャルスキルのおかげで次々と新たな人たちと話すことができた。
音楽関係ではないにしても、こういったネットワーキングパーティーには慣れている旦那さん。アーティストとして自分から話しかけるよりも、あたかもマネージャーのように振る舞う旦那さんから、『日本から来たアーティストを紹介させてくれる?』とアプローチすると、いっきに興味を持たれたことに驚いた。
その日出会った人たちのキャラクターやストーリーも面白い。
今でもパンクバンドで活動しているという長髪の白髪のかっこいい初老女性。日本のマアヤ・サカモトの熱狂的なファンだというフランス人のおじさん。昔ボブマーリーのレーベルの人に自分のデモを褒めてもらえたという栄光を語る、くたびれた麻のスーツを着た白人のおじさん。ゲストからゲストへ忙しく動き回る主催者の女性は、90年代のブリットポップや最近ではJ-POPにも楽曲提供しているという。マイケルジャクソンのスリラー・ミュージカルで日本にも公演に行ったという黒人のお兄ちゃんや、兄弟3人でバンドをやっているという爽やかな青年たちにも出会った。
一人一人個性と物語があり、過去の栄光を振り返る者、これからの可能性に期待を膨らませる者など、それぞれのステージに立っていた。

FullSizeRender-3