2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

ツアーの準備part3〜ライブグッズ〜

ライブグッズのデザインは、毎回楽しみにしていること。

ペイターとしての要素も取り入れる貴重な機会だ。

最近では、商品開発に携わっている会社員の弟に意見を聞くようになった。そこで印象的だった意見が、ライブの『体験』を持って帰ってもらえることを心がけること。

デザイン性も大事だが、すぐ観てロゴが分かり易いことや、グッズを通してライブを思い出してもらうことの大切さもポイントだということにハッとさせられた。

たとえばペインティングを使ったデザインは抽象的なデザインになりがちだが、ロゴなどの『グッズ』としての要素を強調することは、自分では気付かなかったポイントだ。

そんな要素を取り入れて、今年はバッグ、メガネケース、ペイントアクセサリー、ツアーカタログなどを作っている。

もともと私のライブにて手作りのアクセサリーをプレゼントしてくれたアクセサリーデザイナーのlululaさんは、ここ数年に渡ってコラボグッズを制作してくれている。

デザインはコラボグッズ以外は全て自分でデザインする所からはじまり、最近ではどの国にいてもネット上でオーダーすることができる。日本の会社は本当に仕事がきっちりしているし商品の創りも信頼できる。

img_8343 img_7906

Rie fu Winter TOUR 2016
12/9(金)Osaka Knave
http://riefu.com/schedules/1476 
12/10(土)Nagoya K.Dハポン
http://riefunagoya2016.peatix.com 
12/11(日)Yokohama MotionBlue
http://motionblue.co.jp/artists/rie_fu/
12/17(土)Shanghai QSW Hall
12/18(日)Beijing Tango Hall

現地プロデューサーとのセッションPart4~海沿いの町に住むアーティスト~

イギリス南の海沿いの町、ブライトン。太陽と海を求めてこの地に移住する人も年々増えていて、おしゃれなカフェやお店も沢山見られる。
ミュージシャンのコミュニティーもあるそうだが、今回はそんなブライトンに、知り合いに紹介してもらった、とあるアーティストを訪ねた。
味のある歌声の持ち主で、トラックメーカー、最近はファンク•ソウル•ネオジャズ系のバンドを始めているというジェームズ•バークリー氏。
彼は7年程前に、ロンドン郊外(ちょうど私が今住んでいるあたりの南西)からここに引っ越して来たという。
イベントやパーティーでの出張バンドのメンバーとして、(日本と違ってヨーロッパやアメリカでは結婚式、会社の忘年会などのイベントでは生バンドを呼んで演奏してもらうことが多い)また音楽の先生などをして生計を立てる傍らで、自らの音楽活動もしているという。
事前に最近私が作っている音源等を送っていたので、彼はそれに合わせてトラックを準備していてくれた。イメージもピッタリで、トラックのサウンドもエレクトロの中にドラマチックなセンスが光る。イントロで、ジェームスブレイク並のメランコリックな彼の歌声のコーラスが入ってくると、一瞬でこの音源が気に入った。
ガールフレンドとシェアしているというフラットには彼女がペイントした絵が飾られていて、いいかんじに肩の力が抜けたアーティスティックな雰囲気。リビングの一角にスタジオスペースがあり、ソファーに座ると、飼い猫が横でうずくまる。作ってくれたトラックに合わせてメロディーを作っていき、その都度録音していくという進め方で、3、4時間ほどで曲が完成した。img_8036