なぜイギリス?Why UK?

(English follows)

18歳で初めてロンドンで一人暮らしを始めたときは、幾度となくこの質問を自分に問いかけていた。
『何でイギリスなんかに来ちゃったんだろう…』

渡英前に妄想を膨らませていたお洒落で英国紳士なイギリスのイメージは、憂鬱な天気と不味い食事、プライドの高い割に怠惰なイギリス人の態度という現実に掻き消され、夢のキャンパスライフとはほど遠いロンドンの大学生活を送っていた。
けれども不思議とこの国では、憂鬱な天気と皮肉家のイギリス人批評家に挑戦するような斬新な芸術家や音楽が誕生している。
そしてイギリス生活に慣れるにつれて、そんな挑発的なインスピレーションが溢れるロンドンという街がたまらなく面白く感じるようになってきた。

I asked myself this many times when I first came to the UK;

“Why the hell did I come to this place…”

The perception of UK as a land of gentlemen in tailored suits and courteous manners was soon replaced by depressing weather and tasteless food, unreliable yet unapologetic services. However, strangely, this country yields innovation and the rising against the dooms of the weather and the cynical critics, manifested in art and music. Something tipped over after a fews months of living in London, and I began to be fascinated by this aggressive approach and inspiration.

今イギリスで音楽活動をスタートさせたいと思ったきっかけは、他でもない人生のパートナーのおかげだ。
パンクで刺激的な70年代の音楽シーンで育ったイギリス人の旦那さんは、私の才能は日本にとどまるには勿体ないぐらい素晴らしいと絶賛してくれた。
自分でそれを認めているわけではないが、人生で一人でもそんなことを言ってくれる人に出会えたことは、才能を持って生まれる以上に幸福なことだ。
彼は2014年から2年間住んでいたシンガポールからイギリスへの会社の転勤を希望してまで、イギリスでアーティストとして成功するという目標への扉を開いてくれた。

The main reason for coming to the UK was the encouragement from my husband. Having grown up in the 70s surrounded by legendary music scenes in his own country, he suggested that I venture outside Japan because my talent could be nurtured. Having such a strong supporter in my life is the luckiest thing. He moved us from Singapore, where we had lived for 2 years, to the UK to open the gates to new possibilities.

この十数年の間で音楽の届け方はソーシャルメディアの存在で大きく変わった。
「今できた歌を誰かに聴いてもらいたい」と思ったらすぐに発信できる時代だ。
そんな今、イギリスの音楽業界を様々な角度から観察し、自分なりの活動方法を模索してきたいと思う。
初めのステップとして決めているのはデジタルシングルのセルフリリース。
楽曲もマスタリングまで完成していて、リリースをサポートしてくれる人たちとの繋がりも少しずつ出来始めている。

In ten years, social media has shifted everything about how we deliver and listen to music. You can deliver a new song instantly, anywhere you are. I aspire to explore these methods and creative process through releasing singles digitally and working with other talents.

08540029