日本とイギリスの恋愛事情

Netflixでテラスハウス(英語の字幕付き)を観ていて、改めて日本の恋愛事情って特殊だなと気づいた。食、サービスをはじめとして色々な文化も特殊だが、恋愛事情ってパッと観光しただけではあまりわからない文化なので、この番組ではそれを海外に上手く伝えることができる。

イギリス人も一緒にハマっていて、彼らからはYOUさんもびっくりな辛口コメントが飛び交う。彼らにしてみたら小学生のようなピュアな恋愛を見ているようだという。

彼らには、まず告白というシステムを説明しなければいけない。直訳だとconfessionかな?

「日本人は、かしこまって好きですとコンフェッションしてからカップルになるというシステムがあって、それをKOKUHAKUというんだよねー」

自分で説明していてなんだかおかしくなってきたが、そもそも告白というシステム、どこから始まったんだ?考えれてみれば不自然極まりない。

欧米人の正式な「付き合いはじめ」は、デートを重ねたり連絡を取り合っていてもまだ「正式」ではないことが多い。

諸々の恋人の行為をする前に、好きです付き合って下さい、と言うことはあまりないかもしれない。好きじゃなかったら何度もデートには誘わないでしょ、という暗黙のヒントがあるし、問題は単純に好きかどうかではないのだ。一緒にいて楽しいか、趣味や感性が合うか、アウトな行動はないか、この人と将来が見えるか(若いうちはそんなことどうでもいい時期もあるかも)、色々お試し期間という意味が多い。男女の仲になった後、急に冷たくなったらそれ目的だけだということ、逆にそこから友人や家族にパートナーとして紹介されて、、と段階を経ていく。

ただ、ストレートな欧米人たちにすらハードルが高い言葉がある。

“I love you”

これを初デートで言ったら、

「知り合ったばかりなのにキモっ」で終了。

3回目のデートでも、5回目でもまだ早いかもしれない。

じゃあいつ言うものなの?と(自称)恋愛経験豊富な旦那に聞いてみると、「それはmillion dollar question  だねー」と。つまり正解はない。付き合い始めて1ヶ月で結婚を決めるカップルもいれば、10年付き合ってから結婚するカップルもいるのと同じで、それぞれの状況や相性によって変わってくるのだ。

I love youは「僕(私)と結婚してください」ばりに重い言葉。

そして、男女どちらから先に言うかでもプライド争いの種になる。

そこを一度クリアすれば、挨拶がわりのように毎日交わす言葉になるのだが。

話は変わるが、前回の一時帰国中にふとテレビで「逃げ恥」を観た。

唖然としてしまった。

やっぱり日本の恋愛事情は特殊だよなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスでは何歳からが成人?

日頃からイギリスの愚痴を言ってばかりいる気がするが、そんなイギリスでもこれはいいなと思うところがある。

それは、子供を子供扱いしないという教育方針。

アメリカに住んでいた頃、yuck(y)(ばっちい)やyummy(おいちい)などの赤ちゃん言葉をよく耳にしたが、イギリスではそれらの言葉をあまり聞かない。子供の頃からわりと大人と同じ口調で教育されている。

街中で見かける子供は大人のようにしっかりと話し、”please”や”thank you”なども親が口酸っぱく教え込んでいる印象だ。

そのせいか、イギリス人は子供の頃から大人と対等に話す習慣がつき、コミュニケーション能力も早くから発達する。

考えてみれば当然、子供や大人関係なく、単純に生まれた時から人間ということは変わらない。

(もちろん同じイギリス人でも親の教育の仕方には大きく差があるが)

2007年に18歳に引き上げられるまで、イギリスでは16歳からタバコの購入が合法で、日本では考えられないが、高校にれっきとした喫煙所があり、そこが交流の場になっていたという。

日本から高校留学した友人たちは、みんなそうやって『タバコ仲間』から友達を作っていったと聞いたことがある。

18歳で少年法適用外(ただし、18歳以上21歳未満の者に対しても、青少年犯罪者教育施設への拘置など、成人と違う処置が施される場合あり、その他終身刑に関してなど条件あり)、選挙権、飲酒がオッケーになるので、日本でいう法的な成人はイギリスでは18歳が近いようだ。アメリカでは21歳から飲酒が合法になるので、21歳の誕生日を盛大に祝う。

その習慣を真似てかイギリスでもやはり21歳のバースデーは特別なイベントになる。

こう考えると『成人』の概念はお酒とも関係しているのかな?

何はともあれ、

新成人の方々、おめでとうございます。

2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

東洋と西洋の『愛』の違いとは?

愛がテーマの記事を書いてきたところで、イギリスでの生活(とアメリカでも暮らしたことのある経験)と比較するブログとして、ここで東洋と西洋の『愛』の印象の違いについて分析していきたい。

あくまでも個人的な印象なので、まったく根拠はないしかなり偏見かもしれないが、一言で言うと、イギリスやヨーロッパ、アメリカの愛の方が『利己的』なイメージだ。世界の中心が自分というゆるぎない根性を持っていて、それを中心にした愛というかたちがある。

それに比べてアジアでは、自分が大きなものの一部で、全体のバランスを保つことや自然への敬畏が大切にされている。神道などはまさにそんな信念のあらわれだ。そして愛は必ずしも自分の利益の為ではない。

無欲の愛はもちろん西洋でも大切にされているが、その印象は少し違う。あくまでも自分の人間性のプライドとして、無欲という一面を持っているのだ。自分が何か大きな物(自然、宇宙など)の一部というよりは、自分がそれらをコントロールしていくという発想から来るのだと思う。歴史的な例で言うと、植民地支配だ。アジアの国々はイギリスを始め西洋の国々に植民地支配されてきたが、アジアの国が西洋の国を植民地支配した歴史はない。シンガポールに住んでいた時期にアジアの国々を旅してみて、この植民地支配というものについて沢山考えさせられた。それが必ずしも悪い訳ではなく、むしろイギリスやフランスの植民地だった場所は、文化や生活水準がいっきに発達し、今でもその名残が街並に見られ、それを誇りに観光地として今でも経済効果を生み出している。

ただ、残念ながら独自の文化さえも経済効果の為に利用されてしまっている。素晴らしい文化と歴史があった地域の名産品は、観光客へのお土産として安物が大量生産されていたりする。地元の人もそれに何の反感もなく従っている。それはやはり、アジア人特有の、『全体のバランスの中での愛』というものの弱さなのかもしれない。それに対して支配した側は、経済効果や発展があったんだからその国の為になったんじゃない?という独自の価値観でしか見ていない。

アジア人は欧米人に比べて男女の愛をあまりあからさまに表さないのも、ここから来ていると思う。わたしたち(自分と恋人)が主役というよりも、(社会、環境、など)全体のバランスの中でのわたしたち。表現しないからといって愛がないわけではない、むしろ利己的な西洋の愛よりも深い部分があるかもしれない。あえて明確に語らない愛という美学もある。

それに比べて西洋の男女の愛情表現は、わたしたちが主役、他はみんな脇役、わたしたちの引き立て役、という発想。

文化の違いは人間性の違いとはまた違う。つまりその文化で育ったからといって必ずしもみんな人間性が同じというわけではないのだ。

年齢、国籍、育った環境も全てが違う旦那と、共感できることが沢山あることからも、そう思う。

『違い』は『壁』ではないのだ。

感激したこと

何でもイギリスと比べてしまうのも良くないが、いや、良いことかも、日本の良さを改めてこうやって噛みしめるのも。

駅のチケット売り場の列に沿って椅子置いてくれて、なおかつ並んでいる人に係の人が用件を訊いてまわり券売機でもできることだったら一緒に券売機まで行き操作の仕方を説明してくれる。。

イギリスだったら、長蛇の列、空いてるカウンター1つ、他の従業員みんな紅茶飲みながら世間話、というところ。

日本のサービスレベルは間違いなく世界一。

そしてファンの方レベルも世界最強。みんな優しい、毎回来て下さる馴染みの顔ぶれ、そして洗練された雰囲気、、なんて素晴らしい国に生まれたんだ。最高じゃないか!

と、この数日間のライブで実感しているのだが、更には恐縮なことにみなさんこのブログを読みながら私の心配をして下さっているようだ。

私はあくまでも備忘録として、現地レポートとして書いているので、苦労している気は全くないが、もしかしたらそういう印象を与えてしまっているのかも。たとえまだ軌道に乗るまでの準備段階としても、今の私にとって日本で変わりなく迎えてくれるお客さんがいることはこの上ない幸せだ。

ちなみに今回のライブで選曲した開場時BGMはこちら:

Lily Allen-Somewhere Only We Know

Laura Mvula-kiss my feet/show me love

Laura Marling-Soothing

Katie Melua-River/perfect world/dreams in fire

こちらはBBCのSound of 2017で気になったアーティスト。

Ray Blk-My Hood

Declan McKenna-paracetamol