日本とイギリスの恋愛事情

Netflixでテラスハウス(英語の字幕付き)を観ていて、改めて日本の恋愛事情って特殊だなと気づいた。食、サービスをはじめとして色々な文化も特殊だが、恋愛事情ってパッと観光しただけではあまりわからない文化なので、この番組ではそれを海外に上手く伝えることができる。

イギリス人も一緒にハマっていて、彼らからはYOUさんもびっくりな辛口コメントが飛び交う。彼らにしてみたら小学生のようなピュアな恋愛を見ているようだという。

彼らには、まず告白というシステムを説明しなければいけない。直訳だとconfessionかな?

「日本人は、かしこまって好きですとコンフェッションしてからカップルになるというシステムがあって、それをKOKUHAKUというんだよねー」

自分で説明していてなんだかおかしくなってきたが、そもそも告白というシステム、どこから始まったんだ?考えれてみれば不自然極まりない。

欧米人の正式な「付き合いはじめ」は、デートを重ねたり連絡を取り合っていてもまだ「正式」ではないことが多い。

諸々の恋人の行為をする前に、好きです付き合って下さい、と言うことはあまりないかもしれない。好きじゃなかったら何度もデートには誘わないでしょ、という暗黙のヒントがあるし、問題は単純に好きかどうかではないのだ。一緒にいて楽しいか、趣味や感性が合うか、アウトな行動はないか、この人と将来が見えるか(若いうちはそんなことどうでもいい時期もあるかも)、色々お試し期間という意味が多い。男女の仲になった後、急に冷たくなったらそれ目的だけだということ、逆にそこから友人や家族にパートナーとして紹介されて、、と段階を経ていく。

ただ、ストレートな欧米人たちにすらハードルが高い言葉がある。

“I love you”

これを初デートで言ったら、

「知り合ったばかりなのにキモっ」で終了。

3回目のデートでも、5回目でもまだ早いかもしれない。

じゃあいつ言うものなの?と(自称)恋愛経験豊富な旦那に聞いてみると、「それはmillion dollar question  だねー」と。つまり正解はない。付き合い始めて1ヶ月で結婚を決めるカップルもいれば、10年付き合ってから結婚するカップルもいるのと同じで、それぞれの状況や相性によって変わってくるのだ。

I love youは「僕(私)と結婚してください」ばりに重い言葉。

そして、男女どちらから先に言うかでもプライド争いの種になる。

そこを一度クリアすれば、挨拶がわりのように毎日交わす言葉になるのだが。

話は変わるが、前回の一時帰国中にふとテレビで「逃げ恥」を観た。

唖然としてしまった。

やっぱり日本の恋愛事情は特殊だよなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛を込めるということ

実家の近所に夫婦が営む小さなご飯屋さんがある。

素材にこだわった、特別すぎない馴染みのある献立、だけど家では食べれない手の込み方。

お米の産地、種類と炊き方にこだわり、イギリス暮らしで和食に飢えた日本人の心をピンポイントでくすぐる。

米粒を残さずきれいに食べることは日本人としての基本的なマナーだということを、その店でイギリス人の旦那に力説していたのだが、

食のレベルははっきり言ってイギリスと日本では話にならないぐらい違う。

それは素材とか調理法の話ではなく、食に対する哲学や精神論にまで至る。

イギリスの調理はとにかく小麦粉。

スコーン、パイ、パスティー、ソーセージロール、何でもとりあえずパン生地系。

パスティーとは、シチューなどの煮物をパイ生地に包んで、農作業などの労働者向けの手弁当として持たせたそうだ。日本でいう梅干し入おにぎりのような感覚だ。

クリスマスに食べるクリスマスプディングは、乾燥したフルーツを濃厚なケーキ地に混ぜたスイーツ。保存食なので何ヶ月も持つ。

豚の内蔵と血を凝縮した太いソーセージのようなブラックプディング。響きはなかなかだが個人的には結構好きな味と食感。鉄分など栄養豊富だそうだ。

こうやって考えるとイギリス料理の目的はシンプルで合理的だ。

フルーツを長持ちさせる保存食としてのクリスマスプディング。シチューの残し物を活用したパスティー。豚の血までも残さず使ってしまうブラックプディング。

料理の過程よりも、保存させたり食材を無駄にせずあらゆるパーツを使うという点において、イギリス料理は料理というよりもお腹を満たし生きるための手段という印象がある。

それに比べて、日本の食文化はその過程を大切にしているところにおいて、愛を感じるのだ。

材料を育てる、仕入れる、調理する、そして食べるときも五感で楽しむ、、

そういった細やかなこだわりが、素晴らしいよなぁと旦那としみじみ、

お店のカウンター越しに、手際の良いシェフをまじまじと見つめてしまう。

感激したこと

何でもイギリスと比べてしまうのも良くないが、いや、良いことかも、日本の良さを改めてこうやって噛みしめるのも。

駅のチケット売り場の列に沿って椅子置いてくれて、なおかつ並んでいる人に係の人が用件を訊いてまわり券売機でもできることだったら一緒に券売機まで行き操作の仕方を説明してくれる。。

イギリスだったら、長蛇の列、空いてるカウンター1つ、他の従業員みんな紅茶飲みながら世間話、というところ。

日本のサービスレベルは間違いなく世界一。

そしてファンの方レベルも世界最強。みんな優しい、毎回来て下さる馴染みの顔ぶれ、そして洗練された雰囲気、、なんて素晴らしい国に生まれたんだ。最高じゃないか!

と、この数日間のライブで実感しているのだが、更には恐縮なことにみなさんこのブログを読みながら私の心配をして下さっているようだ。

私はあくまでも備忘録として、現地レポートとして書いているので、苦労している気は全くないが、もしかしたらそういう印象を与えてしまっているのかも。たとえまだ軌道に乗るまでの準備段階としても、今の私にとって日本で変わりなく迎えてくれるお客さんがいることはこの上ない幸せだ。

ちなみに今回のライブで選曲した開場時BGMはこちら:

Lily Allen-Somewhere Only We Know

Laura Mvula-kiss my feet/show me love

Laura Marling-Soothing

Katie Melua-River/perfect world/dreams in fire

こちらはBBCのSound of 2017で気になったアーティスト。

Ray Blk-My Hood

Declan McKenna-paracetamol

 

 

日本ホームシック現象

2014年にシンガポール、今年からイギリスと引っ越して来て、ふと気付いたことがある。

それは、日本から距離が離れるほど、日本へのホームシック現象が大きくなるということ。

ホームシックといっても、帰りたいシクシク、というものではなく、日本のあらゆるもの(サービス、文化のクオリティ、特に食)がたまらなく眩しく思えてくるのだ。

手に届かない程魅力的に思えてくるのかもしれないが、これは異常なほどに顕著に見られる。

例えば日本食。日本に住んでいたときは和食にこだわっては料理をしていなかったが、今では和食本を日本から取り寄せてまで毎日のように日本食を作っている。

蕎麦などは勿体なくてお店でもないのに自宅で蕎麦湯を吞んでしまうほど。。

そして外出時でも、ロンドンの和食屋を探してしまう。日本で一人ラーメンはまず行かないが、ロンドンで用事があるときは余裕で一人ラーメンランチをする。

電車が時間通りに来ることも、コンビニのサンドイッチが普通に美味しいことも、イギリスではまるで奇跡。

この雨の多い国で『雨だから』と洪水もしていないのに電車が止まったり、パッサパサの味気ないコンビニのサンドイッチしかなかったり、毎回小さく心が折れそうになりながら、

改めて日本の素晴らしさを痛感するのだ。

日本は仕事が細かくてきっちりしているが、その分良い意味でも悪い意味でも、視野がとても近いのかもしれない。だからこそこのぐらい離れてみると、日本のことを客観的に見れて、世界基準から観てもどれだけ素晴らしい国か、あらゆる意味で異質か、そして食文化の優秀さをかみしめることができるのだ。

img_7609
醤油、ごま油、みりん、味噌まで、イギリススーパーの日本調味料シリーズ。 豚肉薄切りが売っていないのでベーコンを代用。
img_8003
ロンドンでは日本酒(sake)とラーメンというオシャレ食なイメージ。
img_7884
素晴らしすぎる日本食屋さん、Wazen.しかし発見してすぐに閉店してしまって残念すぎる!

イギリスと日本の音楽業界

個人的な見解は、音楽業界というものは以下の2種類の人種が共存する世界だということ。
・アーティスト、ミュージシャン
・楽器の一音も弾かず立派なオフィスに居ながらほとんどのお金を持って行く人種
二番目の人種に関しては、この表現の仕方は少々意地悪かもしれない。彼らを敵に回すつもりはないが、この構図が実態だということは全くの嘘ではない。

ちなみに自分はレーベルと事務所を独立してからというもの、これらのちょうど中間にいる。自分の活動の対価はほぼ100%還元され、良い意味でも全ての責任は自分に返ってきていると言える。
(セルフマネージメントのリアルな詳細はこちらの記事で紹介している)
イギリスに来て3ヶ月ちょっとだが、第一印象は、日本の方が純粋な音楽への情熱を持っている「業界」人が断然多いということ。
今まで日本で活動してきて、幸いなことに純粋に応援してくれる素晴らしい方達ばかりとお仕事できてきた、という個人的な環境があるかもしれないが、SNSやメディア、経験上身近で色々なストーリーを見ていても実感することだ。
イギリスの音楽業界で成功して生き抜いていく為には、ある程度のハスラーでないと厳しい世界のようだ。

特に一番シビアになるのが、お金。

「純粋に応援したいから!」と言ってくれて一緒に制作をしてきた現地のプロデューサーも、いざお金の話になると態度が怪しくなる。

制作費を合意していたのに、ミュージシャン代を含むのをすっかり忘れていたと後から言われるとか。(それ含めるのは日本で考えたら制作費の基本)。

スタジオまでの車のガソリン代を制作費に上乗せしてくれと言われたときは驚いた。

後からそれを他の音楽関係者に話すと、お金は取られる前にしっかり身を守るべきだと言われた。

誰が守ってくれるか?

それは音楽業界専門の弁護士という、アメリカやイギリスでは業界にとって重要な存在。

昨年の夏、そのような音楽弁護士の事務所を訪れる機会があった。(つづく)

IMG_6610