Japanese Artist in the UK

(日本語に続く)

In the beginning of my music venture in the U.K, I came across a music lawyer who said

“No way you can succeed as a recording artist in the U.K; being a successful songwriter is already like climbing a steep mountain, but being a successful artist on your own right is like climbing up a cliff.”

He might have been practical, but those things only fire me up to prove him wrong.

During the 10+years working with labels, managements, and publishers in Japan, I’ve learned that (at least in Japan)the industry runs like a well made machine. Working as a songwriter is like being one of the essential parts of the machine, and making a hit would surely be a great fulfillment.

As a self-proclaimed artist, the dilemma between making something that you really want(to make)and something that has larger demand is unavoidable. Making a song based on an established model is the typical form of ‘industry’.

Isn’t art supposed to rebel to that very concept? This is another unavoidable question that I ask my self every single day. I can never say yes to that because as much as I want to make something outstanding, I want to deliver it to as many people as possible.

What I had been doing since I moved to the U.K to pursue my career in music (while all my friends were busy having babies and buying family homes), was relentlessly writing new songs, collecting insights from music industry people, collaborating with local producers, and simply living as a Japanese in a middle-class-white-people-with-pushchairs-and-dogs-dominated countryside town outside London.

That really changed my songwriting style. I began to write about my life, exactly how it is, without trying to appeal to the audience nor to hide honesty. It became clear to me that authenticity is the most unique and strongest viewpoint as an artist, even without trying to think of what has the biggest demand or what would appeal to most people.

Another aspect to consider is the sound; production can really make or break the song. I have so much faith in the creators I work with in Japan, and the aim is to introduce those talents to the U.K. Market as well.

But what I had come to realize was something unexpected. As a country that has spawned generations of multi-cultural artistry and music, I thought the U.K. Music scene would be more accepting to new sound…but all of the reactions suggested that my songs should have a clear sense of genre to suite a familiar format.(i.e. Radio stations)

Each radio stations here have a distinct genre and target demographics, whereas in Japan, a radio station is more based on an area/city (like Tokyo FM, FM Osaka) and the genre of music depends on each programme.

Familiarity might be a key to the British music culture, just like reggae and ska became more prevalent through ska-punk; you can introduce something new by combining a familiar element to the sound.

 

イギリスでの音楽活動の模索の始まりは、音楽弁護士のひとことへの反発だった。
「イギリスでアーティストとして成功したいなんて、無謀。
作家として音楽出版社と繋がり、楽曲提供できるようになるのは大きな山を登るようなことだが、レコーディングアーティストとして成功するのは断崖絶壁を登るようなことだ」と。

彼は現実的なことを言っていただけかもしれない。

作家として活動することは、大きな音楽産業の一部品として働くことだ。
優秀な作家はたくさんいるし、ヒットが生まれればとてもやり甲斐のある仕事だ。

作り手にとって、
求められているもの、需要があるもの
と自分が作りたいもの
とのギャップは避けて通れない葛藤だが、既に流行っているものをモデルにして、あえて需要があるものを作るのはまさに産業の典型だ。
芸術はそういうものにたいする反逆なのではないかと、アーティストのめんどくさいエゴの塊が主張しつつも、せっかく世に送り出すものだから、より多くの人に聴いてもらいたいというのも確かだ。

同世代の友人たちが子育てやマイホームの購入で忙しくしている中、イギリスに引っ越してきてからしてきたことは、ひたすら曲作り、音楽関係の人たちから話を聞くこと、現地のプロデューサーとセッションしてみたり、そしてロンドン郊外の中流階級白人たちがバギーと犬を引き連れるような長閑な田舎町で、日本人として生活することだった。

そんな生活の中で、曲作りのスタイルがかなり変わってきた。
背伸びしていた部分が等身大になり、内気に隠していたものが前に出てきた。誰に聴いてもらうとか以前に、ありのままを見せることが、何よりものオリジナリティだということに気づいたのだ。

曲にとって大切なのは、サウンドだ。アレンジによって、曲が活きてくることもあるし、台無しになることもある。日本で一緒に制作しているチームには絶大な信頼をおいていて、彼らの才能を紹介することは一つの目標だ。

しかし実際にこちらに来て、予想外の事実を目の当たりにした。
様々なクロスカルチャーな音楽が生まれて来たイギリスでは、新たなサウンドが受け入れられやすいイメージがあったが、実は真逆だったのだ。
日本では、ラジオ局は地域ごとに分かれていて、流れる曲のジャンルは番組ごとに違う傾向があるが、イギリスでは局単位でかなりジャンルが細かく決まっている。

「馴染みのある音」がイギリスの音楽シーンの隠れたキーワードなのだ。
スカやレゲエもスカパンクのように白人にも馴染みのある要素を交えたことで、より広まっていった歴史がある。

他とは違うものを提示したいと思ったら、何か少しでも馴染みのある要素を入れることで、それに付随した新しい要素を伝えることができるのかもしれない。

今イギリスでちょっと話題の人

イギリスの国民的なオーディンション番組、The X Factor.

ワン・ダイレクション、レオナ・ルイスなどを輩出したことで有名なこの番組は、音楽業界の黒幕、毒舌サイモン•カウルがプロデュースや審査員に関わっていることで有名なのだが、4人の芸能人審査員に加えて、視聴者からの投票で毎月オーディション参加者のランキングが発表される。

個人的にはこれはとんでもないビジネスモデルだと思っている。視聴者投票とはいえ携帯からの投票には多少お金がかかる。更に番組内で賞金や賞品があり、視聴者が応募できる仕組みになっている。つまりテレビ上の宝くじだ。賞金額に比べて応募者数ははるかに多く、番組側はこれから売り出していくオーディション優勝者候補の大々的なプロモーションをしながら、同時にスポンサー以外からもお金を巻き上げることができのだ。

プロのアーティストを目指すソロやグループの若者が中心のこのオーディション番組だが、その中でも今年は風変わりなコンテスタントとして注目されているのが、自称ラップアーティスト、ハニーG。

(日本からも試聴できる??↑)

nintchdbpict000262191289どう見てもイタいジャージ姿のオバチャンでありながらも自信満々に振る舞う態度で注目されているが、パフォーマンスはというと意外とリズムからズレていないしバカにできないクオリティ。この絶妙なキャラクターに、視聴者からは賛否両論の反応だ。

 

cuzpadaxeaatsp9

実はこれは俳優がキャラを演じていて番組のやらせなのでは、という説や、実はデイビッド・キャメロン元首相なのでは?というギャグまで出て来ているほどだが、

こうやって書いているとつくづくこれってイギリスだけの内輪ネタだなとも思えてくる。日本でもくだらない芸能ニュースで盛り上がるように、これも島国の共通点なのだろうか?と。

イギリス版流行語大賞があるとすれば今年はハニーGかもしれない。

音楽活動、どんなかんじ?

色々と模索してきているイギリスでの音楽活動。

今どうなっているのか?

当初の予定は、4月にイギリスに引っ越して来たので、夏前にはファーストシングルをセルフリリースする予定だった。

それが、PR会社から協力してくれるとの返事をもらうまで1ヶ月かかり、最初のミーティングに漕ぎ着けるまで更に1ヶ月、その後音楽ライターとの取材をセッティングするのになんと3ヶ月。ちょうど夏休みのシーズンだったというのもあるが、3週間ホリデー行くから、としれっと延期されるのは日本では馴染みのない常識だ。

そして9月。この時期は年間でも最もリリースが多い時期らしく、他のリリースに紛れてしまうのももったいないので11月にしようということになり、それまでにシングルのミュージックビデオを完成させる予定が、直前に出来上がったビデオを大幅に編集し直す必要が出てきて、更に延期←今ココ。

という状況だ。

渡英してからずっと自分の音楽活動の相談に乗ってくれている、長年ロンドンでマネジメントをされているA氏は、中途半端な作品の発表が意味がないとはっきり言ってくれている。曲の良さを信じてくれているからこそ、それに見合ったミュージックビデオと、リリースのタイミングを、とこだわりがあるからこその延期。この感覚、はじめてロンドンの美大にポートフォリオを持っていった時の体験に似ている。初めて持って行ったとき、作品のポテンシャルは認めてくれた上で、更に作品作りを追求してから数ヶ月後もう一度来なさいと言われた。(それは日本での留学フェアだったのでわざわざ渡航する必要はなかったのだが、二度目の面接では快く合格を認めてくれた。)作品にかける時間、こだわり、完成度…出来た作品そのものよりも、繰り返し追求し続けるプロセスの大切さを教えてくれた。17歳の自分にはまだハッキリ分からなかったが、今の状況ではものすごく分かる。何でも、そう簡単には達成できないもの。少しチャレンジして諦めるぐらいだったら、初めから挑戦の意味もない。

 

そうやって試行錯誤している間にできることとして一番大切だと思ったのが、コンテンツづくり。

ミュージックビデオをはじめ、新曲はもちろんのこと、リミックスを頼んだり、新たなクリエイターとコラボしてみたり、、とにかくいざというときに発表出来る素材を沢山作っておきたい。

先日は、リリース予定のEP曲たちをアコースティック録音してきた。

場所は、閑静な住宅地にあるハウススタジオ。ここが素晴らしく良い環境のスタジオだった。(つづく)

img_8415

ソングライティング・オーディンションを受けてみる

初めてのことにチャレンジ、がテーマのイギリスでの活動。

イギリスでリリースする予定の楽曲をとにかくより多くの環境で聴いてもらおうと、色々なことを試してみている。

ネットで調べてみると、沢山のソングライティングコンペティションがある。

参加費を払って曲を『業界の』人に聴いてもらうというものだ。

明らかに良い予感はしなかったのだが、見事その予想は的中することになる。

今やPR会社とシングルリリースの話も進んでいる。ここでオーディションに参加する意味は全くない。つまり完全な取り越し苦労だ。

お世話になってきている自分の音楽出版社からも、『そんなところで何やってんの?』と言われるだろう。

分かっていながらも、イギリスのオーディションってどんなかんじなんだろう、という好奇心の方が勝ってしまった。

こうとなっては完全にブログ用の潜入レポートだ。

まずはホームページから申し込み。一曲いくらという仕組みだ。ちなみにソングライティング部門は£10。

申し込みは全国から来るので、地域によって様々な会場で審査員の前でのオーディションが開催され、各会場を割り当てられる。

私が参加したのは、カムデンの老舗ライブハウス、Dingwallsでのオーディション。

img_7994 img_7995当日驚いたのは、ライブ会場なのに音響機材が一切使えなかったこと。それだったらどこかの会議室でやっても同じなんじゃない?と疑問。

参加者はやはりキャラが立っている。ギターの弾き語りスキニーパンツ系男子。アフロヘアーファンキー系女性。歌のレベルはバラバラ。しかもマイクがないので声が聴こえない人もいる。

面白いもので、やはり人気の歌手の真似風の歌い方が多かった。女子はしゃくり上げながら上下するアリアナグランデ系。男性はハスキーなエドシーラン系。

日本のオーディションは行ったことがないが、きっと日本でもみんな人気の歌手の真似をして練習しているのだろう。男子ならエグザイル系とか。

審査員はメジャーレーベルからの○○さん、が4人並んでいたが、正直一刻も早く終わってほしいオーラを出しまくっていた。

実際に私の順番が来たときには、顔も上げない。

CDのバッキングトラックを持って来てもいいとのことだったので、スピーカーがあるかと思いきや、安物のラジカセ。しかも音がめちゃめちゃ小さい!

ボリュームを少し上げてほしいと言うと、『十分大きいよね?』と一言。

カチンと来たがここは笑顔でうなずき、自分の出番が始まった。(つづく)

イギリスの若きパフォーマーの特徴

イベントの対バンやパーティーなどで見かけるイギリス人の若手アーティストの特徴として、日本と決定的に違う所は、パフォーマンス力だ。シェイクスピア的演劇大国だからかもしれないが、とにかくステージに上がると彼らはいっきに我らがビヨンセ、と言わんばかりの自己アピール力を発揮する。『すっごく緊張してて、、』とはにかむ女性シンガーを男性が応援したくなるような日本のライブとは真逆で、少しでも自信がなさそうな素振りを見せれば、観客の興味はすぐに失せ、彼らの大声の話し声に歌声が掻き消される。この、『最大限の自信をアピールする』というメンタリティは、日常生活での人間関係や、ビジネスマナーでも見られるイギリスの大きな特徴のようだ。ナイーブ、天然、癒し系、、それらは全て『未熟』や『無能』と見なされてしまうのがイギリスのコミュニケーション社会。子供の頃から大人へもきちんと対応することを刷り込まれるイギリスでは、日本でいう子供の『赤ちゃん言葉』というものもあまり聞いたことがない。
そんな環境で育ったイギリス人、ましてや自らアーティストを志すタイプの人たちは、なおさらライブでの自信が凄い。
ただ、必ずしもその自信に実力が伴っているというわけでもないのが、彼らの面白いギャップだ。あるイベントで対バンしたボーイ・ジョージ風のメイクと衣装の若者、この見た目でどんなパフォーマンスが見られるかとワクワクしていたら曲がダサすぎて拍子抜けしたこともあったし、長髪のジョンレノン風の男性からはポエティックな弾き語りが聴けるだろうと思ったら、思いっきり4コードポップだった、ということもあった。
これはイギリスの人気オーディション番組、”The X Factor”でもたまに見られる傾向だ。お世辞にも歌が上手い、ダンスが上手いとは言えないけど、奇抜な風貌ととんでもない自信でキャラクター勝ちして審査員や視聴者に気に入られるパフォーマーも沢山いる。何でも『とんでもない個性と自信を持って貫いている』という人を応援するのがイギリスならではだ。
そしてイギリスの若手アーティストたちは共演者としての感じもとてもいい。必ず挨拶するし、他のパフォーマンスにも敬意を払うことも忘れない。その点もイギリス人のコミュニケーションマナーの大事な要素として刻み込まれている気質のようだ。

IMG_4259
Oxford Circusの路上バンド、いいかんじ

音楽ジャーナリストと会ってみる Part2

ロンドンから北へ電車で30分、とあるロンドン郊外の駅。音楽ジャーナリストP氏は飼い犬と一緒に現れた。

近くのカフェで話を始める。

「実は今日歯が痛くなっちゃって、歯医者の予約が予定していたミーティングの時間とぶつかっちゃって、、」キャンセルしたいと言っていた驚きの理由だ。

忙しい中で時間を作ってくれた御礼を言うと、「僕タイピングするのが遅いから、色々締め切りがギリギリなんだよね」とまた天然発言。ライターでタイピング遅いってアナタ。散々予定を狂わされてきたが、なぜか憎めないタイプのP氏だった。

P氏は、まずは私の日本での活動に興味があるようだった。過去に活動歴がある人と話すときは、それぞれによって過去の話をしたがらない人も多いという。

私にとっては、これからのイギリスでの活動は、リセットではなく今迄の活動の延長線上だ。日本からアジア、そしてイギリス、ヨーロッパと、自分の力でどこまで進んで行けるか挑戦したい。

そして日本人のシンガーソングライターとしても、イギリスで活動することは未開拓の道だ。だからこそ挑戦する意義がある、そんな話をした。

何ヶ月も待って得られた取材の機会を最大に生かしたかったので、事前に様々な質問に対応できるように自己分析してきた。伝えたいキーワードも書き出した。その準備のおかげで、「これ言っておけばよかった、、」と思うことはなく、無事取材を終えられた。

ミーティングの最後に私からもP氏に質問した。

「今のイギリスの音楽シーンを3つの言葉で表現するとしたら?」

「うーん難しいなぁ、僕が音楽メディアで紹介する音楽はほとんどがアメリカかカナダのアーティストだからなー。

強いて言えば、エイミーワインハウスやアデルの登場以降、ソロアーティストがかなり増えたことかな?」

パンクロック、スカ、ニューウェーブ、ブリットポップなど様々なシーンを作ってきたイギリス。今はまさにソロアーティストの実力と個性が試される時代なのかもしれない。

IMG_7284

音楽ジャーナリストと会ってみる

楽曲をセルフリリースしてこちらの音楽マーケットに自己紹介をする。
この始め方としてのPR会社からの提案は、『ストーリーづくり』というものだった。
簡単に言えばプロフィールだが、音楽を聴かせるより先にこのストーリーで媒体を惹き付けることが大事だという。こんな人がいるよ、と口コミでも広がりやすいからだ。アーティストのブランド性も大事だ。
どういう背景で、どんな立ち位置になっていくのか…読み手に想像を膨らませてもらえるような、とっておきのストーリーが必要になってくる。
私の場合、その要素は沢山ある。日本での音楽活動という経歴、画家として活動もしていること、アメリカ、日本、イギリス、シンガポールに住んで来たという国際色。
それらをもっても『だから何?』と言われてしまえばそれで終わり。その先を巧妙に物語って行くのが、音楽ジャーナリストの仕事だ。
H氏が勧めたジャーナリストは、大手の新聞社ガーディアンなどにも寄稿しているP氏。彼の記事を読んでみると、なるほど、こんな物語のある人は一体どんな音楽を作るのだろうと思わず聴いてみたくなるような文章だ。
P氏と最初にコンタクトを取ったのが6月後半。そこから彼のスケジュールの確保に散々追いかけ、挙げ句の果てには夏の家族旅行に行くからという理由で7月まで先延ばしにされる。やっと8月の頭にミーティングが確定したもののドタキャンされ、更にリスケした日にも当日キャンセルしたいという連絡が来た。通常日本では、音楽ライターさんがこんなかたちでドタキャンを繰り返すことはありえないことだ。しかしここはイギリス。相手は売れっ子ジャーナリスト。向こうも悪気がある訳ではないが、さすがにこれにはあきれた。その日、彼に直接電話し、早めの時間で調整してくれないかと私から直談判して、やっとP氏と会う事ができた。

(つづく)

音楽PR会社の人と会ってみる

さて、いよいよセルフリリースの準備のスタート。とはいえこのブログは少し過去に遡って書いているので、実際にこの準備を始めたのはイギリス移住したばかりの4月だ。
ネットで何十社もPR会社を調べたところ、一つだけ気に入った会社を見つけた。手がけているアーティストの音楽性が何よりも素晴らしい。媒体への露出も決して派手でなく、その実力に伴った由緒正しい媒体ばかりだ。こんなアーティストと肩を並べられるようになりたい、そう思った。
レーベルやマネージメントにしてもいきなりネットで見つけたところにメールしても返事がくることはほぼない。実際に色々なところにメールしてみたが、まず返事がなく、あっても『紹介者なしの連絡は断っています』『今はアーティスト募集はしていません』などの自動メッセージばかりだ。
日本では大手レーベルでもデモテープを募集してアーティストを育成する部門があるが、イギリスでは私が調べた限りでは今のところどこにもない。それはアイドル文化の強い日本との大きな差かもしれない。
イギリスでは、育成されることよりも独自のスタイルを自ら切り開くことが推奨されているのだ。

紹介者なしでは繋がりにくいPR会社だが、今回はとても幸運な繋がりで紹介してもらうことができた。
旦那さんのお姉さんの学生時代の友人が、とある大手のPR会社に努めているという。
彼女に連絡を取ってみると、私が目星を付けていたPR会社の代表、H氏と知り合いだということで、すぐにメールで繋げてもらえた。
そしてその方と始めて会ったのが2015年の8月。私が1週間イギリスに旅行に来ていたときだ。
実はこの一週間で何も繋がりが出来なかったら、イギリスでのアーティスト活動をあきらめる事も考えていた。だが、この一週間で毎日色んな人と知り合う事ができて、これはこの目標を追いかけなさいという神様からのサインだと確信した。

実際に会ってみたH氏はPRというイメージとは真逆で、もの静かで口数も少なく、思ったよりも若い見た目だった。
翌年の2016年4月にイギリスに移住してきて、もう一度彼にPR担当を頼みたいという話をすると、イエスの返事をもらうまで1ヶ月かかった。
そしてここからPRプランがスタートするのだが、ここからもまた辛抱強さを鍛えられることになる。
IMG_4110

イギリス音楽業界の宣伝/媒体の仕組み Part2

ネットでMusic PR UKと検索すると、様々な会社が出て来る。長年大物を手がけている大手もあれば、手がけるアーティストリストにこだわった独自のブランドを掲げる会社もある。£〇〇○でこのプロモーションパッケージ!という商売っ気丸出しのところまで見かける。
彼らの実際の業務内容はレーベルの宣伝担当と同じだが、小さなインディーレーベルが多いイギリスではほとんどレーベルから業務委託をされていることが多い。彼らはオンラインや紙媒体のパブリケーションを担当する。ラジオへのアプローチもする所もあるが、それはまたラジオ宣伝専用のpluggerという人たちに委託することの方が多いようだ。彼らはラジオ局やDJとのパイプを持ち、レーベル→PR会社→と経由して楽曲をラジオオンエアへと持って行く。
こちらで勝負するためにはラジオ局を味方にするのが一番強いそうだ。局の種類も、BBC1はナウでヤングなヒット曲、BBC2は中高年向けのコンサバな音楽、BBC6は玄人音楽ファン向けのワールドミュージックやSufjan Stevens系、という風に番組単位ではなくラジオ局単位でリスナー層が分かれている。マーヴィンゲイなどの大人っぽいムーディーな曲ばかりをかけるSmoothFM, アラサー世代が思わず口ずさみたくなるTLCなどの曲ばかりかけるKisstory(インターネットラジオ)などもある。
ここまで知るとますます実感するのが、〇〇系というジャンルをはっきりすることが大事だということ。

他に聴いた事がないような斬新な楽曲を作ろう、とデモを作り続けてきた。
面白い曲が沢山出来て、それらのデモを聴いた人たちの反応も良いが、みんな口を揃えていうのが『ジャンルに当てはめるのが難しい』ということだ。
それからというもの、作る音楽のジャンルも意識するようになった。
こうやって宣伝の仕組みを知る事も、音楽活動の軸になる曲づくりにおいて大事なことだ。

IMG_4068

イギリス音楽業界の宣伝/媒体の仕組み

ここまで色々とイギリスの音楽業界の社会科見学してきたが、では実際にどうやってアーティストとしての活動を始めようか。
バンドだったら、イーストロンドンの地元のオーガナイザーと仲良くなってライブハウスのイベントに出演し続けながら知名度を上げて行くという方法があるが、ソロアーティスト、特にクラブやダンス系でもないアーティストとしてはその機会はなかなか少ない。
オープンマイクという手があるが、定期的な出演に繋がるようなものではない。

色々な人に話を聞いてみた結果、とりあえずシングルのセルフリリースから始めることに決めた。
今やデジタル配信で誰でもいつでも世界のiTunesで楽曲リリースができる時代。
こちらのグライムシーン(UKガラージ、2ステップ、トラップなどのクラブミュージックに、ラップやレゲエ、トラップなどの要素を加えた音楽ジャンルの総称。 2000年代にイギリスで生まれ、十代の若者の間で人気となった。)一番の人気を誇るSkeptaなどは、セルフリリースを続けている活動自体が話題になっているほどだ。レーベルなどのしがらみにとらわれない、ストリート発祥でリアルなアーティストというイメージは、このUK独特の音楽ジャンルのコンセプトとも相性が良い。

日本で一番力のある音楽の宣伝媒体はどうだろうか、と考えてみる。
強力な事務所のコネクションを使ってドラマ主題歌。
こうはいかないのがイギリスの音楽業界。そもそもイギリスでは、ドラマ+音楽、CM+音楽など、音楽が何かの付属品という概念があまりない印象だ。
ではテレビ(ドラマ、CM)以外でどこで一番音楽を聴くかというと、ラジオ。
そして音楽の宣伝において、お金にモノを言わせることができないのだ。
これは30年間マネジメント一筋でやってきたイギリス人の知り合いから何度も言われている。
もちろん大手のレーベルや事務所に所属すれば道はかなり開かれるが、それは予算の多さよりも、それらのレーベルの持つメディアとの繋がりやブランドの信頼性の強さが大きな要素だ。

では、まだレーベルも事務所もコネクションもほぼない身として何ができるか。
誰でもデジタルリリースできるとはいえ、ただ曲をネット上に投下するだけでは何も起こらない。アーティストから、音楽メディア、そしてリスナーへと橋渡しをしてくれる存在が必要だ。そこで登場するのが音楽PR会社。

次回の記事では、このPR会社について紹介する。
IMG_7173