日本とイギリスの恋愛事情

Netflixでテラスハウス(英語の字幕付き)を観ていて、改めて日本の恋愛事情って特殊だなと気づいた。食、サービスをはじめとして色々な文化も特殊だが、恋愛事情ってパッと観光しただけではあまりわからない文化なので、この番組ではそれを海外に上手く伝えることができる。

イギリス人も一緒にハマっていて、彼らからはYOUさんもびっくりな辛口コメントが飛び交う。彼らにしてみたら小学生のようなピュアな恋愛を見ているようだという。

彼らには、まず告白というシステムを説明しなければいけない。直訳だとconfessionかな?

「日本人は、かしこまって好きですとコンフェッションしてからカップルになるというシステムがあって、それをKOKUHAKUというんだよねー」

自分で説明していてなんだかおかしくなってきたが、そもそも告白というシステム、どこから始まったんだ?考えれてみれば不自然極まりない。

欧米人の正式な「付き合いはじめ」は、デートを重ねたり連絡を取り合っていてもまだ「正式」ではないことが多い。

諸々の恋人の行為をする前に、好きです付き合って下さい、と言うことはあまりないかもしれない。好きじゃなかったら何度もデートには誘わないでしょ、という暗黙のヒントがあるし、問題は単純に好きかどうかではないのだ。一緒にいて楽しいか、趣味や感性が合うか、アウトな行動はないか、この人と将来が見えるか(若いうちはそんなことどうでもいい時期もあるかも)、色々お試し期間という意味が多い。男女の仲になった後、急に冷たくなったらそれ目的だけだということ、逆にそこから友人や家族にパートナーとして紹介されて、、と段階を経ていく。

ただ、ストレートな欧米人たちにすらハードルが高い言葉がある。

“I love you”

これを初デートで言ったら、

「知り合ったばかりなのにキモっ」で終了。

3回目のデートでも、5回目でもまだ早いかもしれない。

じゃあいつ言うものなの?と(自称)恋愛経験豊富な旦那に聞いてみると、「それはmillion dollar question  だねー」と。つまり正解はない。付き合い始めて1ヶ月で結婚を決めるカップルもいれば、10年付き合ってから結婚するカップルもいるのと同じで、それぞれの状況や相性によって変わってくるのだ。

I love youは「僕(私)と結婚してください」ばりに重い言葉。

そして、男女どちらから先に言うかでもプライド争いの種になる。

そこを一度クリアすれば、挨拶がわりのように毎日交わす言葉になるのだが。

話は変わるが、前回の一時帰国中にふとテレビで「逃げ恥」を観た。

唖然としてしまった。

やっぱり日本の恋愛事情は特殊だよなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜番外編〜結婚記念日

今月の10日、ドイツのハンブルグで3年目の結婚記念日を迎えた。

旦那さんの出張だったので、今回は一緒についていくことにしたのだ。

img_8653img_8660美しい港町のハンブルグは、ドイツで二番目に大きな都市。戦前、戦後と貿易の中心地となっていて、巨大な赤煉瓦倉庫街や貿易で財を成した富豪たちの上品な家が並んでいた。ちょうど雪景色でクリスマスマーケットの準備をしている時期だった。

img_8651

プライベートなことをあまり大々的に書くのは恐縮だが、このブログで書いている音楽活動と結婚生活とは非常に大きな繋がりがある。

というのも、音楽活動だけでなく、どんなキャリアにおいても身近なパートナーの理解とサポートは切っても切れない関係だからだ。

今まで身近な人たちから、(自分の目標や夢を話すと)そんなことできっこないよと言われたこともが何度かある。5年前にレコード会社に所属していた頃、震災後に何か自分にできることを企画したいと話すと、あなたほどの知名度では何やっても意味ないよと言われた。その一言で、レコード会社を辞めて独立すると決めたのだった。

自分の所属するレーベルでも会社でも、友人やパートナーでも、自分にとって良い存在か判断する基準はただ一つ、自分を肯定してくれるかどうか。

旦那さんはイギリスに来てから何度も弱音を吐くたびに、どれだけ私の才能を信じてくれているか、繰り返し語ってくれた。

お互いを大切にすること以上に、肯定すること、信じることの大切さを、この3年間で教わってきた。

何があってもパートナーを否定してはいけないし、卑下する発言もしてはいけない。

私よりも随分と人生経験の豊富な旦那さんを、同じように私からも最大限に信じて支えて行くこと…これからの大きな目標だ。

0116