〜番外編〜結婚記念日

今月の10日、ドイツのハンブルグで3年目の結婚記念日を迎えた。

旦那さんの出張だったので、今回は一緒についていくことにしたのだ。

img_8653img_8660美しい港町のハンブルグは、ドイツで二番目に大きな都市。戦前、戦後と貿易の中心地となっていて、巨大な赤煉瓦倉庫街や貿易で財を成した富豪たちの上品な家が並んでいた。ちょうど雪景色でクリスマスマーケットの準備をしている時期だった。

img_8651

プライベートなことをあまり大々的に書くのは恐縮だが、このブログで書いている音楽活動と結婚生活とは非常に大きな繋がりがある。

というのも、音楽活動だけでなく、どんなキャリアにおいても身近なパートナーの理解とサポートは切っても切れない関係だからだ。

今まで身近な人たちから、(自分の目標や夢を話すと)そんなことできっこないよと言われたこともが何度かある。5年前にレコード会社に所属していた頃、震災後に何か自分にできることを企画したいと話すと、あなたほどの知名度では何やっても意味ないよと言われた。その一言で、レコード会社を辞めて独立すると決めたのだった。

自分の所属するレーベルでも会社でも、友人やパートナーでも、自分にとって良い存在か判断する基準はただ一つ、自分を肯定してくれるかどうか。

旦那さんはイギリスに来てから何度も弱音を吐くたびに、どれだけ私の才能を信じてくれているか、繰り返し語ってくれた。

お互いを大切にすること以上に、肯定すること、信じることの大切さを、この3年間で教わってきた。

何があってもパートナーを否定してはいけないし、卑下する発言もしてはいけない。

私よりも随分と人生経験の豊富な旦那さんを、同じように私からも最大限に信じて支えて行くこと…これからの大きな目標だ。

0116

ネットワーキング・パーティー

二つの苦手な言葉、『業界』『コネクション』。こう書いてみるといやらしいが、ネットワーキング・パーティーなるものにも行ってみることにした。
まずは、先日訪れた音楽出版社が主催していた、800人が集まったタイルヤードでのパーティー。業界パーティーというが、ゲストリストはないのでかなりオープンな様子。
この日旦那さんは仕事の食事会があったので、なんと一人で乗り込むことになってしまった。
沢山の人がいすぎる上に知っている人は主催者のみというかなりのアウェイ戦。
そんな状況でとっさに思いついた解決策は、いいかんじに酔っぱらうこと!
知らないうちに色々な人に話しかけたり、飲み物をおごってもらっていたり(バーで注がれるのは確認してから)しているうちに、安物ワインを4杯も飲んでいた。
幸いその時点で、食事会が終わった旦那と合流し、ギリギリお酒に呑まれることなく帰路についたのだが、
この日の記憶はあまりないのでネットワーキングという目標は達成せずに終わった。。
唯一の教訓は、一人でパーティーに乗り込むのはやめたほうがいい、ということ!
二度目に参加したネットワーキングパーティーは、イギリスの音楽作家コミュニティが主催するもので、こちらはネットで調べて行ったので主催者どころか一人も知り合いがいなかった。
が、今回はネットワーキングのプロの旦那さんが一緒に来てくれたので、彼の巧みなソーシャルスキルのおかげで次々と新たな人たちと話すことができた。
音楽関係ではないにしても、こういったネットワーキングパーティーには慣れている旦那さん。アーティストとして自分から話しかけるよりも、あたかもマネージャーのように振る舞う旦那さんから、『日本から来たアーティストを紹介させてくれる?』とアプローチすると、いっきに興味を持たれたことに驚いた。
その日出会った人たちのキャラクターやストーリーも面白い。
今でもパンクバンドで活動しているという長髪の白髪のかっこいい初老女性。日本のマアヤ・サカモトの熱狂的なファンだというフランス人のおじさん。昔ボブマーリーのレーベルの人に自分のデモを褒めてもらえたという栄光を語る、くたびれた麻のスーツを着た白人のおじさん。ゲストからゲストへ忙しく動き回る主催者の女性は、90年代のブリットポップや最近ではJ-POPにも楽曲提供しているという。マイケルジャクソンのスリラー・ミュージカルで日本にも公演に行ったという黒人のお兄ちゃんや、兄弟3人でバンドをやっているという爽やかな青年たちにも出会った。
一人一人個性と物語があり、過去の栄光を振り返る者、これからの可能性に期待を膨らませる者など、それぞれのステージに立っていた。

FullSizeRender-3

イギリスと日本の音楽業界

個人的な見解は、音楽業界というものは以下の2種類の人種が共存する世界だということ。
・アーティスト、ミュージシャン
・楽器の一音も弾かず立派なオフィスに居ながらほとんどのお金を持って行く人種
二番目の人種に関しては、この表現の仕方は少々意地悪かもしれない。彼らを敵に回すつもりはないが、この構図が実態だということは全くの嘘ではない。

ちなみに自分はレーベルと事務所を独立してからというもの、これらのちょうど中間にいる。自分の活動の対価はほぼ100%還元され、良い意味でも全ての責任は自分に返ってきていると言える。
(セルフマネージメントのリアルな詳細はこちらの記事で紹介している)
イギリスに来て3ヶ月ちょっとだが、第一印象は、日本の方が純粋な音楽への情熱を持っている「業界」人が断然多いということ。
今まで日本で活動してきて、幸いなことに純粋に応援してくれる素晴らしい方達ばかりとお仕事できてきた、という個人的な環境があるかもしれないが、SNSやメディア、経験上身近で色々なストーリーを見ていても実感することだ。
イギリスの音楽業界で成功して生き抜いていく為には、ある程度のハスラーでないと厳しい世界のようだ。

特に一番シビアになるのが、お金。

「純粋に応援したいから!」と言ってくれて一緒に制作をしてきた現地のプロデューサーも、いざお金の話になると態度が怪しくなる。

制作費を合意していたのに、ミュージシャン代を含むのをすっかり忘れていたと後から言われるとか。(それ含めるのは日本で考えたら制作費の基本)。

スタジオまでの車のガソリン代を制作費に上乗せしてくれと言われたときは驚いた。

後からそれを他の音楽関係者に話すと、お金は取られる前にしっかり身を守るべきだと言われた。

誰が守ってくれるか?

それは音楽業界専門の弁護士という、アメリカやイギリスでは業界にとって重要な存在。

昨年の夏、そのような音楽弁護士の事務所を訪れる機会があった。(つづく)

IMG_6610