2016年を振り返って

2016年もあと1日。

今年は個人的にも、世界的にも、大きな分岐点となる年だったように思う。

 

個人的には、今年はイギリス移住という大きな変化があった。

イギリスに来れて本当に良かった。私が長年抱えていた課題は、自分の音楽の可能性に挑戦するということだった。独立して活動を初めて以来、暗中模索状態だったが、暗い中手を伸ばしてみたらすぐに壁があった。それは心地良い温室のような壁でもあったが、それ以上広げる必要があると感じた。決して日本の音楽業界や環境を否定しているわけではない。そして何度も戻って来たい場所でもある。ただ外を見てみたかった。

移住してからは、様々なかたちでイギリスの音楽業界の社会勉強ができて、今までしたことのなかったトレーニング、オーディション、コラボなど、貴重な体験ができた。この半年間で、スイス、フランス、マルタ、ドイツ、ロシア、オーストリアと、多くのヨーロッパの国々を巡ることができた。

すぐに進むと思っていたイギリスでの音源リリースは、思ったよりも時間がかかってしまったが、これもまた新たな環境への期待値を下げるという過程が必要なのだろう。

12月の日本&中国ツアーは、そんな私のやさぐれた心を癒してくれた。何年も変わらず温かく迎えてくれるお客さん。神対応でサポートしてくれるスタッフ、ミュージシャン、まわりの方々。電車がスムーズに動いていてコンビニでおでんが食べられるという日本そのものの暮らしにも、全てに小さな感激が溢れた。こんな最高な人たちに、イギリスで日本人のシンガーソングライターとしてパイオニアになれるように成功して、良い報告をしたい、それしかない。

世界的には、やはりイギリスとアメリカの政治的な分岐点が大きかった。

国民投票の声は、とにかく大きな変化を求めていたのだろう。その変化の矛先が、明るい方向に向いていることを願うが、もしかしたら、この先また歴史を繰り返すようなことがあるかもしれない。そんな中で、一人一人が、愛を忘れないこと。(なんだか最近愛のことばかり書いている気がするが)身近にできることで、大きな影響力があることだ。

この文章を読んで下さっているあなたへ、沢山の愛と幸運を贈ります!

どうぞ良いお年をお迎えください。




 

 

 

 

現地プロデューサーとのセッションPart4~海沿いの町に住むアーティスト~

イギリス南の海沿いの町、ブライトン。太陽と海を求めてこの地に移住する人も年々増えていて、おしゃれなカフェやお店も沢山見られる。
ミュージシャンのコミュニティーもあるそうだが、今回はそんなブライトンに、知り合いに紹介してもらった、とあるアーティストを訪ねた。
味のある歌声の持ち主で、トラックメーカー、最近はファンク•ソウル•ネオジャズ系のバンドを始めているというジェームズ•バークリー氏。
彼は7年程前に、ロンドン郊外(ちょうど私が今住んでいるあたりの南西)からここに引っ越して来たという。
イベントやパーティーでの出張バンドのメンバーとして、(日本と違ってヨーロッパやアメリカでは結婚式、会社の忘年会などのイベントでは生バンドを呼んで演奏してもらうことが多い)また音楽の先生などをして生計を立てる傍らで、自らの音楽活動もしているという。
事前に最近私が作っている音源等を送っていたので、彼はそれに合わせてトラックを準備していてくれた。イメージもピッタリで、トラックのサウンドもエレクトロの中にドラマチックなセンスが光る。イントロで、ジェームスブレイク並のメランコリックな彼の歌声のコーラスが入ってくると、一瞬でこの音源が気に入った。
ガールフレンドとシェアしているというフラットには彼女がペイントした絵が飾られていて、いいかんじに肩の力が抜けたアーティスティックな雰囲気。リビングの一角にスタジオスペースがあり、ソファーに座ると、飼い猫が横でうずくまる。作ってくれたトラックに合わせてメロディーを作っていき、その都度録音していくという進め方で、3、4時間ほどで曲が完成した。img_8036

 

現地アーティストとのセッションPart3~思いがけないりえふーファン~

昨年、ロンドンで活動をされている某日本人ギタリストの方のライブを拝見する機会があった。

ライブのアフターパーティーでドレッドの黒人のお兄ちゃんが『アーユーりえふー?』と話しかけてくれた。

日本でもそんなことなんて全然ないのに、ロンドンで、しかも見た目もいかにも日本のアニメ好きの風貌ではない方に声をかけられるとは、驚きだった。

聞いてみるとドラゴンボールを観て育ったそうで、その世代では日本のアニメが『オタク』なジャンルではなくユースカルチャーの一部になっているという。

私がエンディングテーマを担当していたガンダムやブリーチも大好きだそうで、それらのアニメを通して私の音楽を知ってくれていたという。

顔まで認識してくれるとは結構知ってくれているほうだ。

イタリア人のハーフだという彼は、イタリアとロンドンで音楽活動をしているという。送ってくれた音源はアーバンでセンスのいい音だった。私がイギリスに引っ越したタイミングでコラボしよう、ということになった。

北西ロンドンにある彼の自宅スタジオを訪ねると、家の裏庭に作られた可愛らしい手作りの小屋だった。機材も自分たちで集めてきたという。

彼の友人のトラックメイカーと3人で、ビートとコードに合わせてメロディーを作ってみる。

地元の音楽好きが集まってよくセッションしているようで、友人と集まって遊ぶ延長で純粋に音楽作りを楽しんでいるバイブス(あえてこの言葉を使わせていただく)が伝わってきた。img_6956

 

現地アーティストとのセッションPart2〜海を超えて成功を掴んだタフな一児のママ〜

アメリカ人のネル•ブライデンは、数年前まではニューヨークでウェイトレスをしていた。

彼女はそのとき、得体の知れない恐怖を抱えていたという。

『もし自分の夢に挑戦しなかったら、それを後で後悔することへの恐怖』

イギリスで音楽活動を始めたきっかけを聞くと、そう答えてくれた。

もちろん渡英後すぐに全て順調に行ったわけではなかったという。何時間もドライブして行き着いたギグで誰にも聴いてもらえなかったり、ツアーで泊まらせてもらった家で夜中に酔っぱらった家主の彼女に追い出されるなど、数多くの苦労を乗り越えてきたネル。彼女の風貌は、アニーレノックスばりのスキンヘッド。アルバム制作中にストレスで髪が全て抜けてしまったというが、イギリスに来てからの苦労もそれほど大きなものだったのだろう。そんな彼女も今ではBBC2という中年層向けのラジオ局での常連で、空前のカントリーブームのイギリスでは、彼女の良きアメリカンミュージックなサウンドがその層に人気だ。

そして彼女は半年前には長女を出産した。ご自宅を訪ねると、天使のような赤ちゃんを抱えて迎えてくれた。

ソングライティングセッションを始めると、隣の部屋でお義母さんと赤ちゃんとの笑い声が聴こえてきた。

自分の型を破るためにイギリスに来た自分にとって、彼女の曲のスタイルは少しオーソドックスだったが、そのソウルフルなストーリーを聞きながら曲作りを進めていく中で、沢山の優しいエネルギーをもらった。img_4169

現地ミュージシャンとのセッションPart.1~ビートメーカー~

音楽の化学反応は面白い。決まった公式もないから、どんなものができるか予想出来ない面白さがある

違うジャンルだからといって必ずしも合わないこともないので、可能性に制限を設けない柔軟な発想が大切だ。

こういった音楽のコラボでつくづく思うのが、最終的には『人』の相性だということ。

本当に単純に『いい人~』という人とはコラボが楽しい。

そして日本の音楽業界で観察してきても、レーベルのディレクターがまた仕事を頼みたいと思う人は、純粋に人柄の相性という場合が多いのだ。もちろん作品ありきだが、人柄を含めた姿勢、大切にしているもの、などは驚くほど素直に音に出るのだ。

昨年の10月、ロンドンでとあるプロデューサーと知り合う機会を得た。カセル•ザ•ビートメーカーという、ストリートカルチャーに身近なアーバンミュージックに関わっているドラマーで、名誉あるアワード、Ivor Novello Awardsも受賞したソングライターでもあるのだ。

ヒップホップノリの怖い人を想像していたのだが、実際に会ってみると真面目で物静かな姿勢だった。一緒にツアーしているというラッパーのスタジオを使わせてもらって、そこで2日間で3曲も一緒に曲を書き上げた。

ここで、共作ってどうやるの?

を少し説明する。大きく分けて2つある。

①一番オーソドックスなのは、ギターやピアノなどの楽器を前にして、コードやリフをポロポロ、でAメロ、Bメロ、サビ→じゃあDメロ何にする?という風にアイディア交換しながら歌謡曲のフォーマットに当てはめていく。もちろんフォーマットはあくまでもガイドなので、あえてフォーマットなんて崩していこうというのもアリだ。

②特に最近のダンスミュージックに多く見られるのが、トラック+メロディーの作り方。こちらの記事でも説明しているが、プロデューサがカラオケトラック(たいてい4コードの繰り返し、サビは盛り上がりを期待させるブレイクの後でAメロと同じコードでアレンジを大げさに盛り上げる)を作り、歌い手や他の作家が主メロ(トップラインともいう)をそれにつけていくという手法だ。

カセル氏との曲の共作作業はこの①と②を合わせたような方法で進んでいった。さすがドラマー、ビートとピアノのコードでトラックを作って用意してくれていたので、それにボーカルメロディーのアイディアを出していく。歌詞は、テーマを意識してメロディーと同時に作っていく。

ここでスタジオアシスタントのボブマリー的な男の子が遊びでラップをし出したので、それいいじゃん!ということで急きょラップ入りの曲にすることに。

ベーシストと一緒にDメロの展開も付け足していく。

完成したものは、自分の曲では今迄になかったような予想外のものができた。まさに違ったジャンルとのコラボの醍醐味だ。

img_4135